スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Perfume 3rd Tour 「JPN」 04/1(日) 広島グリーンナリーナ LIVEレポ

*今回のLIVEレポには「セットリスト」や「演出」などの、ライヴに関するネタバレ情報は一切ありません。ただし、MCは毎回変わりますので、少しだけ雰囲気を掴んで頂く為にご紹介しております。
1.jpg
私、きりひとが観る、JPNツアー本公演の最後の会場となる広島にやってきました!

今回は時間も無いため、往復新幹線を利用。

名古屋から来られるやすぬ氏と同じ新幹線だったので、車中も退屈せずに済みました^^

2daysなどという贅沢も出来ませんでしたが、追加公演の沖縄を除くと最終ライヴ。

否が応にも、盛り上がると言うもの・・・。

またまたGAでも色んな出会いがありましたぁ~^^


新大阪から9:05分のこだま5号に乗り込む。

開場は14:00、開演15:00という珍しく早い時間帯からのライヴだし、お昼ご飯はどうしても広島のお好み焼きが食べたいっ!という願いを達成すべく、早めに広島に向かう。

1時間半程で広島に到着!
hirosimaeki.jpg
お天気もさいこー!

やすぬ氏の提案で「お好み村」へ行こうとうい事となり、路面電車に乗り込みました!
romenndennsya.jpg
この路面電車、なかなか洗練されたデザインで、かっこいい!

久々に広島に来ましたが、以前来た時は平和記念公園しか印象に残ってなかったんだけど、なかなか素敵な街。

広島駅に着く前に、車窓から解体中の広島市民球場(今はマツダスタジアムだったっけ?)が見えた時は、なんだか哀愁を感じましたな。

阪神ファンの私は、この球場で「北別府」や「大野」「川口」と言った名投手達に、阪神打線がきりきり舞してたのを思い出しますw

そうこうしている内に、お好み村に到着!
okonomimura.jpg
Perfumeのサインが飾ってあるという「あとむ」なるお店に行こうと思ったのですが、お昼前だと言うのに沢山の人が並んでおられました。その中になんと、大阪城ホールでもお世話になったJ-POPさんがいらっしゃるじゃありませんか!

私は並ぶのが嫌だったので、「あとむ」を諦め、他の店にJ-POPさんと共に移動。

そこで他愛もない話をしながら、お好み焼きを待ってると・・・。きたきたー!!
okonomi.jpg
値段は750円ぐらいだったけど、ボリューム満点!

関西のお好み焼きとは、材料は似てますけれど作り方は全く違いましたね。

たぁ~っぷり入ったキャベツやもやし。出汁で蒸し焼きのようになってるので、キャベツの甘みが増してめちゃくちゃ美味い!

俗に「広島焼き」って関西では言いますが、広島の方々はこれが「お好み焼き」なんでそんな言い方はしないそうですね。中にはソバが入ってるんですけど、大阪でソバ入りと言えば「モダン焼き」になる。広島のお好み焼きはソバ入りがデフォなんでしょうかね? それともソバなしのお好み焼きがあるんでしょうか?

それにしても、味は格別!今でもこの味は忘れられないですなぁ><;

お腹も満たされたので、早速グリーンアリーナへ向かいましょう!


グリーンアリーナの名前の由来は知りませんが、濃い緑色した屋根が印象的なアリーナ。

入り口前では、すでに沢山の人たちがタムロw

顔なじみの人たちもチラホラいらっしゃってるし、コスさんやフリコピさんも大勢いらっしゃいました。

フリコピさんの中には早くも「Spring of Life」のサビのダンスを踊ってらっしゃるw

小隊の方々も徐々に集まり始め、名刺交換させてもらったりしました^^
syuugou11.jpg
そして、にっし~小隊長とも始めてお会いする事ができました!

気さくな方で、初めてお会いしたとは思えませんでしたわぁ^^

凪さんにもお会いできたし、関東からのブロガーさんも沢山来られてましたね!

各会場でおなじみの面々もいらっしゃいました!
dekiaisann_convert_20120405185056.jpg
*さ~くん様から拝借

知る人ぞ知る「溺愛」さん!

binnkosu_convert_20120405185450.jpg
*さ~くん様から拝借

2007年のポリリズム時代のコス。

その他、武道館コスの方やスパイスMVコスさん、直角ツアーの白衣装コスさん、GAMEツアーコスさんもいらっしゃいましたね~。

広島のコスさんたちもクオリティーが高くて驚きです。そして、美人さんばかりでまた驚きます!

syo-tai_convert_20120405185748.jpg
*鈴木ウドさん・・・みゆきん氏ご提供

にっし~氏を交えて、小隊で記念撮影!

furikopi_convert_20120405190531.jpg
パフューキーさんを含むフリコピさん達! 建物の日陰になってわかりにくいのですが、もう一組女性のフリコピさんが踊ってますね~!

老若男女が笑顔で楽しむ不思議な空間が出来上がってますw

とにかく年齢層が多種多様なんですよね。中学生から60歳後半の方までいらっしゃいます。

女性3人組のアーティストのライヴ。私の今までの感覚なら、観に来る客は9割が男な筈!

