スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Perfume 4th Tour in DOME 「LEVEL3」 supported by チョコラ BB @京セラドーム ライヴレポート「日記篇」

Perfume 4th Tour in DOME 「LEVEL3」 supported by チョコラ BB @京セラドーム ライヴレポート!

IMG_0241_convert_20131213215114.jpg

2013年12月7日(土)、2013年12月8日と、大阪の京セラドームで開催された「Perfume 4th Tour in DOME 「LEVEL3」 supported by チョコラ BB」に行ってまいりました。

2010年の東京ドームが開催された頃は、PerfumeのPaの字くらいしか知らない状態だったので、今回のドーム公演は、私にとって待ちに待ったライヴ。

さぁ、どんなライヴだったのか?

色んなところでMCやらライヴレポは上がってるし、東京ドーム公演前ということもありますので、本記事はネタバレほとんど無し!で行きたいと思いますよ~。

ほとんど・・・という文言がびみょーではありますが、まぁ、私の日記みたいなものなので、平にご容赦をw


12月7日早朝。

東京からやってくるPerfume大好きなお三人を出迎えるべく難波へ。

新世界のだるまへ串カツ食べにw

そして通天閣!

IMG_0133jj.jpg

少し寒かったけど、懸念されたお天気もなんとか持ち、串カツもほどよくおいしかったです。

新世界もほどほどに、タクシーで京セラドームへ。 だって、落ち着かないんだものねぇw

IMG_0138jjj.jpg
正面入り口に見えるこのかんばん!

まぁ、記念撮影しますわなw

関東3人組が物販に並びに行ってる間、私はライゾマの出張3D撮影コーナーの前で休憩。

物販入り口前にもなってるので、次々と顔見知りがやってくる。

色んな方々と再会を喜び合ったり、今日のライヴの予想を話したりで面白いw

小隊の仲間たちも続々と来る。

中には、JPN神戸振りの方なんかもいらして、思い出話に花が咲きましたね。

なぜだかわからないけれど、初日はほとんど写真を撮ってない。

今見返してみると、上記画像の次は例のアレを撮影してる。

それも、今日のオフ会の会場での撮影。

例のアレってのは・・・風船のこと。(一応、背景と同色文字にしておきます。見たい方はどうすればよいかわかりますよねw)運良く3人分GETできたのは幸運でした。

写真あるけど、ネタバレになるのであえて掲載は控えておきます。

さて、開演時間になりました。私の席はスタンド1塁側の最後方。つまり、私の席の後ろには誰も居ないw

PTA会員なのにこの仕打ち・・・。

開演5分前。

すでに手拍子は鳴り止まない。

そして・・・。


ライブ開始!・・・なんやかんやの歌と演出が続く・・・そして。

何故かわからないが、今回はラスト曲(アンコール曲ではない)でいつもの「それでは、Perfumeでした。ありがとうございました!」が・・・。

そういって袖に引っ込んでしまう3人。

あ、あれぇ? アンコールないの?

いぶかしく思ってると、アンコールを願う手拍子がはじま・・・客電が灯る。

あ、あれぇ?

そっこー出てきたw

そして、アンコール曲へ突入。

実は、ある方から今回のライヴの曲数を聞いていたので、あぁ、これで終わりかって知ってた。

東京ドームでは同じセトリとは限らないけれど、セトリ的には新しい曲押しだったので、好き嫌いが分かれる内容かも。

オフ会の幹事をやってる事もあって、残念ながら曲途中で抜け出す。

ドームなので規制退場になるのはわかってたからね。

幹事が遅れるわけには行かない。でも、これが逆に功を奏したわけです。


てな感じで、阪神電車に揺られてる~♪ で、PON6会場に早々と到着w
BbDLHzNCEAEf43J_convert_20131212215300.jpg
公には募集しなかったのですが、1次会52名、2次会24名も参加してくださり、大変賑わいました。
DSC_7797jj.jpg

二日前が誕生日だったことを、覚えててくださった皆さんが、サプライズで・・・。
DSC_7795jjj.jpg

DSC_7799_convert_20131212215920.jpg

まったく想像もしてない事だったので、鼻の奥がツーンと・・・。もっとましな文章にしたいのだが、ボキャブラリィが貧困なのでw

その他にも沢山の方々と熱いぱふゅ談義!
DSC_7790oook.jpg

DSC_7815ooo.jpg
この後は、2次会へと突入し、夜中の2時過ぎにお開きとなりました。

あぁ、楽しかった!


そして二日目の8日。

この日も、全国から来た仲間と待ち合わせて新世界へw

串カツを食い散らかして、いざ京セラドーム!

フリコピさんたちも元気に踊ってます!
IMG_0226ooo.jpg

昨日は集合写真撮れなかったので、今日はばっちり撮ってみました!
IMG_0201ooo.jpg

遅くなったたいちょーも交えて、再度撮影!!
IMG_0223ooo.jpg

かし誕に合わせて、寄せ書きをプレゼントする為に、メッセージを集めてくださる方からお預かりした、みんなのメッセージ付き付箋も無事にお渡しできました。
IMG_0224ooo.jpg

なんと、100名以上のメッセージを集められたそうですよ!!

かしゆかさんが喜んでくれるといいですね!

さぁ、そろそろ開演時間。

二日目も思いっきり楽しみましょうね!!


二日目も終了!

素晴らしいステージでした。

詳しくはネタバレになるので書けないけれど、この日はアリーナのとても良い席だったので、初日よりも大興奮!

