スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Perfume ライブの楽しみ方!

Perfume ライブの楽しみ方!

今回はこんなテーマで綴って行きたいと思います。

無論、Perfumeに限らず、ライブの楽しみ方は人それぞれだろうし、色々あると思う。

なので、この記事は参考程度にお読みくださいね!


【ライブ形態による楽しみ方の違い】

ライブには色んな形態があります。

大別しますとこんな感じ。

1.ツアーライブ

たとえば、今回の2大ドームツアーや、JPNツアーのようなアルバムリリース後のツアーライブ。

2.夏フェスに代表される野外&室内フェスライブ

RIJFやサマーソニックなどの野外フェスやCDJのような室内フェスライブ。

3.イベントライブ

キリン氷結さんのパーティーイベントなど。

4.特別記念ライブ

PTA(ファンクラブ)主催や対バンツアーなど。

5.TV番組収録

MUSIC JAPANやMUSIC STASIONなどの収録ライブ。

6.海外ツアー

アジアツアーやヨーロッパツアーなど。

とまぁ、ちょっと考えただけでもこのような形態があるわけです。

で、楽しみ方の違いなんですが、5を除いて声出して踊ってればいいんですよね。

5は、放送局があれやこれやって仕切るし、酷いところになると若い女性(写真まで提出させるところもある)しか募集してないし、こんなものでは楽しめないので、私的には却下ですな。

1のツアーライブでは、古参のファンもいるし、初めてPerfumeのライブを見られる方も沢山。でも、開演前から手拍子は巻き起こるし、アンコール前の暗転時も、アンコールを呼ぶ手拍子なんかで、会場を盛り上げてくれる。

ハコ(会場の事。会場の大きさ=キャパ数)が大きいので、演出が凄い。照明や特殊効果、レーザーやライゾマさんによる前衛的で最新テクノロジーも体感できる。全国からファンが来る為、ファン同士の交流も盛ん。

Perfumeのライブを初めて見られるなら、一番無難なライブかもしれないね。

2のフェス関係は、ほとんどのところがオールスタンディング。

室内も野外も良いところで見ようとしたら、忍耐と努力&備えが必要。

その代わり、オーディエンスは音楽好きばかりなので、かなり熱いライブを堪能できる。

他のアーティストを鑑賞する事も出来るし、前の方で見たい!という欲求さえ我慢できれば、かなりお得。

3および4、6は、濃いファンが集まるし、ハコや会場によってはハンパ無い盛り上がりをするので、是非見てみたいシチュエーションですね。

6の海外ツアーは、その土地、お国柄でさまざまな雰囲気となるが、そこは空気を読んで楽しめばよいと思う。

【ライブ中での注意点】

最初に誤解のないように書いておきますが、あくまでもこの注意点は、Perfumeのライブでの「暗黙の了解」といったところです。

正式に主催者側から禁止されているわけでも何でもありません。

ただし、後ほど述べる「光物の禁止」については、JPNツアー時において、正式に主催者側から禁止されていました。

1.個人コール

Perfumeのライヴは、他のアイドル(といってもアイドル系は見た事無い)と異なり、いわゆる個人コール(名前を叫ぶ行為)が曲によって限定されている。

2007年以前では、個人コールは盛んだったようだが、現在では「ジェニーはご機嫌ななめ」と「Perfume」の2種類程度になっている。

(参考動画)
〈LIVE〉 Perfume - ジェニーはご機嫌ななめ (Jenny in a bad mood)


〈LIVE〉 Perfume - Perfume


この他の曲での個人コールは、他の観客の迷惑になるので、やめたほうが良いだろう。

3.光物の禁止

ここで言う「光物とは」ペンライトやサイリウムなどを指します。JPNツアーでは主催者側から禁止されました。

が、今回のLEVEL3ドームツアーでは、その告知は無いようです。

しかし、京セラドームを二日間見ましたが、初日に2箇所程度、二日目は皆無だったので、光物はやめたほうが良いでしょう。

Perfumeのライブでは、照明やレーザーなどの「光を使った演出」が沢山用意されます。演出の邪魔にもなるので、ファンの間でも光物は嫌がられるし、暗黙の了解で使用しない人が多いです。

2.うちわやタオル、メッセージボードなど

JPNツアーでは、多少掲げる方がいらっしゃいましたが、他のアイドルと比べると、やはり極端に少ないと思う。

掲げるのはかまわないと思うが、MC中だけにするのが良いだろう。

歌ってる最中は、後ろの人の鑑賞の邪魔にもなるので、避けたいところだ。

4.鑑賞態度

a.歌の最中

踊るべし!叫ぶべし!跳ぶべし!!

ただし、常識の範疇だが、周りの人の迷惑にならない程度でw

アリーナやホールでは、通路側の人が通路で踊ってる人がいますが、これは厳禁!!

通路にはみ出す事によって、後ろの人が見えなくなる。

京セラドームでも揉めてたので、踊るなら周りの迷惑にならないように考えて踊る事。

簡単な事、自分の席で踊ればいいだけ。

もし、腕が隣の人にぶつかってしまったら、素直に謝ろう。小学生じゃないんだから、これくらいの常識は当たり前だね。

ただし、フェスやオールスタンディングのライブはこの限りではない。

夏フェスや対バンなどは、頭はたたかれるし、圧縮・モッシュは酷い。

多少、たたかれても押されても、足を踏まれても、よほどの事じゃない限り、いちいち腹を立てない事が大事!