良くわからないですが、一般的にアイドルと呼ばれるアーティストのファン層とはまったく違うんじゃないかな?ロックバンドのファン層とも違うし・・・。不思議ですw

さぁ、そろそろ開演の時間。私はスタンド席です。今日はどんなライヴになるんでしょうか・・・楽しみですなぁ~。


今回の広島二日目公演は、いつもと違うノリでした。

ノリが悪かったと言ってるんじゃないよ。広島のお客さんのノリはさいこーだった。

でも、パフュの3人がいつもとは違ってた気がした・・・。

MCでは、「今回のツアーでは、広島GAに焦点を当ててたと言ってもいいくらい」と言ってたし、やっぱり3人の思い入れは相当なものがあったんじゃないかな?

それは当然だと思う。

自分達が生まれ育った故郷だもんね。他の会場とは感覚的なものが違うだろう。

その上、5月27日WOWOWで放送する為に、カメラも23台入ってる。(あ~ちゃん談)

編集でカバーできるとは言え、ダンスやしぐさ、発言にも通常公演以上に気を使う。

そして、ちょっとしたスタッフさんのアクシデントもあった。

詳しくはあえて書きませんが、あ~ちゃんの気の使いようは相当なものがあったね。

そんなに私達ファンに気を使わなくてもいいのにと思うくらいです^^

逆に、ちょっとしたアクシデントはおいしいw

アンコール後のMCでは、あ~ちゃんがず~っと感極まってて涙堪えながら話してた感じがしました。

開演前だって、アンコールの時だって、お客さんの手拍子は鳴り止まない。

最初、神戸で初めてJPNツアーを見たとき、アンコールの手拍子やコールは、3人が袖に引っ込んですぐに始まった。

私は「そんな引っ込んですぐにアンコールせんでもええやろ・・・。ちょっと休ませたげなかわいそうやんか。」って正直思いました。

だって、袖にハケてすぐにアンコールコールと手拍子が、アーティストが出て来るまで、ずーっと絶え間なく続くライヴなんて見たことなかったからね。

でも、この広島公演を含む7公演を各地で見ましたが、どの会場もこんな感じ。

それで、わかったんだけど、お客さんは早く出て来いって意味でコールしたり、休まずに手拍子してるんじゃないだよ。

袖にハケて、衣装を着替えたり、水分補給したり、髪を整えたりしてる間も、彼女達に歓声を届けたい、ありがとうを伝えたい一心で声援を誰もいないステージに送り続けてるんだよね。

こうやって文章にすると、なんだか陳腐というか、そんなへんな美談なんかないわぁ~って思うけど、その感覚と言うか、雰囲気と言うか、空気感は会場で体験してもらわないと伝えられない。

ステージスポットが点灯して、3人が再びステージに。

「アンコールありがとうございます!」って深々と頭を下げる3人。

1回のステージで、何回も客に頭を下げる・・・それも膝に頭がつくんじゃないかってほど深々とだよ。

そんな様子はモロ昭和の演歌歌手さんのような律儀さ。

最近、こういう律儀さについてバカにしてるよな発言を聞くことがある。

苦労を売りにしやがってとか、良い子ぶってとか・・・。

でも、そんな風に取るのは間違いだ。

そんな人は、自分が中学卒業と同時に、親元を離れて一人東京に出て、売れない芸能人をやってみればわかるだろう。

あ~ちゃんが言ってた。

「売れてない時、広島の実家に帰って東京に戻るとき、新幹線に乗るとすぐにお母さんを思い出す。実家でお母さんにキツイ事言って、八つ当たりしちゃった。なんであんな事を言っちゃったんだろう? 早くテレビに出られるようになって、紅白に出られたらいいね・・・そんな励ましの言葉も正直重荷に感じてた。だから、ついキツイ事を言っちゃった。

 だから、新幹線からお母さんにお詫びのメールしようとするんだけど、広島を出てすぐはトンネルばかりで電波が繋がらず、何度も送信を繰り返す事になっちゃう。その状態が30分程続く。でも、そうやって悪戦苦闘してる間に、ちょっと心に余裕が出来てくるので、電波が繋がらない状態も悪くないって思いました。」ってね・・・。

こんな経験をしてるからこそ、どの会場でも1万人のお客さんが来てくれる事に、自然と感謝してくれるんだろう。

そんな3人だから、観に来たお客さんも3人を喜ばそうとして、開演前やアンコール前に、誰もいないステージに向かって、3人に届けとばかりに声援と拍手を送る。

なんか、あったか~いライヴなんだよね。

そんな雰囲気とはウラハラに、音響や演出、照明やレーザーは爆発せんばかりに責めまくるんだよ!!

会場はディスコといいますかクラブ状態で、踊りまくれるしw

でも、冷静に見ると、ダンサーさんなんて一人もいないし、バンドさえいない。そんな舞台には可愛らしい女性が3人だけ。

そんなとてつもないギャップが最大の魅力だ!

あぁぁぁぁ!

こうやって書いてるのはもどかしい!

気になった人がもしいて、まだ1度もパフュを経験されてない人は、今回のツアーに間に合わないのなら、是非ともフェスとかでもいいのでパフュのライヴを体験してもらいたい!

そんじょそこらのロックバンドなんて目じゃないぜ!

パフュがステージに出てきたときに一変する空気感を味わって欲しい!

背中にぞぞぞっ!って悪寒が走るが如く、ゾクゾクすること請け合います!!