初日は遠すぎて詳細までわからなかったですが、1曲目はのっち。その後にかしゆかが5mぐらいの近距離(言いすぎかなw)だったので、たまりませんw

のっちのダンスはかっこよくて、かしゆかのダンスはなんだかしっとり美しい。

この日のかしゆかは、とても愛想が良く(いつでもそうだけどね)、お兄さんが投げキッスしたのを見つけて、投げキッスし返してましたw

こんなシーン、初めて見た!

投げキッスを返されたお兄さんは、あまりの出来事に、気を失いそうに腰砕けになってましたねw

MCの最中にもかかわらず、あ~ちゃんのおしゃべり中でも、観客が手を振れば振り返し。私も手を振ってみたけど、ちゃんと私の目を見てにっこり手を振り返してくれる。

それを、満遍なく、他の観客にも繰り返してた。

たぶん、二日目に参加なされたかたならご記憶でしょうが、最初のMCの最中、かしゆかさんの周りは異常に盛り上がってたはずw

終始、そんな感じだったので、盛り上がらずを得ない状況だったんです。

演出はドームだけあって、さまざまな趣向が凝らされてました。

今、書けないのが残念だけど、東京ドーム公演終了後にまた改めて書いてみようと思ってます。

PTAのコーナーも、マイナーチェンジ(クリスマスVer.とでも言いましょうか)されてて、これがまた楽しかったw

ちょこっとだけネタバレしますと、初日のエリア分けは・・・たまねぎ、ひき肉、パン粉。二日目は・・・梅、こんぶ、明太子でしたw

MCでは、客イジリがほとんどなく、強いてあげれば二日目にマットさんがいじられてたくらいかな?

マット君、緊張してたねぇw

だいたい、こんな感じだったかな?

さぁて、以上が京セラドーム二日間のライヴレポ「日記篇」でございます。

ライヴに関しては書きたいのをぐっと堪えて書いてますので、私のレポみたいになってますが、平にご容赦を。

それから、10人近くの方に小隊に入りたいのですが・・・とか、タオル欲しいのですがどうやったら買えるでしょうか・・・とのご質問を受けました。

まず、小隊の事なんですが、入るも何も便宜上で小隊って名乗ってるだけで、会も何もないし、リーダーも特にありません。強いて書くなら、小隊長のにっし~氏なんだろうけれど、にっし~氏自身も俺がリーダーだ! なぁ~んておっしゃった事は一度もない。

ただ、SNSを通じて集まったPerfumeファンの仲間・・・というだけのものなので、誰でもOKなのです。

もし、お一人のライヴ参加で、つまらないなぁ~なんて感じておられたら、緑のタオルを目印に来てくだされば、それで良いんじゃないかとw

会費も何もないしねw

ただ、喋って遊んでるだけなのでw

それから、緑のタオルなんですが、これも個人が作ったタオルなので売ってないし、もう在庫もないです。

再度作る予定もありません。

タオルを持ってようが持っていまいが、関係なく集まってはしゃべったり飲んだりしてますよ。

地域別でもないし、ブログ別でもないし、SNSで別けてもいません。

なので、今はタオルも目印になってるくらいですねw 誰が小隊員だとかそんなものはないのです。

ありていに言えば、みんながTeam Perfume・・・それでいいと思いますよ。


以上で、日記風味レポはこれにておしまいです。

私は東京ドームには行けないので、行かれる方は思う存分楽しんできてくださいね!

それでは、また!

おまけ:
GLITTER×Enter the Sphere「LEVEL2.9」 Perfume ~Club Remix~

この曲は、PON6でもガンガンかけさせていただいた思い出の曲なので掲載!!
スポンサーサイト

「ずっと好きだったんじゃけぇ~さすらいの麺カタPerfume FES!! @ Zepp Nanba」ライヴレポ!

IMG_1964_convert_20130619212632.jpg

「ずっと好きだったんじゃけぇ~さすらいの麺カタPerfume FES!!」@ Zepp Nanba 二日目に行ってまいりました!

ギリギリまで参戦できるかどうか不安でしたが、なんとか仕事も段取り通りこなすことが出来たので、いざ、Zepp Nanbaへ!


Zepp前には、顔見知りの音楽仲間たちもチラホラ・・・。
IMG_1984_convert_20130622195033.jpg
心強いね!

楽しいね!

腹ペコさん(MTHさんのファン)たちもたくさんいて、対バンらしくて良い雰囲気~。

亮くんの格好をした人や、ダイスケはんのそっくりさんなんかもいらしてて面白かったなぁ~。

さて、入場の時間がやってきました。

私は1000番台。でも、1Fスタンディング席中央よりややステージよりで、のっちサイドを確保。

周りにはぱふゅファンも腹ペコさんも入り乱れての観戦となりそうです。

【マキシマム ザ ホルモン セットリスト】
1.What's up, people?!
2.恋のスウィート糞メリケン
3.糞ブレイキン脳ブレイキン・リリィー
4.チューチュー ラブリー ムニムニ ムラムラ プリンプリン ボロンヌルル レロレロ
5.アバラ・ボブ
6.包丁・ハサミ・カッター・ナイフ・ドス・キリ
7.ジョニー陰部LIFE
8.シミ
9.ロックンロール・チェーンソー
10.ぶっ生き返す!!
11.恋のおまじない
12.恋のメガラバ

*間違ってたらごめんね!