それが嫌なら、ちょっとでも近くで見たい・・・なんて欲張らずに、後ろで見る事。

女性は、背が男性より高くないので、意外と真ん中より後ろの方が見やすい事もある。

それから、カップルで見てる人は、圧縮やモッシュ時に格好つけて女性を守ろうとするが、踏ん張ってるより、流れに任せるほうが良いときもある。

踏ん張って、押されて、周りに押すなー!! ボケー!! って、罵詈雑言吐いても無駄。

圧縮なんかは、後ろの方から波のように押してくるので、真後ろの人も押されてるだけ。

最前列でロックフェスを楽しむなら、多少の覚悟が必要となる。

(参考動画)
MAGIC OF LOVE/ FAKE IT/ CHOCOLATE DISCO - Perfume LIVE


b.MC中

「あ~ちゃぁぁぁあああん!」「のっちぃぃぃー!!」「ゆかちゃあああん!」などの個人コールはかまわないと思う。

ただし、これも空気を読んで欲しい。

つまり、誰かが喋ってる最中にこれをやると、話し声が聞き取りづらくなるよね。

それだけの事。

最後に、手拍子について。

何故だか、ファンの中にはPerfumeのライブでは手拍子は相応しくないと考えてる方がいる。

でも、私はそうは思わない。

別にクラブで踊ってるわけでもないし、クラブででも、手拍子でリズムを取りながら踊っても良いわけだし・・・。

ただ、MUSIC STATIONなんかを見てると、Perfumeのライブで手拍子だけっていうのは、観てて画一化されてて、面白くない絵面だと思う。

それよりも腕を振り上げて踊ってるほうが、Perfumeのライブに合う気はしますね。


【服装】

季節や会場に応じた服装でOK!

踊る人は、着替えとタオル数枚を忘れずに。

夏フェスでは、こまめな水分補給が大事。40分間の出演でもお茶なら通常サイズのペットボトルを2本用意しておく事。

かばんは極力小さめで。リュックや大きいかばんは持ち込まない!

なぜかって、地面に置いたらめちゃくちゃ踏まれるだけだし、絶対に後悔すること間違いなしだよ!

スリも横行するし、貴重品は小分けにして持っておく。

そして、日焼け止めや帽子は必需品!!

一度、日焼け止めを塗らずに1日過ごした経験があるんだけど、それはもう悲惨な結果でしたw


【その他】

Perfume ライブの楽しみ方で重要なのは、自分もライブに参加している一員だと自覚する事。

そう思えば、おのずと回りの観客への配慮や心遣いがわかるはず。

のっちがMCでよく言うけれど、ライブを観に来ているのではなく、しにきていると考えて欲しい。

つまり、節度を持って、思う存分楽しむ!

なんか、へんな言い回しだけれど、そう思うんよねぇw

それと、最も重要な事は、どの会場でもそうなんだけれど・・・あ~ちゃんの言う事を聞く!!

これは、守ってねw
スポンサーサイト

Perfume 5th album 「LEVEL3」収録曲発表と「1mm」のO.A.

level3_convert_20130901173505.jpg

Perfume 5th ALBUM『LEVEL3』2013/10/02(水) Release!!

ついに収録曲&ジャケ写が発表になりましたね!

初回限定版と通常版のジャケ写を見るだけでもありがたいw

news_large_Perfume_LEVEL3_lim.jpg
【初回限定盤】(CD+DVD) UPCP-9005 ¥3,900 (tax in) 3パターン・カラーケース(クリア、蛍光ピンク、蛍光イエロー)※写真はクリアのケースになります。

なるほど・・・。今回はポスターやステッカーなどの店頭予約特典は付かず、3種類のハードケース(色違いのみ)のバリエーションなのねぇ・・・。

基本的には、こういうのってやって欲しくないんだけどなぁ。

コレクター要素を刺激して枚数を稼ぐ手や、握手券付きなんての販売は、こすっからしくて好きじゃない。

店頭予約販売プレゼントのポスターは毎回楽しみにしてたのに。非常に残念!

しかし、この初回限定版のジャケ写・・・。

あの青い円は要らないんじゃないかw

白地にPerfumeの象徴ともいえるカラフルな三角形を多数プリントしてる衣装、清潔感あるしカッコイイのに、台無しじゃないかw

news_large_Perfume_LEVEL3_nor.jpg
【通常盤】(CD) UPCP-1001 ¥3,059 (tax in)

画像が小さくて確認し辛いのだが、こっちのほうがいいね。

まぁ、最近は通常版のほうが毎回ジャケ写いいし。

それにしても、通常版の値段が税込みで3059円だって?

高い! 高すぎる!!

せめて税込み2800円にしないと・・・。

それでなくても、日本は高すぎるのに・・・。

まぁ・・・買うけどw

さて、ここらで収録曲を見てみましょう!

【収録曲】
*初回限定版
<CD>

01. Enter the Sphere
02. Spring of Life (Album-mix)
03. Magic of Love (Album-mix)

04. Clockwork
05. 1mm

06. 未来のミュージアム
07. Party Maker
08. ふりかえるといるよ

09. ポイント
10. だいじょばない
11. Handy Man
12. Sleeping Beauty
13. Spending all my time (Album-mix)
14. Dream Land

※(Album‐mix)はアルバム用にアレンジされたVer.になります。

<DVD>
・1mm -Video Clip-
・「ずっと好きだったんじゃけぇ~さすらいの麺カタPerfume FES!!」メモリアル♡
・「Perfumeのただただラジオが好きだからレイディオ!」


曲名から考えてみると「ふりかえるといるよ」が気になりますなw

Spending all my time (Album-mix)はカンヌやWT2ndで披露されたver.で、Magic of Love (Album-mix)
はウルトラコリアやソニマニでやったver.だろうと想像。

Spring of Life (Album-mix)はどんなアレンジになるか興味津々!