さぁ!お次は沖縄に出没しますぜぇ!
関連記事
スポンサーサイト

Perfume 3rd Tour 「JPN」 03/28(水) 大阪城ホール LIVEレポ

*今回のLIVEレポには「セットリスト」や「演出」などの、ライヴに関するネタバレ情報は一切ありません。ただし、MCは毎回変わりますので、少しだけ雰囲気を掴んで頂く為にご紹介しております。
gazou5.jpg
今回は大阪公演二日目のレポをお届けしたいと思いますよ~!

このところ、レポ内容もマンネリ化してきちゃってるので、今回は画像・・・と言いましてもコスさんたちを中心に記事を仕上げて行きたいと思います。

なんでコスさんを記事にしようと思ったのかと言いますと・・・。

感動したから・・・です!

だって、そうでしょ?

春近しといえども、まだまだ冬。

それなのに、薄着をものともせず、ぱふゅファンを楽しませてくれる。

衣装だって自分で作ったりして、大変な努力の賜物なんだよね。

コスってだけで、私も最初は偏見と言いますか、そんなん目立ちたいだけやんか・・・なぁ~んて思ってた。

でもね。

実際、コスをされてるぱふゅファンさん達を見てみれば、そんな偏見は吹っ飛ぶ!

実際コスさんやフリコピさんを見たら、なんとも言えないほんわかした気持ちになれる。

そのホンワカな気持ちのお裾分け・・・ってつもりで今回記事にしてみようと思います。

残念ながら、諸事情によりお顔の方は加工させていただきます。


大阪公演初日後の、夜間合同演習(オフ会)は夜中の1:30頃まで続きましたが、めでたくお開きとなり、二次会へ突入!

京橋の朝まで開いてるお店に7~8人で入ったんだけど、服装がシャカシャカやLSG、JPNツアーTを着てるので、入って10分も経たない内に、お隣のテーブルのお客さんから声をかけられたりしましたw

既に真夜中過ぎ。さすがに疲れも出始め、会話も滞りがちになるんだけど、店内に大型モニターがあってMVが流れてたんですが、偶然にもこんなMVが!
R0018877.jpg
*画像はさ~くん様より拝借

単純な我々には、この燃料投下は効きましたねw

それから小一時間立った頃、モニターの音が突然消えました。

あまり気にもしてなかったんですけど、なにかモニターの画面とは違うライヴの模様が店内に流れ始める・・・。

よくよく耳をそばだてて聴いてみると・・・なんと!Perfumeのライヴ音源じゃありませんかっ!それも、商品化されてない昔のライヴ!

仲間がウエイターさんに聞いてみると、厨房の方がPerfumeの音源をi-podか何かに入れておられたらしく、それを店内に流してくださってるとの事・・・。

ちょっとした心遣いなんだけど、ほんとうに嬉しい!

たぶん、私達を喜ばそうとして流してくれたんだと思うと、感激するじゃないですか!!

一見客の我々なのに、嬉しいプレゼントでした。

そんなこんなで、結局始発時間までウダウダw

朝の5:00にようやくお開きとなり、各自ホテルや自宅に引き上げました。

私は、始発で奈良の自宅に一旦戻り、仮眠とシャワー。

そして、再び大阪城ホールに向かいました。


16:30頃に大阪城ホールに到着!

すでに沢山の人たちが集まっており、あちらこちらでフリコピやコスの方たちがいらっしゃいます!
R0018833.jpg
きさらさんと、お友達のペプシコス!

なんと、きさら嬢の手作り!!

服を作っちゃうなんて、尊敬してしまう!

R0018819.jpg
*画像はさ~くん様より拝借

お次は昨年のASF2011の衣装のお三人さんと、私のブロともさんでもあるmika氏のお嬢さん(ドームかしゆかコス)のショット。
衣装のクオリティーのさることながら、ASFコスのお三人さんはライヴ中のMCでも、Perfume本人にイジられたりしておられましたね~。

ASFのお嬢さん方は、P.O.N.の会(初日のオフ会)会場で偶然再会し、わざわざP.O.N.の会の個室まで遊びに来てくださいました。その節は、ありがとうございました!

3
今度は、紅白コス?・・・ちょっと度忘れしちゃいましたw

この方々も素晴らしい出来栄えでしたね~!

写真を撮らせていただくときは、勿論盗み撮りではなく、お声をかけさせていただいて、小隊で記念撮影するのですが、一緒に撮らせてくださいとお願いしています。

で、いざ撮影の段になると、沢山の人だかりになっちゃいまして、被写体になるみなさんも、どのカメラ(私のカメラはiphoneですけどw)にポーズしたら良いかわかんなくなっちゃいますねw

人だかりができるから、通りすがりの人も写真を撮っていかれるので、まるで記者会見のカメラの砲列が如く、凄い状態で撮影しましたw

大阪公演会場ではプロのカメラマンの方もコスさんを撮影されてました。

バズーカのようなレンズをつけた、すんごいカメラをお持ちでした。名刺を配って撮影許可をとり、出来た写真は送りますって言っておられましたね~。

私は写真の趣味は無いですが、コスさんたちの可愛らしさを見れば、写真を撮りたくなる気持ちはわかりますね。衣装の出来栄えは凄いし、コスのお嬢さん方がみなさん美人さんですから無理もない気がします。