初めてフェス以外でのMTH。

このセトリがいつもと比べてどうだったかってのは、いまいちわかんないけど・・・。

惜しむらくは、「ロッキンポ殺し」「爪爪爪」が見たかったな。

そんなことはどうでもよくって、とにかく楽しかったw

踊りまくったw

ヘドバンしまくったw

今までのライヴ経験の中でも1番暴れたかもw

ナヲ姉とダイスケはんのMCは、いつも通り楽しいし、腹ペコさんたちも、想像してたのより面白かった。

クラウドサーフは個人的にいただけないが、まぁ、近くに行かなければ良いのだから、それもMTHのライヴの醍醐味だわな。

とにかく、スンバらしいライヴで、前半だけで完全燃焼してしまったわ・・・。


休憩明けにPerfumeが登場!

【Perfume セットリスト】
1.Magic of Love
2.レーザービーム
3.Spending all my time
4.ねぇ
5.マカロニ
6.パーフェクトスター・パーフェクトスタイル
7.スパイス
8.だいじょばない
9.エレクトロ・ワールド
10.ポリリズム
11.MY COLOR
E1.チョコレイト・ディスコ(特別編集ver.)

Perfumeのステージは入りの照明と、心臓揺さぶる重低音を伴ったSEから始まる!

初っ端のここだけでもどんぶり3杯、おかず無しで食えるw

ここからのMoL・・・。

たっ、たまんねぇーーーーー!!

セトリ的には前日の方が個人的には好みだったのだが、そんなこたぁどうでも良い!

SAMTの素晴らしいダンスから、ねぇ~マカロニへと続くラインは面白い。

また、名古屋二日目とかぶってるんだけど、PSPSがうれしいね。

スパイスの美しいカノンダンスの後は、だいじょばない。

これ・・・もう、さいこー!

エレワもうれしい選択でした。

そして・・・アンコール。

Perfume JCD 2013.06.23 Perfume FES ファイナル


まぁ、前日にツイートでネタばれツイしてる輩のせいで知ってたんだけどね。

ナヲ姉のチョコは完璧だったし、まったくジャンルの違う音楽が好きなはずの、腹ペコさんたちも盛り上げてくれてるんでうれしい!

この動画にも最後のほうでかろうじて入ってますが、「コッ コッ コッ」のポーズ・・・ナヲ姉ww

Perfume、3人のMCでは、ずーっと好きだったMTHさんと対バン出来でうれしい・・・これをかなり繰り返してた。

これね、ホントなんだよね。

お世辞でもなんでもなくて、昔からずーっと言ってるもの。

斉藤和義、奥田民生、MTHとの対バンは3人にとって、めちゃくちゃうれしかったと思うよ。

また、この人選が素晴らしい。

これが、顔だけのアイドルとの対バンだったらと思うとゾッとする。

東京は遠くて行けなかったけど、奥田民生との対バンも二日間とも見られて大満足。

ってな、ライヴだったんだけど、音楽仲間でこの後飲みにいったら、これがまた面白かったw

IMG_1990_convert_20130623191055.jpg
ず~っとこんな調子でww

楽しい!

なんだか読み返してみると、うれしいと楽しいしか書いてない気がするw

「ずっと好きだったんじゃけぇ~さすらいの麺カタPerfume FES!! @ Zepp Nagoya」ライヴレポ!

*この記事にはセトリなどの情報は一切ありません。 一部のMC内容程度なので、ご了承くださいね。

IMG_1799_convert_20130608032857.jpg

「ずっと好きだったんじゃけぇ~さすらいの麺カタPerfume FES!!」@ Zepp Nagoya

に、行って参りました。

運良く、チケも二日間とも手に入ったので、平日という難関を掻い潜りながら、二泊三日の名古屋旅。

初日は午前中仕事してダッシュで難波へ。

なんとか13:00初の特急券を手に入れてホームに・・・。

ん?

何か様子がおかしい・・・。

人身事故のため、現在運転見合わせ中となっ!

めでたく13:00発の名古屋行き特急は運休となり、初っ端から香ばしい香りw

でも、13:30初の特急に乗れたので、16:00頃に名古屋駅に到着。

安宿にチェックインを済ませ、仲間と連絡を取りつつ、名駅近くにいた仲間と合流。Zepp Nagoyaに一駅しか離れてないけどタクシーに相乗り。

Zepp Nagoya前では、久々に会う仲間と楽しく談笑したり、写真を撮ったり、新しい仲間にもご挨拶したりで結構忙しい。

そして、ライヴ。

私の入場番号は最後の方(1Fスタンディングです)だけど、ちょうど中頃が開いてたのでそこへ陣取りました。

奥田民生は、学生時代から大ファンだったし、アマチュアバンド時代もよくコピーしたりしてたので、民生とぱふゅが同時に見られるこの対バンは、私にとって垂涎もの!

そして、開演へ・・・。


やっぱりね・・・。

民生もぱふゅも惚れ直すね。

音楽スタイルはまったく異なる二組の対バンだったけど、根底にあるものは一緒だね。

それぞれのファンは、ライヴの楽しみ方も違うので、その辺りは戸惑いがあったかもね。

民生のライヴは弾き語り形式だったんで、どちらかというと歌をじっくり聞かせる感じ。

また、Perfumeは、心臓に響くような爆音で、煌びやかで艶やかな衣装とともに、照明やレーザー、特殊効果・・・そして、華麗でスタイリッシュなダンスで、ファンを魅了する。

Perfumeファンは、踊ったり叫んだりするんで、そんなライヴに慣れてない民生ファンはどう思ったんだろうね?