SCHOOL OF LOCK!では先週「1mm」が初O.A.

1mm/Perfume



この曲・・・。

私的には「SoL」「MoL」などの最近のSingle曲よりはるかに好み!

切ない歌詞と抑え目のBPMなんだけど、BcLやIslUなんかと同じ匂いのする聴けば聴くほど味が出る「スルメ曲」になる予感! イントロや間奏の主メロで使われるバグパイプみたいな音色も、ピリッと効いててぐー!

録音をあいぽんにぶち込んで、仕事帰りの電車に乗ろうとすると、何故か最終電車に飛び乗り込みたくなる不思議w

あーあーあーあぁ 遠回り♪

あーあーあーあぁ 夢を見る♪

それに初回特典DVDも楽しみ!!

1mmのMVももちろんの事、「ずっと好きだったんじゃけぇ~さすらいの麺カタPerfume FES!!」メモリアル♡には期待してる!

せっちゃんや民生、ホルモンのみんなのインタヴューなんかあったらいいねぇ~。

ライヴシーンもあったらいいよなぁ~。

なぁんて、期待はMAX! 

早く発売日になんないかなぁ~!

Sigur Rósとだいじょばない。

少々風邪気味な今日この頃。

金曜の夜から、音楽仲間とイタメシ食って朝までカラオケオール!

なぁ~んてやってるから、喉もぼろぼろw

でも、久々のカラオケだったし、楽しくてしょーがなかったね!

ってな週末を迎えておりますきりひとです。

ここ2年ほど、洋楽嗜好からすっかり邦楽嗜好へ変わってたんですが、最近はSigur RósPeter Gabrielを好んで聴いております。

どちらもロックというよりは、アングラ的な曲だし、まったりとした中にもビートが効いてたり、使用楽器も変わってたりして、本当に面白い音楽。

今日は、髪を切りに行ったり、ギターピックやカポ(3000円以上もする高級品を衝動買いしてしまったw)、予備の弦や、ギタースタンド、スムーサーなどを購入。

お昼からは、Perfumeをコピったりしながら遊んでました。

そして、CDショップではこいつを購入!
51Szv7GsEEL__AA1000__convert_20130616165705.jpg
うひょぉぉー!

なんと陰鬱なジャケット!

でも、このジャケいいよねぇ~!!

これは、Sigur Rósの新譜「Kveikur」です。

三つ折ジャケットになってて、中のデザインもかわいいのよねw

ちょっぴりロック色を強めた感じになってる今回のアルバムなんだけど、私にはドストライク!

bowed guitar奏法が、なんともいえない世界観を醸し出してくれますねぇ。

すぐ感化されて私もバイオリン弓を買ってこようかな~なんてw

それはそうと、昨日のPerfumeのライヴ。

なんというセットリストなんでしょう!

SamT、レザビ、MoL、ハリバリ、だいじょばない、PTA、フェイキ、チョコ。

こりゃぁたまらんわ!

麺カタ名古屋ですっかりだいじょばないのダンスの虜になってしまった私・・・。

観たかったなぁ!

Perfume - Daijobanai / だいじょばない (UMF Korea 2013) (Multicam Edit)

あぅあぅ!

かこいー!!

かわいー!!!

文句なし!!!!

その上、ハリバリ!!!!!

がおー!!

もう、表現のしようがありませんw

ただ、衣装がいつものコピーみたいだったんで、すこし残念かな・・・。

とにかく、だいじょばない!

独断と偏見で、個人的「音楽番組論」をぶってみる!

最近、本当にTVが面白くない

私が主に見ている番組は、BSのWOWOW(主に映画&ライヴ)さんか、NHKのドキュメンタリー(COSIMC FRONTなど)。そして、時たま音楽番組

ニュースは見てるけど、どうも偏った報道でツマラン。

実はかなり昔から、新聞報道やTVニュース報道は信じてません。もちろん、何もかもが嘘っぱちだっ!などいうつもりもありませんけどね。

新聞は昔からその新聞社が持つ、主義・主張(思想)アジテーション活動の一端を担う媒体だしねぇ。

元々、偏った思考のもとの報道が多い・・・。

公平な報道なんてよく言うけど、そんな白々しい嘘には聞いてて耳が浮くw

言ってる当人達もさぞ歯が浮いてる事でしょうw

その他に見るといったら、スポーツ番組はまぁ見るほうかな・・・。

私は、基本的に見たい番組は録画してから見る。

PerfumeがTVに出演時も、その出演番組を殆どオンタイムではなく、録画してみている。

理由は・・・。

1.メディアに残しておく為。

2.見たくない部分を早送りできる。

3.CMを飛ばせる。

4.時間を有効に使える。

・・・の4点。

そんな私が、最近の音楽番組と呼ばれてる(TV曲が勝手にそう呼んでいる)ものを考えて見たいと思います。


まず最初に、私の独断と偏見で考えてみた「音楽番組の理想」を綴ってみたいと思う。

私の音楽番組の理想は・・・。

1.演奏曲は全てFull ver.演奏

理由:歌はFullを聴くことにより、作詞&作曲者の言いたい事や伝えたい事が理解できる。あらすじのようなTVサイズは作者の意図をミスリードする可能性がある。

2.司会者は音楽が好きな人(ある程度の音楽知識はあり、外国の曲も聞き込んでる人)を選ぶ。

理由:もし、司会者が音楽の知識が無いなら、各アーティストに何の質問をするんだ? 「休みの日には何をやってますか?」なんて質問は、音楽番組じゃなくてトークバラエティー番組でやればいい!