6.jpg
ASFコスさんと小隊記念撮影してましたら、直角ツアーコスのお嬢さん方が記念撮影をASFコスさんに申し出ておられました。私も写真を撮らせていただきました^^

今回は、この噴水前で沢山のコスさんと記念撮影しましたね。

といいますか、自然とコスさんの撮影会みたいになってしまって、後から後から写真いいですか?って変に盛り上がってましたw

フリコピさん達は、噴水から少し離れた場所で、フリコピ大会みたいになってましたね。

地元大阪のパフューキーさんを筆頭に、モノクロームエフェクトコスの男性コスユニット「ばにゅ~む」さんもいらっしゃいました。お声かけさせていただいて、記念撮影お願いしなかったのが心残りです><;

R0019032.jpg
*画像はさ~くん様より拝借

最後はこの1枚!

ほぼ小隊のみんなとの記念撮影です。

沢山写真撮ったつもりだったんですが、数えてみたら10枚も撮影してないw

私は撮影知識も技術もないし、センスも悪いので、どうしようもないんですけどねw


さて、次回の記事は「気まぐれパフュNEWS」を挟んで、Perfume JPNツアー 広島グリーンアリーナ公演 二日目のレポをお届けします。

時間がある方はまた見てやってくださいね^^

トリの画像は、さ~くんが撮った集合写真で〆させていただきました!


今回の記事はいかがだったでしょうか?

いつもと趣向を変えて、ぱふゅコスさんを中心に構成してみました。

少しはぱふゅライヴ・・・開始前の雰囲気を感じてもらえたかな?

これからも、愛媛・仙台・北海道・武道館・沖縄とまだまだJPNツアーは続きます。

もし、単独で見に行かれてて、一人参加で寂しいなぁ~ってお感じの方は、緑のタオルの小隊員(小隊員といっても、ファンクラブでも私設応援団もなんでもなく、ただのぱふゅファンの集まりなので、入隊とかタオルが無いからとかは関係ありませんよ)に話しかけてみてね^^

同じPerfumeを愛する者同士、開演までの時間つぶしにパフュ話で盛り上がりましょう!

関連記事

Perfume 3rd Tour 「JPN」 3/1 日本ガイシホールLIVEレポ

*今回のLIVEレポには「セットリスト」や「演出」などの、ライヴに関するネタバレ情報は一切ありません。ただし、MCは毎回変わりますので、少しだけ雰囲気を掴んで頂く為にご紹介しております。その他、危なさそうな表現は、背景色とほぼ同色で記載してますので、読みたい方は反転させてね。

*3/6一部、加筆・修正いたしました。

IMG_0019_convert_20120303030028.jpg
前回に続いて、3/1二日目のレポを書いてみます。

書いているうちに、1日目と2日目の出来事がごちゃ混ぜになってくる。

ライヴ中はメモを取ったりしない(というか、集中してしまうタイプなので、出来ない)ので、かなぁ~り記憶が曖昧です。

それを回避するためでもあるんですが、思い出すためにも、Perfume Headlineさんの記事を読ませていただいてます。

スレッド全部には目を通してはおりませんが、書き込みをしているみなさんの記憶力、観察力には脱帽ですね。

文章の構成も会話調ですが、とても読みやすいし。

色んな意見が出ておりますが、一応にしてガイシ公演は大成功だったとの評判ですね。


さて、ガイシ公演二日目です。

初日の宴会のあと、私はDJイベントには参加せず、ホテルに戻りました。

そして、朝7時過ぎには起床。シャワーを浴びコンビニおにぎりで朝食を済ませ、10時チェックアウトを迎えました。

14時には小隊の仲間とお昼ごはんの約束がありましたので、それまでは名古屋駅前をHave a Stroll。

二日目のみ参戦される小隊員さんも名駅でお会いしたりして過ごし、ソフマップさんへ向かいました。

ソフマップさん入り口で、電脳猫さんやPPPさんともばったりお会いしたりして驚きましたw

ソフマップさん店内では、パフューキーのメンバーさんともばったり。

ご挨拶をしたら、快くお話して下さいました。

そして目当てのモノをパチリ!
IMG_0012_convert_20120303035535.jpg

IMG_0013_convert_20120303035630.jpg

その後は、地下街でひつまぶしっ!
Am4NtecCEAApy6x_convert_20120303040427.jpg
jefferietube‏さんのお写真を借用^^

ひつまぶし・・・たいへんおいしゅうございました。高かったけど・・・。

財布の中身はかなり減りましたが、お腹は一杯になったのでガイシに向かいました。すると・・・名古屋駅で怪しい人影が・・・。

誰だったかは、本人の名誉の為に伏せておきましょう。かなり怪しい人だった・・・との噂ですw

昨日に引き続き、ガイシに到着。すでに賑わってました!
IMG_0041_convert_20120303201149.jpg

昨日はアリーナ入り口の写真を撮らなかったので空いているうちにパシャ!
IMG_0040_convert_20120303204638.jpg

あまりお話するお時間も無かったのですが、スナフキン氏や、すれっじはま~氏、かしゆ鉋でお馴染みのヴォー・グエン・ゼップ氏にもお会いすることが出来ました。

こういった繋がりって、本当に楽しいですね。

なんだか、不思議な感覚に襲われます。

さぁ、そろそろ開演30分前です。会場に入ることにしましょう!