腕が当たったり、足を踏まれたりで、迷惑だなぁ~って思ったかも。

でも、それがPerfumeのライヴなんよね。

というか、夏フェスなんて、こんな程度じゃ最前列ではすまないよね。

私は、どちらのファンがどうだ・・・なんていうつもりはまったくないので、それぞれで楽しんでくれたらいいんだけどなぁ~って願うばかりだな。

二日間のセトリやMCの内容については、そこら中に転がってるだろうからここでは割愛w

私の印象としてなんだけど、奥田民生もPerfumeも、今回の対バンを楽しんでたね。

民生のライヴはいつもそっけない感じなんだけど、やっぱり楽しそうに見えたし、Perfumeも同郷の大先輩でもある奥田民生とのジョイントは本当にうれしそうだったなw

音楽の趣味の違いや、ライヴはこうあるべきだ・・・なぁ~んてな事は、人それぞれ。

議論しても、解決なんてしない。

俺は赤色が、色の中で最高だと思う!

いや、私は白こそが色中の色なのよ!

まったくもって馬鹿馬鹿しいw

他人の趣味や趣向は、尊重してあげるべきで、けなしたり卑下するものでは決してない!

まぁ、そんな気分でありますな。


二日間とも、ライヴ終了後はバルデコでのオフ会に参加。

去年のJPNガイシで知り合った、バルデコてんちょーとも仲良くなってたので、30人も集まればよいかな~なんて、仲間内で話をしてたんだけど、結果は初日81名、二日目30名という事態に。

ツイッターで有名な絵師の皆さんや、ツイキャスの人気者さんとかも来られたりして、なかなか面白いオフ会でしたねw

IMG_1889_convert_20130608041757.jpg

とりわけ初日のオフ会は、大人数だったので、なかなか皆さん全員とお話する機会もなく、40枚ほど印刷してきた名刺もあっという間になくなったので、まったくご挨拶も出来なかったかなぁ~。

台湾や香港から来られたパフュファンさんとも、少しは仲良く出来たし、私個人としてはとても充実してたんだけどね。

二日目のオフ会では、ちょっと盛り上げようかなぁ~なんて思って、老婆心ながらはしゃいじゃったけれど・・・。

みんな、楽しんでもらえたかなぁ・・・。

あの時は、名刺もまったくなくって、私も話のきっかけが掴めない時もあったりしてたので、お初の方々は退屈してなかっただろうか・・・。

まぁ、私のことよりも、二日間とも幹事をしてくださった某氏、そしてバルデコてんちょー&店員さん。

ありがとうございました。

本当に、良い思い出になりましたよ~。

あ、そうそう!

台湾から来てくださった方が、World Tour 1stの飛行場出迎えなんかで使用していた大弾幕を持参してくださり、その裏にみんなで寄せ書きなんかしましたね。

無事にPerfumeの元へ届いたかなぁ・・・。

IMG_1834_convert_20130608043153.jpg


ライヴ二日目は2階指定席。

1日目は1Fだったので、男の私でも舞台の人物は腰から上しか見えない。

でも、2階席は本当に素晴らしい!

Zepp Nanbaでも2階席しか取れなかったよぉ~って嘆く必要はないかもね!

詳しいレポは、対バンツアー終了後にでもゆっくりと書くかなw

ちなみに、ぱふゅグッズはTシャツ(黒)、民生グッズはPerfumeの3人がアンコールで着ていた民生氏のシャツ(黒)を購入!

両方とも私の好きな色・・・黒でw

1日目と2日目ではセトリもかなり違ったけど、二日ともそれぞれ良いセトリだったと思うよ。

いろいろ書きたいことがあるんだけど、それは次回に取っておこうかな・・・。

大団円! 「Perfume WORLD TOUR 1st」無事終了とライヴビューイングレポ!

date_2.jpg

終わったねぇ~。

なにわともあれ、無事に「Perfume WORLD TOUR 1st」が終了!

台湾、香港、韓国、シンガポールと、アジアの主要都市4カ国を1ヶ月で回りきる、弾丸ツアーと言ってもいいほどの過酷さw

たとえ、チケットが完売しなくとも、事故が無くて無事に帰ってきてくれればいいなぁ~って思ってたけど、各国のお客さんの反応も素晴らしく、まさに「大団円」でしたね!

実は私・・・。

ライヴヴューイング当日の土曜日。

朝起きたとき、体に違和感が・・・。

でも、この日はリハビリもあるし、金曜日の夜も疲れていたせいか早めに寝てしまったので、朝風呂に入ることにしました。

いつもなら、さっぱりして、体も気分もスカッ!とするはずが、なんだかだるい・・・。

重い体を引きずって、リハビリへ。

13:30頃帰宅し、昼ごはんを食べようとするが、うどんだったのに喉に通らず、半分残す。

こりゃぁ、やばい! と思ったので、16:00頃まで布団に入って寝る・・・。

うつらうつらとしたけど、やっぱり体調は回復せず、自宅を出発。

ライヴ開始前に、晩御飯を食べちゃうつもりだったんだけど、難波のダイコク薬局で風邪薬を買い、それが晩御飯となりましたw

それでも、このライヴヴューイングだけは見逃せない!

気力と根性でがんばりましたが、FIでのJumpを最後にトーンダウンw

なんとか最後まで見届け、きさら氏と、TOHO梅田からわざわざ難波まで来てくれたかな坊氏と、ささやかなオフ会をしましたw
A8eJqGSCcAAsrIg_convert_20121126210841.jpg
んぎゃw

写真もブレブレw

終電ギリギリまで、熱く語り合いましたが、両手に花の素晴らしい状況に後ろ髪を引かれつつ、帰途へ・・・。

そして、日曜日。

丸一日、食事もとらず、寝込むハメとなりましたw

もちろん、月曜は仕事。

こんな微熱程度で休みを取るんだったら、ぱふゅのライヴに行く為に休みを残しておくぜぃ!精神で、仕事をこなしてまいりました!