3.インタヴュー(トーク)は余計なコントやお笑い要素は要らない。そんな事よりも、アーティストの近況情報や、その時に披露する楽曲の解説やレコーディングについての裏話などを聞く。

理由:音楽番組なんで、メインはあくまでもゲストであるアーティストだ。司会者が笑い欲しさにボケたりする必要はない。何度も書くがメインはゲストであるアーティストだ。

4.雛壇芸人は不必要。

理由:もう、演奏中の画面やインタヴュー時のワイプ映像にはうんざり。

5.画面上に不要なテロップや番組ロゴを無くす。転載防止の必要性があるなら、一箇所だけにとどめる。

酷い番組になると、歌ってるときのテロップ&ロゴが4箇所以上にもなる。

曲名&歌手名、TV曲ロゴ、番組ロゴ、番組トピックス、歌詞テロップ、司会者や雛壇芸人の顔ワイプ、etc・・・。

こうなると、プロデューサーの感性を疑う。

とまぁ、このような点が上げられるんじゃないかな?

って事で、色んな音楽番組があるわけなんですけど、最近見た中で良くも悪くも印象的だった「音楽番組」について書いてみたいと思う。

放送日は関西圏での放送日です。

1.4月29日放送分 MUSIC LOVERS

この放送回の進行役は土田晃之氏が担当と言っても良いであろう。ハリセンボンさんはトークゲストといった位置付け。

この布陣(土田氏、ハリセンボンさんはPerfumeと仲が良いという理由)で面白くないはずは無く、じゅーにぶんに楽しめました。

スタジオ収録だけど、ファンをスタジオに呼んで撮影する公開収録方式。

TV業界の悪しき習慣である「TVサイズ ver.」の歌唱ながら、ライヴ自体は素晴らしかった。

ただし、敢えて苦言を呈するのだが、かぶせの歓声は要らないw

もちろん、上手くかぶせてるつもりなんでしょうが、客席の盛り上がり方と歓声のかぶせるポイントが合ってない箇所も見受けられた。

TV映り(見栄えを良くする為の演出)を良くする為に、拍手は頭の上で・・・なぁ~んてやってるけどねw

まぁ、そんな事は今のTV業界では些細な事だな。

基本的には、ある程度の編集や演出はTVという不特定多数の人が見る情報媒体では必要だと思ってる。

例えば、公開収録で変なヤジが飛んだりして、それをマイクが拾い放送されたら、まずい場合もあるだろうね。

そしたら、そのヤジは意図的に消しておくのがベストでしょうし・・・。

ともあれ、まだまだ不満な点はあれど、MUSIC LOVERSは音楽番組としては良かった方だったな。

プロデューサーが、土屋氏とハリセンボンさんを呼んだのは大正解だったと思う。ご両人とも、Perfumeが好きだと公言しておられる人たちなので、トークもよそよそしくなくて、楽しかった。

2.5月1日放送分 火曜曲!

4月から始まった新しい音楽番組。

って書いたけど、最早音楽番組とは呼べないひどさ。

最近のつまらないTV番組の象徴と言っても過言ではない。

司会はSMAP中居正広氏、江角マキコ氏、AKBさん。

この番組には呆れて物が言えない。

音楽的斬新さもないし、ゲストはほったらかしで司会ばっかり喋ってるし、一体どういうコンセプトの番組なんだろう。

あっ!もしかして、最初から音楽番組ではないのかな?

中居氏や江角氏の喋りの面白さは伝わってこないし、AKBさんたちの使い方もヘタクソだ。

編集もありきたりで新鮮味もなく、各コーナーも音楽とは関係ない話ばかり。

つまり、新番組としての売りが全く無いのだ。

音楽番組とは言えず、お笑いバラエティーにもなりきれず、中途半端な位置。

これは、番組側の責任で、司会者は台本通りにしているだけなので、彼ら(彼女ら)には責任は無いだろうと思う。

3.5月4日放送分 MUSIC STATION 2時間スペシャル

やはり、一流のアーティスト達が集うと、あまり知らないアーティストさんでも十分に楽しめる。

タモリ氏の司会は、質問をちょこちょこっとする程度なんだけど、大御所の貫禄で、我先にと笑いを取ろうとはせずに、あくまでゲストアーティストの話を引き出すことに主観を置いている感じがする。

もちろん、この会話は台本(当然、質問内容の打ち合わせはある)ありきなんだろうけど、メインはゲストだという姿勢がある。

長年続いてる番組なだけあって、そつのない音楽番組なのだが・・・。

残念ながらこの番組も、音楽バラエティー番組に他ならない。

ただ、毎回生放送というハンデ(編集が出来ない分、あえてハンデと書きます)がありながら、番組としてはまとまってる。

映像面では、ワイプ画面が多用されているが、演奏中では表示されないのでその点は安心できる。


以上、最近の放送分から簡単に考察してみました。

簡単に総評を言いますと、番組作りに音楽愛があまり感じられない番組が多い。

誠に残念至極である。

きりひとの「音楽メッタギリ!」 vol.14

きりひとの「音楽メッタギリ!」 vol.14

このコーナーも、久し振りですなw

さぁ、今回もズバッ!っと一刀両断で行きましょう!