あっという間の2時間40分(時間はうろ覚えですw)

なんと時の経つのが早いのでしょう・・・。

この今日のライヴのチケも、わざわざ連れの方が急遽行けなくなったので余りものですがいかが?って声をかけてくださったチケでした。

もちろん、定価で譲って下さいました。

座席番号はアリーナの27列41番です。

なんと、出島正面の4列目。ステージのど真ん中です!!

3人が出島に並ぶと、3人の真ん中の立ち位置と私の席が、1直線に並ぶぐらいのど真ん中!

出島で歌い踊る3人と、ステージの映像を同時に観られる位置の席は、4回目にして初めて!!

出島との距離的には、初日の方が近かったけど、それでも5~6m程度の距離でしょうね。

なんと私はついているのでしょう。本当に怖いくらいです。

昨年、RIJF2011のPerfume直筆サインTシャツが当たってから、Perfume関連はつき過ぎです。
サインT-1

そんな事を思いながら、置かれたパイプ椅子に座り、周りを見回しました。

私の右横も左横も後ろも前も女性でした。

ライヴが始まれば、私はどうしても夢中になって、周りの事を考えずはしゃいでしまうので、これは、粗相がないようにしなければと、ちょっと焦り気味><;

定刻になると同時に、手拍子が沸き起こりました。

その手拍子もだんだんと大きくなり始め、嫌が応にもテンションが上がってきます!

場内アナウンスはまもなくスタートですと告げ、席にお戻り下さいと催促しています。

そして、暗転!

さぁ、ガイシホール二日目のスタートです!


放心状態で会場から外に出る。

夜風が熱い体に心地よい。

ばらばらだった仲間が集まってきた。

ふと横を見ると、主婦ゅ~むさんたちがいらっしゃる!

仲間が、記念撮影を申し出ると快諾下さいました!

あらぁ~ようつべでお見かけするよりも美人さんじゃあ~りませんか!

き、緊張しますなぁ><;

そしてシャッターを切る!
IMG_0053_convert_20120303224822.jpg
主婦ゅ~むのみなさん、ありがとうございました!

そして、感動覚めやらぬ私達は、名古屋の夜へと消えてゆくのである・・・。

そういえば、夜間演習の会場での最後のデザートは、お店側のご配慮?でこんな感じのデザートでした!
IMG_0054_convert_20120303225135.jpg

こんな調子で、宴会は朝まで続くのであった・・・まる。


ガイシ公演二日目総評!

ものすごく感動しました。初めて正面から3人を観たのです。

ダンスの振り付けも、基準は正面から観てどう映るのかでしょうから、位置的にはベストポジションだったでしょう。

東京ドームでベルギーから来た「ワッフルレーザー」(正式名称は知りませんw)の虹色の輝きは、言葉では表せません。


ちょっとここからMCネタバレです。

最初のMCはいつものっちが切り込み隊長なのですが、今回はかしゆかが第一声でした。のっちとあ~ちゃんは、ステージの袖で、いつも通り汗を拭いたりしてました。

そしてお客さんイジリのコーナー。

3人が出島に出てきて、目に付いたお客さんと他愛も無い会話をしてくれるんですが、なんと「後方支援小隊」タオルに触れて下さいました!

当初、待ち合わせの目印として使われてたタオルなんですけど、出来栄えの良さに仲間内で広まったタオル。

元来の製作目的は、Perfumeの海外進出を願い製作されたもの。

製作者さんは常々「Perfumeが海外に行ったら、このタオルを持って応援したい」って言ってました。

でも、それは神戸(1月14日)での事。その内、海外進出もあるだろうとは思ってたけど、まさかこのタイミングでレコード会社を移籍してまで取り組んでくるとは誰も思ってませんでした。

私も舞い上がってしまってたので、Perfumeの3人とのやり取りをはっきり覚えてませんが、そのタオル・・・どうしたん?という質問に、自主制作って答えたものの、はっきり聞き取れなかったようで、すれ違いな会話が続きました。

でも、「海外に行ったら持って行きます!」(海外公演ではこれで応援します)と精一杯の大声で答えられてましたね。

その言葉に、会場のお客さんも沢山拍手を下さってました。

そう答えたのは、タオルを作ってみんなに配ってくれたご本人でした。他人事ながら、よかったねぇ~って胸が熱くなりました。

彼の口から何度も、Perfumeが夢をかなえて海外公演に行ったら、このタオルで応援するんだと聴いていたので、Perfumeの3人に気付いてもらって、声をかけてもらえるなんて、めちゃくちゃ嬉しかったでしょう。こんな事書いたら怒られるけど、飲み会では感激で泣けてくるって言ってましたw

後方支援って言葉も出ていましたが、これは私設応援団やファンクラブなどではなく、一個人の方が綴っておられるブログ名から来ています。そのブログのコメント欄がきっかけで知り合った仲間に、そのタオルを待ち合わせの目印として配ったのがそもそもの始まりなので、便宜上そう呼んでいるだけです。

そんなこともあったりしたので、私自身舞い上がっていまいましたねw

アンコール前のMCだったかな(うろ思えで申し訳ないです)?