なぁ~んて、状況でのLV!

長すぎる前置きに、後悔なんてしないよぉ~w


「Perfume WORLD TOUR 1st」11/24(土) シンガポール @*SCAPE 

【セットリスト】
01 OPENING
02 NIGHT FLIGHT
03 コンピューターシティ
04 エレクトロ・ワールド

-MC-

05 レーザービーム(Album-mix)
06 Spending all my time
07 love the world
08 edge(ASIA ver.)
09 シークレットシークレット

-MC-

10 Dream Fighter

P.T.A.のコーナー

11 FAKE IT
12 ねぇ
13 チョコレイト・ディスコ(2012-Mix)

-MC-

14 ポリリズム

E01 Spring of Life
E02 心のスポーツ
E03 MY COLOR



01 OPENING
OPENINGって短絡的な名前をつけちゃった(まぁ、どうせystk氏が付けなかったから仕方なくでしょうけど・・・。)けど、私的には「グローバルサイトのテーマ」って認識かなw

サイトのテーマっていうのもつまんない曲名ですけどねw

曲名よりも、台湾でこの曲が流れ、Perfume本人達が踊る姿を見たときにはバードスキンもの!

一気にテンションはMAX!!

イェイイェイのウォウウォウ!!

あ~~~~~~~いぇ!!

そんな感じw

実は、ライヴが始まるまで、会場内でこの曲がガンガン掛かる(台湾公演ではそうでした。)ので、もしかしたら・・・なんて予想できた方も多かったかな?

02 NIGHT FLIGHT
オープニングがらNFの流れはまるで「直角」ツアー!

でも、二番煎じなんて感覚はどこにも無い。

直角ツアーを観ていない私にとって、感謝感激雨霰!!

文字通り、目を皿のようにして、Perfume史上3本の指に入る素晴らしいダンスを堪能できて、2曲目にして早くも涙がww

03 コンピューターシティ
NF終わりに、次の楽曲「コンピューターシティ」に入る為、すぐに3人はスタンバイするんだけど、そのシルエットを見ただけで歓声!

もう・・・駄目・・・。

04 エレクトロ・ワールド
シティの次がエレワ・・・。

死んでしまうw

お初の地を巡業してるので、Perfumeの代表曲がセトリに加わるのは当たり前だけど、日本でのライヴでは最早ありえない選曲。

台湾でもシンガポールでも、この曲は人気が高いようで、オーディエンスも楽しそうにoioiコールw

05 レーザービーム(Album-mix)
MCを挟んでこの曲へ。

しかし、この曲はalbum mixでオオバケしましたね。

singleで発売されたときは、それほど印象無かったんだけど、頭サビで間奏に遊びの要素を取り入れたalbum mixは、ライヴではなくてはならない楽曲だった。

「すとれいと~♪」で、3人がビシッっと揃うところなんか、バードスキンw

間奏のダンスも盛り上がる要素の一つだし、ここぞと言わんばかりのレーザー演出の見せ場だし、文句なしの出来だった。

06 Spending all my time
歌詞を英語メインに置き換えたこの曲。

最初はフル英語だったらしいが、Perfumeの意見を取り入れて、日本語もコーラスっぽい使われ方をしてる。

この辺の物語は、Perfumeの「日本で頑張ってきたし、日本の・・・言い換えれば、日本語を大切にしたい」って思いが溢れてるエピソードなんだろうね。

巷ではあ~ちゃんの韓国推し(別に押してるわけじゃないと思うけど・・・)を揶揄する声も聞こえるのだが、彼女達のライヴに行ってると、どれだけ日本を大切に思ってるか良くわかる。

反日の香港や韓国に行くなんてどうなっても知らないぞ的な意見もあるだろうが、それは、ただ単に治安の問題だし、韓国を押してるわけじゃないと思う。

まぁ、そんな話は関係ないなw

このSamtって曲は、TVでは魅力を伝えられないだろうからって事で、ライヴ専用のアイテムとなっている。

この方針も、Perfume3人の意見なんだけど、的確な判断だな。

こういった采配は、素晴らしいバランス感覚。

海外でも、人気のある曲となっているしね。

07 love the world
Compilation Album“LOVE THE WORLD”のタイトル曲。

発売は2008年7月9日なので昔の曲なんだけど、今聴いてもなんら遜色の無い楽曲。

海外戦略の骨太スローガン的な意味もあるんだろうね。

Perfumeの心が世界に届けばいいなぁ~。

08 edge(ASIA ver.)
まさかの1曲!

この曲なんて、もうライヴで披露されることなんてないだろうなぁ~って思ってたらこの始末w

大抵の人はアルバムには収録されてるけれどまぁ「GAME」がいいところだろうって思ってた。

「ASIA ver.」と銘打ってある通り、Single曲とも「⊿」ver.とも違うre-mixでしたね。

でも、「⊿」ver.の短縮版って感じかな。

もちろん、ボックスカーなんて無いから、パフォーマンスもしょぼいかなって思ったら大間違い!

「直角ツアー」と似たようなコンセプトだったけど、素晴らしい映像演出で、簡略版というハンデを微塵も感じさせない仕上がりには脱帽でした!

09 シークレットシークレット
Perfumeの名曲中の名曲がこの曲。

ダンスのクオリティもさることながら、あのイントロを聴いただけで痺れるw

Full ver.の披露も2010年のドーム以来で、これが興奮せずにいられるかっ!ってほどテンション上がったねw

静と動の強弱が付けられた楽曲にマッチする振り付けは、静部分をマネキンに置き換えると言う、画期的なアイデアで、見るものを魅了するね!