最近、良く聴く話に「CDが売れない」てな話題がありますね。

そして、ここ2~3日で最もNETを駆け巡ったのがコレ。

12/04/23(月)付オリコンシングルデイリー:デイリー3位の売上はたったの693枚…オリコン史上ワースト記録を大幅更新・・・The Natsu Style様。
4月23日(月曜日)付のオリコンシングルデイリーランキング結果をまとめていきます。
最新の週間ランキングでは、10位の売上が2.8万枚と、近年ではかなりレベルの高い売上水準を記録していた。その翌週の集計初日にあたる最新のデイリーランキングでは、なんと状況が一変し、デイリー2位から売上1000枚を割った。さらに3位はわずか693枚しかなく、従来のオリコン史上ワースト記録を大幅に更新した。
・・・記事より抜粋。

さて、悲しいかな、デイリー3位にもかかわらず、693枚しか売れなかったシングルというのは、B’z/GO FOR IT,BABY-キオクの山脈-

こう書いちゃえば、B’zさんのこの曲に、なにか問題でもあるようになっちゃいますが、たまたま運が悪くワースト記録を踏んじゃった・・・ってな要素もあるんだよね。

このシングルは、4月4日発売のシングルで、すでに3周目に突入してる。

初回限定版と通常版の2種類しか発売されてない、ごく普通のシングル。

発売初日の売上枚数は、4月3日(火曜日)付のオリコンシングルデイリーランキングで、初日売上53638枚を記録している・・・The Natsu Style

ちなみに、Perfume/Spring of Lifeの初日は、4月10日(火曜日)付のオリコンシングルデイリーランキングで、2位の49448枚。

1位はSexy Zone/Lady ダイヤモンドで、69163枚だった。

販売方式としては、Perfumeは初回限定版&通常版の2種。

Sexy Zoneは初回限定盤A:CD+DVDと初回限定盤B:CD+DVD、通常盤:初回仕様:CD Onlyの3種類。

初回限定盤A、Bと通常盤の3形態で発売。通常盤には初回プレス仕様が存在する。・・・wikiより抜粋。

wikiには「初回限定盤A、Bと通常盤の3形態で発売。」とあるが、通常版も初回仕様(「忍たま乱太郎」ステッカー
オリジナルトレーディングカード(ソロショット5種のうち1種封入)」があるので、正確には現時点で3形態であって、通常版の初回生産仕様が無くなれば、4形態のシングルが発売された事になりますな。

驚くことに、この他にも販売方法があって、3/29~4/1に行われた「Sexy Zoneアリーナコンサート2012」において会場限定版やネット上のSexy Zoneショップでは特典付きで予約を実施しているとの事。

つまり、通常経路の販売網で通常版・通常初回版・初回限定版A・初回限定版Bがあり、コンサート会場ではジャケ写が異なる会場限定版なるものの予約販売が行われ、Sexy Zoneショップでは、限定特典「オリジナル・ステッカーシート」付きで、販売も行われてました。(今日現在、予約受付は終了となってます)・・・ココ!参照。

いやぁ~驚いた!

Sexy Zoneさんのコアなファンさんは、これ全部買うんだろうか?

AKBさんは調べてないけど、同じような感じの販売方法なのかな?

しかし、こんな状態になってるとは知らなかったな・・・。

金銭的にも大変ですなぁ><;

せめて、初回版と通常版の2種類くらいの発売にしないと、コアなファンさんはお金が足らなくなって、他のアーティストさんのシングルCDなんて買う余裕がなくなっちゃうよね・・・><;

オリコンのCD売上枚数は、こういった通常形態(卸し会社から小売店への経路)以外にも、レコード会社の子会社によるネット販売(Sexy ZoneさんならSexy Zone shop、Perfumeならアスマート)の売上も加算されてるらしい。

その他にも、卸会社から大量に買い込んだものを外国の小売店に売り、その枚数も2重で計上してる場合があったりするらしいので、オリコンのCD売上枚数は、もう魑魅魍魎が暗躍跋扈する、一般人には理解不能の枚数となってるね。

だから、私はオリコンのランキングには一喜一憂する必要はないと思ってる。

レコード会社さんは、こういう異常な形態の販売方法から脱却しないと、CDの売上なんてこれからも益々落ち込むだろうね。

だって、素晴らしい音楽を作ってCDを買ってもらおうとするんではなく、ファンの心理を利用して、同じ曲のCDを何種類も買わそうとしてる。

それで、オリコンのデイリーで1位になっても、他のアーティストと同じ土俵じゃないので、売上枚数でランキングをつけても比較のしようがないからね。

同じ曲で枚数を競うのなら、初回版Aは〇〇〇枚。初回版Bは〇〇〇枚って分けなきゃ。

全部の形態を合わせて枚数に換算しちゃうと、人気のあるアーティストほど、ファンは全種類買っちゃうから、必然的に枚数は跳ね上がる。

だから、PerfumeのSpring of Lifeも、4月10日(火曜日)付のオリコンシングルデイリーランキングで、2位の49448枚だけど、初回版と通常版を分けるとランクはもっと下がるでしょうね。