昨日に引き続き、移籍の話とこれからの展望を語られてました。

そしたら・・・ゆかちゃんが・・・(つд`) アウゥっと涙・・・。

のっちも心なしか大きな目がウルウルしてるように見える。

あ~ちゃんは、ぐっと涙を堪えるようにして、言葉をかみ締めるようにして話を続けている。

でも、もう目には溢れんばかりの涙が・・・・。

内容的には昨日の言葉をなぞってた感じでしたが、どうも今回のライヴはいつもと雰囲気が違ってた。

ものすごく生き生きしているのだ。

昨日もそんな楽しそうなPerfumeの記事を書いたけど、昨日とは格段に会場の盛り上がり方や反応が違ってたので、あ~ちゃんが言葉を選びながら話す一言一言がやけに胸に沁みる。

昨日は昨日で、今迄で一番楽しかった最高のライヴだと思った。

でも、またその上書きを見事にしてくれた。

そんなせいかどうかは分からないけど、「日本をこれまで以上に大事に活動していく」とか「みんなの夢を乗せて、新しい挑戦をします」という決意表明にも似た言葉達が、激しく心を揺らす。

あ~ちゃんの会話の合間合間は、場内はシーンとしているんだけど、その束の間のしじまに、会場のあちこちからすすり泣く声が聞こえる・・・。

それにふっと気がついて、周りを見回すと、私の席の横の女の子達、後ろの女性たちも泣いてるんだよ。

それに気がついたら、私も居ても立ってもいられないくらいに目の奥がじ~んと熱くなってくて、涙を堪えるのに必死だった・・・。

今までライヴで泣いた事なんて一度も無かった。もちろん、Perfumeのどのライヴでも感動はするものの、涙が出そうになる事は無かった。

でも、今回だけはどうにもならなかった・・・。

今にして思う。

こんなライヴって、世界中を探しても無いだろうって。

別に、お涙頂戴のバラード曲だって1曲も無い。誰も泣かそうとして話をしているわけでもないし、お客さんも苦労話でかわいそうだなぁ~ってもらい泣きしてるんじゃない。

歩みを止めることなく、未来に向けて再び挑戦します。でも、日本は決してないがしろには絶対にしませんって言ってるだけなんだよ。

それなのに、泣けてくるのは何故なんだ?

私はふっと思った。

もしかしたら、Perfumeに共感して・・・つまり、観に来ているお客さんも、Perfumeが体験してきたこれまでの出来事を思い出して、こんな所(世界を狙えるポジション)まできたんだって泣いているんじゃないか?

つまり、その涙は悲しみの涙じゃなくて、ここまでやってきたぞー!っていう、うれし泣きなんじゃないかって・・・。

私なんか、Perfumeを知ってからまだ1年強。

Perfumeのメンバーの心なんか、分かってるようで分かるはずもない。

彼女達の努力と体験してきた道のりと苦労を、私は微塵も理解してないだろう。

それでも・・・そんなやつでも、とうとう堪え切れなかった。

なんなんだ一体。

これはどういうことなんだ?

あの時のあの空間は、きっと・・・。

いやぁ、考えすぎだろう。

これ以上はどうしても陳腐な言葉しか浮かんでこない。

それは、あまりにもPerfumeの門出に相応しくないな・・・。

さぁてと、今日はここらで筆を置くとしよう。

最後まで付き合って読んでくださった皆様、ありがとうございました!
関連記事
Flashカレンダー
Perfume だいじょばない PV風?

私が大好きなMAD製作者さん「FD22009」氏の作品です! 

お気に入りre-mix!

Perfume - 「Lovefool」ssBullet Pepsi Nex Remix with English Lyrics

きりひととは?

きりひと

Author:きりひと
「きりひと」と申します!
関西に生息しています!おっさんです!
人生は転がる石のようなもの。自然体で行きましょう。
コメントは大歓迎です。
誤字・脱字は大目に見てやってください^^;

最新記事(webslice付)
カテゴリ
コメント+トラックバック

コメント及びトラックバックを表示します。

Comments<>+-
Trackback <> + -

コメント&トラックバック、ありがとう!

PD過去記事!

月別過去記事をプルダウンで表示します

 
きりひとの単なる呟き

戯言のような呟きなので、聞き流してください><;

ブログ成分分析
syncopation!の成分分析
「Perfume Archive」

きりひとが独断と偏見で綴る、Perfumeデーターベースです!いつも通りの思い込みや、勘違い、独断と偏見、誤字脱字満載なのが玉に瑕! 亀の歩みよりのろいペースですが、内容はぼつぼつと充実させていきたいと思ってますので、温かい目で見守ってて下さいねぇ~♪

【Perfume Chronology 年表】をクリック!!
Perfumeダンシングクロック風メッセージ(たまに違う人が時を告げますw)
PDタグリスト

タグを多い順にプルダウンで表示します。

 
日本一ちっちゃいかもしれないギターコードブック
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
リンク集
ミドリカワ書房布教掲示板

ミドリカワ書房 待望のNEWアルバムっ!