10 Dream Fighter
台湾公演では、地元のファンがこの曲をサプライズに選ぶほど、ファンには欠かせない楽曲。

やっぱりあの躍動的な曲調&リズムと、希望を胸に頑張ろうって歌詞には、人々を引きつける何かがあるんだろうね。

11 FAKE IT

MCとP.T.A.のコーナーを挟んで、この曲へ。

風邪気味だった私は、この曲で精も魂も尽き果てましたw

12 ねぇ
間奏のサンプリングとかわいらしい高速ステップには、海外ファンも満足したでしょうねw

何度観ても何度聴いてもこの曲の「しゅー」っていうイントロを聴くと、血圧上がるw

13 チョコレイト・ディスコ(2012-Mix)
この曲、「2012 mixっ」て書いたけど、厳密に言えば「Asia mix」って言えるね。

イントロ部分の「ちょちょちょ」サンプリングを廃止して、コミカルさを軽減したヴァージョンとなってました。

先日のベストアーティスト2012で披露されたVer.とダンスも同じかな。

もちろん、TVサイズではなく、フルサイズの披露だった。

中盤の間奏の湯煎したチョコをかき混ぜる振り付けが一新されて、かわいさ倍増w

気分はちょちょちょー!

Perfume ♪チョコレイト・ディスコ (2012-Mix) ・・・ベストアーティスト2012


14 ポリリズム
泣く子も踊る、Perfumeの代名詞!

巡り巡るよぉ~♪

E01 Spring of Life
アンコールがもう1回に変わって数分、この曲が登場!

アグレッシヴなダンスとテンポに悩殺w

何度聴いても、間奏はテンション上がるねぇ!

E02 心のスポーツ

私的には最後の曲としてなんだか物足りない曲なんだよね。

確かに歌詞もメロディもかわいらしいんだけど、そこはPerfumeのポジションじゃないと思ってる。

ゆえに、個人的に大好きなパピラで終わって欲しいw

なぁ~んて、妄想もまた楽しいねw

E03 MY COLOR

アンコール明けには、来年3月発売の新曲「未来のミュージアム」の告知があったり、ドラえもんの映画とのタイアップでドラえもんの着ぐるみが登場したりで、盛り上がりったね。

この曲は、他の3都市では披露されなかったので、この時用に取って置かれたのかな?

それとも、香港のファンが待ち望んでた曲でもあったので、急遽用意されたのか・・・。


こんな感じで、MCの要所はすっ飛ばしたレポートを書いてみましたw

わたしゃ、ライヴの途中にメモを取らない主義(ただの邪魔くさがりw)なので、気になる方は色々ネットを徘徊してみて下さいな~。

総合的な意見というか間奏なんだけど、一言で言いますとPerfume入門編としては盛り沢山の内容のライヴでしたね。

久々のライヴハウスツアーということもあり、アリーナ&ホールツアーを見てきた私としては、特別な演出が出来ない分、おとなし目の公演になるかなって思ってたけど、とんでもなかったねw

やっぱり、Perfumeには演出なんて不必要。

そりゃぁ、あればあるに越したことはないけれど、何度観てもさいこーのライヴバンドですわ!(バンドじゃないけどねw)

台湾での公演を観に行けた事は幸運だった。

あの感動は忘れられないね。

私には今年はもうPerfumeのライヴを見る機会はないけれど、その分鋭気を養って、2013年も楽しいPerfume年にしたいですなぁ~。

【訂正あり】台湾、很讃! Perfume WORLD TOUR 1st 「10/26(金) 台湾 @Neo Studio」 LIVEレポ!

【ご注意】
本記事にはPerfume WORLD TOUR 1st 「10/26(金) 台湾 @Neo Studio」セットリスト及び舞台演出については記載しておりません。

ただし、MC内容に関して、或いはその他の出来事については覚えている限りではありますが書いておりますので、閲覧にご注意下さい!

そして、今回はものすごく長いですw

写真もいっぱいありますw

文章も支離滅裂で、誤字脱字もわんさかあります><;

それでも読んでみたいという方は。どうぞ続きをご覧ください。

NEXT≫
Flashカレンダー
Perfume だいじょばない PV風?

私が大好きなMAD製作者さん「FD22009」氏の作品です! 

お気に入りre-mix!

Perfume - 「Lovefool」ssBullet Pepsi Nex Remix with English Lyrics

きりひととは?

きりひと

Author:きりひと
「きりひと」と申します!
関西に生息しています!おっさんです!
人生は転がる石のようなもの。自然体で行きましょう。
コメントは大歓迎です。
誤字・脱字は大目に見てやってください^^;

最新記事(webslice付)
カテゴリ
コメント+トラックバック

コメント及びトラックバックを表示します。

Comments<>+-
Trackback <> + -

コメント&トラックバック、ありがとう!

PD過去記事!

月別過去記事をプルダウンで表示します

 
きりひとの単なる呟き

戯言のような呟きなので、聞き流してください><;

ブログ成分分析
syncopation!の成分分析
「Perfume Archive」

きりひとが独断と偏見で綴る、Perfumeデーターベースです!いつも通りの思い込みや、勘違い、独断と偏見、誤字脱字満載なのが玉に瑕! 亀の歩みよりのろいペースですが、内容はぼつぼつと充実させていきたいと思ってますので、温かい目で見守ってて下さいねぇ~♪

【Perfume Chronology 年表】をクリック!!
Perfumeダンシングクロック風メッセージ(たまに違う人が時を告げますw)
PDタグリスト

タグを多い順にプルダウンで表示します。

 
日本一ちっちゃいかもしれないギターコードブック
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
リンク集
ミドリカワ書房布教掲示板

ミドリカワ書房 待望のNEWアルバムっ!