企業にとって、一番大事なのは売上金額。デイリーの販売枚数がランキングで10位でも、売上金額が赤字なら意味は無い。

売上金額よりもっと大切なのは純利益。

売り上げが仮に1兆円あっても、宣伝費や人件費に2兆円使ってたらまったく話にならない。

それはシェアでも同じ。

シェアが80%あっても、薄利、または原価割れで売ってるのなら、企業は成り立たない。実は、シェアだけでは飯は食えないのである。

だから、赤字でもかまわなくて、一般大衆に目に付く数字さえよければいいなら、オリコンの数字なんて抜け道だらけなのでそういった輩に利用される。

実際なんとでもなるんだよね。

全く無名の歌手がデビューシングルで簡単にTOP3に入るんだから、笑っちゃうw

AKBさんや、嵐さんなら、ほとんどTVを見ない私でも、日本で売れている実感がある。

でも、見たことも歌も聴いた事もない外国の歌手が、初デビューでTOP3だって・・・。

だから、私の実感として、オリコンの数字やランキングなんてアフォらしい。

それにしても今回のデイリー3位が枚数700にも届かなかったと言うのは、笑い事じゃすまない。

これは、日本の音楽業界にとって非常に由々しき問題だと思う。

各レコード会社は、ファン心理の隙を突いた、安直で楽な販売方法にばかり頼ってると、えらい事になるで。

良い音楽を作る。良いエンターティナーを育てる。

これをしないと、まやかしの販売方法で売上を稼いでいると、その身を滅ぼしかねない。

CDを出すからには、各アーティストもTVのバラエティーばかりに出演せず、数少なくなってる音楽番組に真剣に取り組み、素晴らしい音楽を提供して欲しい。

また、音楽業界もTVの半ばバラエティー化してる音楽番組に苦言を呈し、音楽について何も知らないコメディアンに司会をさせず、雛壇の面白くも無い芸人を排除して、音楽を大切にしてくれる番組作りをして欲しい。

全ての音楽番組がそうなる必要も無い。

各TV放送局にひとつあればいい。

音楽で金を儲けることに反対はしないが、アーティストをその道具にばかりしないで、日本の音楽業界について考えて欲しい。

それは、搾取する方法ばかりを考えるな!って意味です。

今のCDの販売形態が、本当に業界の為になっているのかを再度見つめなおして欲しい。

これは、真面目にアイドルを目指してる若者を冒涜している。小さい頃から歌やダンスのトレーニング積み、芸能界に夢と希望を重ね、がんばってる彼らの行為をないがしろにしかねない。

いい年をして青臭い事を書くな!世の中、儲けた者の勝ちや!

そうなのかな?

どんなに、我々は売上で業界に貢献していると言っても、それは詭弁に過ぎない。

ただ、楽な儲け方に流れてるだけ。

それから、こんな意見も多かった。

CDなんて時代遅れ。音楽なんてデータで十分だ。CDはかさばるだけ。聴きたいCDがあるならレンタルで十分。

この意見は尤もな意見だと思う。

ジャケ写や歌詞カードに執着しているのは、私のようなオサーン世代で終わりなのかなとも思う。

中2の頃、お小遣いを貯めてレコードショップで買ったBILLY JOELのアルバム「52nd Street」のジャケ写がかっこよくて、ずーっと眺めてたり、絵に描いたりしてたのを思い出す。
20120426201439.jpg

いまでもそのアルバムを持ってる。

確かに保存にはかさばるし、劣化もして手入れも面倒。

Billy Joel/Zanzibar


私の年代では今の子達には合理的でないと笑われるかもしれないが、どうしても手で触れる音源が欲しい・・・それは単なる郷愁なんだろうけどね・・・。

そんな思いが頭をよぎった「オリコン史上ワースト記録」の話題でした。
NEXT≫
Flashカレンダー
Perfume だいじょばない PV風?

私が大好きなMAD製作者さん「FD22009」氏の作品です! 

お気に入りre-mix!

Perfume - 「Lovefool」ssBullet Pepsi Nex Remix with English Lyrics

きりひととは?

きりひと

Author:きりひと
「きりひと」と申します!
関西に生息しています!おっさんです!
人生は転がる石のようなもの。自然体で行きましょう。
コメントは大歓迎です。
誤字・脱字は大目に見てやってください^^;

最新記事(webslice付)
カテゴリ
コメント+トラックバック

コメント及びトラックバックを表示します。

Comments<>+-
Trackback <> + -

コメント&トラックバック、ありがとう!

PD過去記事!

月別過去記事をプルダウンで表示します

 
きりひとの単なる呟き

戯言のような呟きなので、聞き流してください><;

ブログ成分分析
syncopation!の成分分析
「Perfume Archive」

きりひとが独断と偏見で綴る、Perfumeデーターベースです!いつも通りの思い込みや、勘違い、独断と偏見、誤字脱字満載なのが玉に瑕! 亀の歩みよりのろいペースですが、内容はぼつぼつと充実させていきたいと思ってますので、温かい目で見守ってて下さいねぇ~♪

【Perfume Chronology 年表】をクリック!!
Perfumeダンシングクロック風メッセージ(たまに違う人が時を告げますw)
PDタグリスト

タグを多い順にプルダウンで表示します。

 
日本一ちっちゃいかもしれないギターコードブック
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
リンク集
ミドリカワ書房布教掲示板

ミドリカワ書房 待望のNEWアルバムっ!