タグクラウドとサーチ

二日目
真鍋大度 Rhizomatiks LEVEL3 samt Perfume 中田ヤスタカ Sleeping Beauty 台湾 KKBOX GAME 関和亮 LIVE MONSTER 1mm 中村正人 Clockwork 国立競技場 edge NIGHT JAPAN Sweet Refrain いじわるなハロー Cling アミューズ BEGIN flumpool ポルノグラフィティ あ~ちゃん 高橋優 コミュニケーション ぐるんぐるん 代々木 最終日 POLYSICS amazarashi あんたへ Five 大瀧詠一 Turbo サマソニ 楽しみ方 RIJF CDJ ライブ ライブレポート 京セラドーム CAPSULE RIJF2013 TK 凛として時雨 LOCK CAPS 奥田民生 サンボマスター アルバムレビュー MIKIKO WT1 張さん 訃報 マキシマムザホルモン サマソニ2013 VOLBEAT BABYMETAL 舞洲 MEW Metallica 幕張 ハリバリ ソニマニ2013 MoL 安全地帯 大トリ KREVA 玉置浩二 トータス松本 10-FEET グループ魂 阿部サダヲ クリープハイプ 赤い公園 きゃりーぱみゅぱみゅ サカナクション ハム焼き 渋谷陽一 ひたちなか ワンオクロック MV Soupnote 予襲復讐 ワールズ・ロンド BBQ つま恋 HaKU Zepp 麺カタ Nanba ナヲ姉 ダイスケはん だいじょばない Rós Sigur Kveikur 性善説 ねぇママあなたの言うとおり ニンジャーライト なんばHatch Nagoya アミューズフェス Perfumeフェス 石井ゆかこ 船山祐幸 清野雄翔 (T)HERE 馬場智也 megg 大野賢治 ストライクカンパニー knave SoL Burly Hurly ポイント Drum'n'Bass 木の子 未来のミュージアム 寒竹ゆり 俺たちの明日 宮本浩次 ねえママ エレファントカシマシ あなたの言うとおり Vol.2 Pa!と楽しく遊ぼうライブ! P.T.A. Vol.1 U-EXPRESS2013 メトロック Swich バルデコ コメダ 山本屋 ystk 世界の山ちゃん ドラえもん 掟ポルシェ CDJ12/13 NF CDTV Perfumeドキュメント今世界へ WOWOW 紅白歌合戦 クリスマス 坂本龍一 Carey ソング Song Christmas Wham! Mariah Joel Billy 音楽と人 9nine TV WHAT's Bros IN? シンガポール マーライオン セトリ ライヴヴューイング ワールドツアー 香港 グローバルコンピレーション アルバム レヴュー LTW ライヴ Studio 松山空港 出待ち Neo 台北 VINTAGE TROUBLE 舞洲会場 プリプリ サマソニ2012 田中裕介 Samt スリの被害 木村カエラ 9mm RIJF2012 BAWDIES 藤巻亮太 秦基博 capsule アジアツアー JPNDVD ごめんなさちゃんといえるかな ライヴレポート BIGCAT 広島公演二日目 リップシンク 中断 Dream 口パク Fighter JPNツアー time my Spending all VMAJ2012 リンキン・パーク 舞-rhythm- 豊川真奈美 秋田ひろむ アルバムレヴュー ラブソング オフ会 ごめんなさいちゃんといえるかな 秋田つとむ YKBX ファンデーション リニアモーターガール ドライビング コンピューター 引力 BEE-HIVE のっち 蜜蜂達のはばたき タイム・トゥ・ゴー ビタミンドロップ おいしいレシピ パッパッパッパッパッパッPerfume エレベーター スーパージェットシューズ ASH ぱふゅ~む 河島佑香 かわゆか clubTK トラブル OMAJINAI☆ペロリ モノクロームエフェクト 彼氏募集中 デオデオ 福山夏まつり サマーナイトふれあいフェスタ 広島駅前盆踊り 元町音楽祭 福山バラ祭り 基町クレド フラワーフェスティバル 広島 2002 ジェニーはご機嫌ななめ ピーターラビットと私 サンリオピューロランド スウィートドーナッツ シークレットメッセージ 亀戸サンストリート 学園祭 武蔵野美術大学 コンピュータードライビング リリースイベント コンプリートベスト ラクーアガーデンステージ イミテーションワールド シークレットメッセージ 国吉規人 パッパラー河合 田中花乃 CD情報 PerfumeArchive もみじレーベル CDrelease 年表 Chronology しじみのダンス フラッシュモブ 振付師 Choreographer Choreo-Director CM 氷結 夏フェス SLS2012 RSRF2012 海パーン!!! 沖縄 宜野湾 セラミクロニ ライヴレポ セットリスト 打ち上げ公演 バズーカ レポ カノン ピーターガブリエル 動員数 アイドル アーティスト 武道館4days 海パーン! JPNスペシャル 元楽 武道館 サンストリート 追加公演 初日 荒木飛呂彦 Mステ 火曜曲! Mラバ ハリセンボン マフラーさん MUSIC Mamume 土田晃之 火曜曲 LOVERS 雑誌 BOMB 2008年5月号 KEN ワースト記録 CD売上 ビリー・ジョエル オリコン Zanzibar 氷結スペシャルBOX クイックジャパンvol.70 ファン・サーヴィス〔スゥイート〕 インタヴュー はむつんサーブ QUEEN アニメーションダンス Bae 神保彰 Sandra Castellano Richie ぱふゅーむ アキハバラブ 桃井はるこ ANSWER PON 王様のブランチ Happy Music やじうまテレビ セマイドル モーニングバード 魁!