タグクラウドとサーチ

> tags
真鍋大度 Rhizomatiks LEVEL3 samt Perfume 中田ヤスタカ Sleeping Beauty 台湾 KKBOX GAME 関和亮 LIVE MONSTER 1mm 中村正人 Clockwork 国立競技場 edge NIGHT JAPAN Sweet Refrain いじわるなハロー Cling アミューズ BEGIN flumpool ポルノグラフィティ あ~ちゃん 高橋優 コミュニケーション ぐるんぐるん 代々木 最終日 POLYSICS amazarashi あんたへ Five 大瀧詠一 Turbo サマソニ 楽しみ方 RIJF CDJ ライブ ライブレポート 京セラドーム CAPSULE RIJF2013 TK 凛として時雨 LOCK CAPS 奥田民生 サンボマスター アルバムレビュー MIKIKO WT1 張さん 訃報 マキシマムザホルモン サマソニ2013 VOLBEAT BABYMETAL 舞洲 MEW Metallica 幕張 ハリバリ ソニマニ2013 MoL 安全地帯 大トリ KREVA 玉置浩二 トータス松本 10-FEET グループ魂 阿部サダヲ クリープハイプ 赤い公園 きゃりーぱみゅぱみゅ サカナクション ハム焼き 渋谷陽一 ひたちなか ワンオクロック MV Soupnote 予襲復讐 ワールズ・ロンド BBQ つま恋 HaKU Zepp 麺カタ Nanba ナヲ姉 ダイスケはん だいじょばない Rós Sigur Kveikur 性善説 ねぇママあなたの言うとおり ニンジャーライト なんばHatch Nagoya アミューズフェス Perfumeフェス 石井ゆかこ 船山祐幸 清野雄翔 (T)HERE 馬場智也 megg 大野賢治 ストライクカンパニー knave SoL Burly Hurly ポイント Drum'n'Bass 木の子 未来のミュージアム 寒竹ゆり 俺たちの明日 宮本浩次 ねえママ エレファントカシマシ あなたの言うとおり Vol.2 Pa!と楽しく遊ぼうライブ! P.T.A. Vol.1 U-EXPRESS2013 メトロック Swich バルデコ コメダ 山本屋 ystk 世界の山ちゃん ドラえもん 掟ポルシェ CDJ12/13 NF CDTV Perfumeドキュメント今世界へ WOWOW 紅白歌合戦 クリスマス 坂本龍一 Carey ソング Song Christmas Wham! Mariah Joel Billy 音楽と人 9nine TV WHAT's Bros IN? シンガポール マーライオン セトリ ライヴヴューイング ワールドツアー 香港 グローバルコンピレーション アルバム レヴュー LTW ライヴ Studio 松山空港 出待ち Neo 台北 VINTAGE TROUBLE 舞洲会場 プリプリ サマソニ2012 田中裕介 Samt スリの被害 木村カエラ 9mm RIJF2012 BAWDIES 藤巻亮太 秦基博 capsule アジアツアー JPNDVD ごめんなさちゃんといえるかな ライヴレポート BIGCAT 広島公演二日目 リップシンク 中断 Dream 口パク Fighter JPNツアー time my Spending all VMAJ2012 リンキン・パーク 舞-rhythm- 豊川真奈美 秋田ひろむ アルバムレヴュー ラブソング オフ会 ごめんなさいちゃんといえるかな 秋田つとむ YKBX ファンデーション リニアモーターガール ドライビング コンピューター 引力 BEE-HIVE のっち 蜜蜂達のはばたき タイム・トゥ・ゴー ビタミンドロップ おいしいレシピ パッパッパッパッパッパッPerfume エレベーター スーパージェットシューズ ASH ぱふゅ~む 河島佑香 かわゆか clubTK トラブル OMAJINAI☆ペロリ モノクロームエフェクト 彼氏募集中 デオデオ 福山夏まつり サマーナイトふれあいフェスタ 広島駅前盆踊り 元町音楽祭 福山バラ祭り 基町クレド フラワーフェスティバル 広島 2002 ジェニーはご機嫌ななめ ピーターラビットと私 サンリオピューロランド スウィートドーナッツ シークレットメッセージ 亀戸サンストリート 学園祭 武蔵野美術大学 コンピュータードライビング リリースイベント コンプリートベスト ラクーアガーデンステージ イミテーションワールド シークレットメッセージ 国吉規人 パッパラー河合 田中花乃 CD情報 PerfumeArchive もみじレーベル CDrelease 年表 Chronology しじみのダンス フラッシュモブ 振付師 Choreographer Choreo-Director CM 氷結 夏フェス SLS2012 RSRF2012 海パーン!!! 沖縄 宜野湾 セラミクロニ ライヴレポ セットリスト 打ち上げ公演 バズーカ レポ カノン ピーターガブリエル 動員数 アイドル アーティスト 武道館4days 海パーン! JPNスペシャル 元楽 武道館 サンストリート 追加公演 初日 荒木飛呂彦 Mステ 火曜曲! Mラバ ハリセンボン マフラーさん MUSIC Mamume 土田晃之 火曜曲 LOVERS 雑誌 BOMB 2008年5月号 KEN ワースト記録 CD売上 ビリー・ジョエル オリコン Zanzibar 氷結スペシャルBOX クイックジャパンvol.70 ファン・サーヴィス〔スゥイート〕 インタヴュー はむつんサーブ QUEEN アニメーションダンス Bae 神保彰 Sandra Castellano Richie ぱふゅーむ アキハバラブ 桃井はるこ ANSWER PON 王様のブランチ Happy Music やじうまテレビ セマイドル モーニングバード 魁!