タグクラウドとサーチ

> tags
真鍋大度 Rhizomatiks LEVEL3 samt Perfume 中田ヤスタカ Sleeping Beauty 台湾 KKBOX GAME 関和亮 LIVE MONSTER 1mm 中村正人 Clockwork 国立競技場 edge NIGHT JAPAN Sweet Refrain いじわるなハロー Cling アミューズ BEGIN flumpool ポルノグラフィティ あ~ちゃん 高橋優 コミュニケーション ぐるんぐるん 代々木 最終日 POLYSICS amazarashi あんたへ Five 大瀧詠一 Turbo サマソニ 楽しみ方 RIJF CDJ ライブ ライブレポート 京セラドーム CAPSULE RIJF2013 TK 凛として時雨 LOCK CAPS 奥田民生 サンボマスター アルバムレビュー MIKIKO WT1 張さん 訃報 マキシマムザホルモン サマソニ2013 VOLBEAT BABYMETAL 舞洲 MEW Metallica 幕張 ハリバリ ソニマニ2013 MoL 安全地帯 大トリ KREVA 玉置浩二 トータス松本 10-FEET グループ魂 阿部サダヲ クリープハイプ 赤い公園 きゃりーぱみゅぱみゅ サカナクション ハム焼き 渋谷陽一 ひたちなか ワンオクロック MV Soupnote 予襲復讐 ワールズ・ロンド BBQ つま恋 HaKU Zepp 麺カタ Nanba ナヲ姉 ダイスケはん だいじょばない Rós Sigur Kveikur 性善説 ねぇママあなたの言うとおり ニンジャーライト なんばHatch Nagoya アミューズフェス Perfumeフェス 石井ゆかこ 船山祐幸 清野雄翔 (T)HERE 馬場智也 megg 大野賢治 ストライクカンパニー knave SoL Burly Hurly ポイント Drum'n'Bass 木の子 未来のミュージアム 寒竹ゆり 俺たちの明日 宮本浩次 ねえママ エレファントカシマシ あなたの言うとおり Vol.2 Pa!と楽しく遊ぼうライブ! P.T.A. Vol.1 U-EXPRESS2013 メトロック Swich バルデコ コメダ 山本屋 ystk 世界の山ちゃん ドラえもん 掟ポルシェ CDJ12/13 NF CDTV Perfumeドキュメント今世界へ WOWOW 紅白歌合戦 クリスマス 坂本龍一 Carey ソング Song Christmas Wham! Mariah Joel Billy 音楽と人 9nine TV WHAT's Bros IN? シンガポール マーライオン セトリ ライヴヴューイング ワールドツアー 香港 グローバルコンピレーション アルバム レヴュー LTW ライヴ Studio 松山空港 出待ち Neo 台北 VINTAGE TROUBLE 舞洲会場 プリプリ サマソニ2012 田中裕介 Samt スリの被害 木村カエラ 9mm RIJF2012 BAWDIES 藤巻亮太 秦基博 capsule アジアツアー JPNDVD ごめんなさちゃんといえるかな ライヴレポート BIGCAT 広島公演二日目 リップシンク 中断 Dream 口パク Fighter JPNツアー time my Spending all VMAJ2012 リンキン・パーク 舞-rhythm- 豊川真奈美 秋田ひろむ アルバムレヴュー ラブソング オフ会 ごめんなさいちゃんといえるかな 秋田つとむ YKBX ファンデーション リニアモーターガール ドライビング コンピューター 引力 BEE-HIVE のっち 蜜蜂達のはばたき タイム・トゥ・ゴー ビタミンドロップ おいしいレシピ パッパッパッパッパッパッPerfume エレベーター スーパージェットシューズ ASH ぱふゅ~む 河島佑香 かわゆか clubTK トラブル OMAJINAI☆ペロリ モノクロームエフェクト 彼氏募集中 デオデオ 福山夏まつり サマーナイトふれあいフェスタ 広島駅前盆踊り 元町音楽祭 福山バラ祭り 基町クレド フラワーフェスティバル 広島 2002 ジェニーはご機嫌ななめ ピーターラビットと私 サンリオピューロランド スウィートドーナッツ シークレットメッセージ 亀戸サンストリート 学園祭 武蔵野美術大学 コンピュータードライビング リリースイベント コンプリートベスト ラクーアガーデンステージ イミテーションワールド シークレットメッセージ 国吉規人 パッパラー河合 田中花乃 CD情報 PerfumeArchive もみじレーベル CDrelease 年表 Chronology しじみのダンス フラッシュモブ 振付師 Choreographer Choreo-Director CM 氷結 夏フェス SLS2012 RSRF2012 海パーン!!! 沖縄 宜野湾 セラミクロニ ライヴレポ セットリスト 打ち上げ公演 バズーカ レポ カノン ピーターガブリエル 動員数 アイドル アーティスト 武道館4days 海パーン! JPNスペシャル 元楽 武道館 サンストリート 追加公演 初日 荒木飛呂彦 Mステ 火曜曲! Mラバ ハリセンボン マフラーさん MUSIC Mamume 土田晃之 火曜曲 LOVERS 雑誌 BOMB 2008年5月号 KEN ワースト記録 CD売上 ビリー・ジョエル オリコン Zanzibar 氷結スペシャルBOX クイックジャパンvol.70 ファン・サーヴィス〔スゥイート〕 インタヴュー はむつんサーブ QUEEN アニメーションダンス Bae 神保彰 Sandra Castellano Richie ぱふゅーむ アキハバラブ 桃井はるこ ANSWER PON 王様のブランチ Happy Music やじうまテレビ セマイドル モーニングバード 魁!