音楽番付 ZIP ハルノハコ スプリングオブライフ Records Spring Life of フラゲ 二日目 広島グリーンアリーナ 大阪城ホール MTV VMAJ スプリング・オブ・ライフ ティザー 鮎貝健 GO!FES2012 BENI 倉木麻衣 ステレオポニー 加藤公隆 ロイター グローバルサイト 渡辺晋賞 キャンディーズ 大里洋吉 ガイシ 移籍 シューシングル ユニバーサルミュージックジャパン 重大発表 沖縄・宜野湾 touch ブログ用名刺 i-Pod USB出力付きリチウムイオンバッテリー 充電器 クレランス・クレモンズ ブルース・スプリングスティーン レッキング・ボール こしじまとしこ 誕生日 福岡国際センター 朱鷺メッセ ロッキングオン・ジャパン 高橋幸宏 テイ・トウワ スペースシャワーTV ねごと 水原希子 さかいゆう 東京事変 Superfly salyu×salyu □□□ androp カモメ 9mmパラベラム・バレット 入手杏奈 ザ・グローリー・ゴスペル・シンガーズ 新潟コンベンションセンター 願い (Album-mix) ココロの粒子 日本武道館 タケカワユキヒデ ゴダイゴ HOTSTUFF 80KIDZ 横部正樹 浮雲 刄田綴色 伊澤一葉 亀田誠治 椎名林檎 color bars さいたまスーパーアリーナ 宇多丸 西脇彩華 ちゃあぽん クイックジャパン 物販 サイリウム マメ知識 グッズ 神戸ワールド記念ホール 日本ガイシホール 1/15 JPNツアーグッズ Perfukky 1/14 解散 桑田佳祐 斉藤誠 原由子 中重雄 みんなで元気になろうぜ!!の会 片山敦夫 横浜アリーナ 動画 原発 忌野清志郎 ミドリカワ書房 植村花菜 アジカン YUKI ツアーグッズ ひとり股旅 レーザービーム 矢野顕子 厳島神社 ポール・マッカートニー ビング・クロスビー 山下達郎 クリスマスソング ジョン・レノン ディーン・マーティン エンヤ ジム・キャリー クリスマス・キャロル 高中正義 松任谷由美 山寺宏一 ジャクソン5 Locks! のちお 平成23年度文化庁メディア芸術祭 微かなカオリ スパイス GLITTER MVレヴュー JPN 大阪追加公演 AKASO 千年幸福論 週間アルバムランキング オリコンランキング ちびゆか 宗像明将 Mexico 児玉裕一 島田大介 テレフォン・ショッキング 小室哲哉 Listen♪ ANN 9ジラジ おに魂 P.T.A.MAGAZINE 幸せの青い封筒 ロック・キッズ802 ミュージック・マガジン12月号 マジカル・サーフィン パフューム・ロックス キューティクル妖怪 ビートルズ 山下和仁 所ジョージ ワールド・オーダー 須藤元気 YMO ムーンライダース しらふ 古いSF映画 Ciao! ジェフ・ベック クロスロード・フェスティバル エリック・クラプトン タル・ウィルケンフェルド デレク・トラックス スライドギター カミスン 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ ジャケ写 音楽と人12月号 ロキノンJ12月号 就職氷河期 RIJF2011 ダンスコンテスト Julian Lennon マサユメ カーネーション 吉井和哉 ダチョウ倶楽部 ヒカシュー kiseki 秋にのぼせろ 2011ASF 東日本大震災 義援金 セブンーイレブン 斎藤誠 Misirlou 河村“カースケ”智康 宮城ライヴ 森山未來 夜明けのBEAT 麻生久美子 モテキ 久保ミツロウ フジファブリック 長澤まさみ 大根仁 モテキナイト 全ては妄想 夏を待っていました 4大重大発表 ビートニクス WH2011 手塚治虫 ワールドハピネス2011 ハンサム過ぎて ドリフェス2011 ユニコーン ヒゲとボイン ビーチ・ボーイズ ティモシー・B・シュミット ビビアン・スー ささきのぞみ 愛と欲望の日々 サザンオールスターズ フェスティバルホール ウルフルズ 氣志團 踊るダメ人間 筋肉少女帯 CDJ11/12 ええねん Mop Retronix Head Joy-Feared Of サマソニ2011 モンバス2011 JA2011 VOICE ピアノ泥棒 JOY そのぬくもりに用がある リライト RIJF2010 GPF2010 うたの日2010 RIJF2009 モンバス2010 SEVENTH HEAVEN ポリリズム サンマリ2008 モンバス2008 RIJF2008 サマソニ2007 GPF2008 サマソニ2008 デジタルスープ 手島いさむ 阿部義晴 Z 吉田拓郎 高野寛 新しい文明開化 女の子なら誰でも 大発見 空が鳴っている 愛にのぼせろ 恍惚の人 母さん 平野文子 rega Hello! KORN 岡村靖幸 COMPLEX 布袋寅泰 rei harakami yanokami 魔法にかけて! JOIN ALIVE HEY!HEY!HEY! 音楽の日 MEGARYU 泉谷しげる ソウル・フラワー・ユニオン 君は僕のものだった LOCKS! 能動的三分間 スポーツ シーズンサヨナラ ドリームフェスティバル2011

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。