音楽番付 ZIP ハルノハコ スプリングオブライフ Records Spring Life of フラゲ 二日目 広島グリーンアリーナ 大阪城ホール MTV VMAJ スプリング・オブ・ライフ ティザー 鮎貝健 GO!FES2012 BENI 倉木麻衣 ステレオポニー 加藤公隆 ロイター グローバルサイト 渡辺晋賞 キャンディーズ 大里洋吉 ガイシ 移籍 シューシングル ユニバーサルミュージックジャパン 重大発表 沖縄・宜野湾 touch ブログ用名刺 i-Pod USB出力付きリチウムイオンバッテリー 充電器 クレランス・クレモンズ ブルース・スプリングスティーン レッキング・ボール こしじまとしこ 誕生日 福岡国際センター 朱鷺メッセ ロッキングオン・ジャパン 高橋幸宏 テイ・トウワ スペースシャワーTV ねごと 水原希子 さかいゆう 東京事変 Superfly salyu×salyu □□□ androp カモメ 9mmパラベラム・バレット 入手杏奈 ザ・グローリー・ゴスペル・シンガーズ 新潟コンベンションセンター 願い (Album-mix) ココロの粒子 日本武道館 タケカワユキヒデ ゴダイゴ HOTSTUFF 80KIDZ 横部正樹 浮雲 刄田綴色 伊澤一葉 亀田誠治 椎名林檎 color bars さいたまスーパーアリーナ 宇多丸 西脇彩華 ちゃあぽん クイックジャパン 物販 サイリウム マメ知識 グッズ 神戸ワールド記念ホール 日本ガイシホール 1/15 JPNツアーグッズ Perfukky 1/14 解散 桑田佳祐 斉藤誠 原由子 中重雄 みんなで元気になろうぜ!!の会 片山敦夫 横浜アリーナ 動画 原発 忌野清志郎 ミドリカワ書房 植村花菜 アジカン YUKI ツアーグッズ ひとり股旅 レーザービーム 矢野顕子 厳島神社 ポール・マッカートニー ビング・クロスビー 山下達郎 クリスマスソング ジョン・レノン ディーン・マーティン エンヤ ジム・キャリー クリスマス・キャロル 高中正義 松任谷由美 山寺宏一 ジャクソン5 Locks! のちお 平成23年度文化庁メディア芸術祭 微かなカオリ スパイス GLITTER MVレヴュー JPN 大阪追加公演 AKASO 千年幸福論 週間アルバムランキング オリコンランキング ちびゆか 宗像明将 Mexico 児玉裕一 島田大介 テレフォン・ショッキング 小室哲哉 Listen♪ ANN 9ジラジ おに魂 P.T.A.MAGAZINE 幸せの青い封筒 ロック・キッズ802 ミュージック・マガジン12月号 マジカル・サーフィン パフューム・ロックス キューティクル妖怪 ビートルズ 山下和仁 所ジョージ ワールド・オーダー 須藤元気 YMO ムーンライダース しらふ 古いSF映画 Ciao! ジェフ・ベック クロスロード・フェスティバル エリック・クラプトン タル・ウィルケンフェルド デレク・トラックス スライドギター カミスン 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ ジャケ写 音楽と人12月号 ロキノンJ12月号 就職氷河期 RIJF2011 ダンスコンテスト Julian Lennon マサユメ カーネーション 吉井和哉 ダチョウ倶楽部 ヒカシュー kiseki 秋にのぼせろ 2011ASF 東日本大震災 義援金 セブンーイレブン 斎藤誠 Misirlou 河村“カースケ”智康 宮城ライヴ 森山未來 夜明けのBEAT 麻生久美子 モテキ 久保ミツロウ フジファブリック 長澤まさみ 大根仁 モテキナイト 全ては妄想 夏を待っていました 4大重大発表 ビートニクス WH2011 手塚治虫 ワールドハピネス2011 ハンサム過ぎて ドリフェス2011 ユニコーン ヒゲとボイン ビーチ・ボーイズ ティモシー・B・シュミット ビビアン・スー ささきのぞみ 愛と欲望の日々 サザンオールスターズ フェスティバルホール ウルフルズ 氣志團 踊るダメ人間 筋肉少女帯 CDJ11/12 ええねん Mop Retronix Head Joy-Feared Of サマソニ2011 モンバス2011 JA2011 VOICE ピアノ泥棒 JOY そのぬくもりに用がある リライト RIJF2010 GPF2010 うたの日2010 RIJF2009 モンバス2010 SEVENTH HEAVEN ポリリズム サンマリ2008 モンバス2008 RIJF2008 サマソニ2007 GPF2008 サマソニ2008 デジタルスープ 手島いさむ 阿部義晴 Z 吉田拓郎 高野寛 新しい文明開化 女の子なら誰でも 大発見 空が鳴っている 愛にのぼせろ 恍惚の人 母さん 平野文子 rega Hello! KORN 岡村靖幸 COMPLEX 布袋寅泰 rei harakami yanokami 魔法にかけて! JOIN ALIVE HEY!HEY!HEY! 音楽の日 MEGARYU 泉谷しげる ソウル・フラワー・ユニオン 君は僕のものだった LOCKS! 能動的三分間 スポーツ シーズンサヨナラ ドリームフェスティバル2011

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。