音楽番付 ZIP ハルノハコ スプリングオブライフ Records Spring Life of フラゲ 二日目 広島グリーンアリーナ 大阪城ホール MTV VMAJ スプリング・オブ・ライフ ティザー 鮎貝健 GO!FES2012 BENI 倉木麻衣 ステレオポニー 加藤公隆 ロイター グローバルサイト 渡辺晋賞 キャンディーズ 大里洋吉 ガイシ 移籍 シューシングル ユニバーサルミュージックジャパン 重大発表 沖縄・宜野湾 touch ブログ用名刺 i-Pod USB出力付きリチウムイオンバッテリー 充電器 クレランス・クレモンズ ブルース・スプリングスティーン レッキング・ボール こしじまとしこ 誕生日 福岡国際センター 朱鷺メッセ ロッキングオン・ジャパン 高橋幸宏 テイ・トウワ スペースシャワーTV ねごと 水原希子 さかいゆう 東京事変 Superfly salyu×salyu □□□ androp カモメ 9mmパラベラム・バレット 入手杏奈 ザ・グローリー・ゴスペル・シンガーズ 新潟コンベンションセンター 願い (Album-mix) ココロの粒子 日本武道館 タケカワユキヒデ ゴダイゴ HOTSTUFF 80KIDZ 横部正樹 浮雲 刄田綴色 伊澤一葉 亀田誠治 椎名林檎 color bars さいたまスーパーアリーナ 宇多丸 西脇彩華 ちゃあぽん クイックジャパン 物販 サイリウム マメ知識 グッズ 神戸ワールド記念ホール 日本ガイシホール 1/15 JPNツアーグッズ Perfukky 1/14 解散 桑田佳祐 斉藤誠 原由子 中重雄 みんなで元気になろうぜ!!の会 片山敦夫 横浜アリーナ 動画 原発 忌野清志郎 ミドリカワ書房 植村花菜 アジカン YUKI ツアーグッズ ひとり股旅 レーザービーム 矢野顕子 厳島神社 ポール・マッカートニー ビング・クロスビー 山下達郎 クリスマスソング ジョン・レノン ディーン・マーティン エンヤ ジム・キャリー クリスマス・キャロル 高中正義 松任谷由美 山寺宏一 ジャクソン5 Locks! のちお 平成23年度文化庁メディア芸術祭 微かなカオリ スパイス GLITTER MVレヴュー JPN 大阪追加公演 AKASO 千年幸福論 週間アルバムランキング オリコンランキング ちびゆか 宗像明将 Mexico 児玉裕一 島田大介 テレフォン・ショッキング 小室哲哉 Listen♪ ANN 9ジラジ おに魂 P.T.A.MAGAZINE 幸せの青い封筒 ロック・キッズ802 ミュージック・マガジン12月号 マジカル・サーフィン パフューム・ロックス キューティクル妖怪 ビートルズ 山下和仁 所ジョージ ワールド・オーダー 須藤元気 YMO ムーンライダース しらふ 古いSF映画 Ciao! ジェフ・ベック クロスロード・フェスティバル エリック・クラプトン タル・ウィルケンフェルド デレク・トラックス スライドギター カミスン 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ ジャケ写 音楽と人12月号 ロキノンJ12月号 就職氷河期 RIJF2011 ダンスコンテスト Julian Lennon マサユメ カーネーション 吉井和哉 ダチョウ倶楽部 ヒカシュー kiseki 秋にのぼせろ 2011ASF 東日本大震災 義援金 セブンーイレブン 斎藤誠 Misirlou 河村“カースケ”智康 宮城ライヴ 森山未來 夜明けのBEAT 麻生久美子 モテキ 久保ミツロウ フジファブリック 長澤まさみ 大根仁 モテキナイト 全ては妄想 夏を待っていました 4大重大発表 ビートニクス WH2011 手塚治虫 ワールドハピネス2011 ハンサム過ぎて ドリフェス2011 ユニコーン ヒゲとボイン ビーチ・ボーイズ ティモシー・B・シュミット ビビアン・スー ささきのぞみ 愛と欲望の日々 サザンオールスターズ フェスティバルホール ウルフルズ 氣志團 踊るダメ人間 筋肉少女帯 CDJ11/12 ええねん Mop Retronix Head Joy-Feared Of サマソニ2011 モンバス2011 JA2011 VOICE ピアノ泥棒 JOY そのぬくもりに用がある リライト RIJF2010 GPF2010 うたの日2010 RIJF2009 モンバス2010 SEVENTH HEAVEN ポリリズム サンマリ2008 モンバス2008 RIJF2008 サマソニ2007 GPF2008 サマソニ2008 デジタルスープ 手島いさむ 阿部義晴 Z 吉田拓郎 高野寛 新しい文明開化 女の子なら誰でも 大発見 空が鳴っている 愛にのぼせろ 恍惚の人 母さん 平野文子 rega Hello! KORN 岡村靖幸 COMPLEX 布袋寅泰 rei harakami yanokami 魔法にかけて! JOIN ALIVE HEY!HEY!HEY! 音楽の日 MEGARYU 泉谷しげる ソウル・フラワー・ユニオン 君は僕のものだった LOCKS! 能動的三分間 スポーツ シーズンサヨナラ ドリームフェスティバル2011

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。