スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

amazarashi/ラヴソング アルバムレヴュー

20120517194052.jpg
amazarashi「ラブソング(初回限定盤)」
[CD] 2012/06/13発売 2800円 Sony Music Associated Records AICL-2380

amazarashi「ラブソング(通常盤)」
[CD] 2012/06/13発売 2500円 Sony Music Associated Records AICL-2381

曲目リスト「初回限定版」
0.-op-
1. ラブソング
2. ナガルナガル
3. セビロニハナ
4. ナモナキヒト
5. ハレルヤ
6. アイスクリーム
7. アポロジー
8. カラス
9. ハルルソラ
10. 祈り
11. 祈り ~pray for world~


2012年6月13日にソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズから発売予定の、日本のロックバンド、amazarashiの2枚目のスタジオアルバムである。

通常盤と初回限定盤の2仕様で発売予定。初回限定盤には、ミュージックビデオ等に登場するキャラクターが出演するゲームが収録されたCD-EXTRA、ライブツアー「ごめんなさい ちゃんといえるかな」の2012年7月8日Zepp DiverCity公演のUstream生放送視聴用コードが収録される。

収録曲「祈り」は、2011年の東日本大震災受け、同年3月16日に公開した詩[3]を楽曲化したもで、2012年3月11日に公式ウェブサイト上で期間限定で公開、「アポロジー」は同年4月23日から24日の24時間限定で公開された。

5月16日には、YKBXがディレクターを務めた「ナモナキヒト」のミュージックビデオ、6月4日には、「ラブソング」のミュージックビデオが公式ウェブサイト上とYouTubeのオフィシャルアカウント上で公開された。
・・・wikiより抜粋。


じっくり、音楽を・・・歌詞を・・・噛締めるように聴いてます。

やっぱり、amazarashiの曲は・・・「痛い」ッスなぁ~。

確かに、今までにも素晴らしく胸に刺さる「歌詞」を書く人は多かった。

個人的には「さだまさし」さんの歌詞も好きだ。ただ、音楽が私には合わないので、私の音楽ライブラリーにはないけどね。

基本的には、私にとって「歌詞」などどうでもよいものなんだ。

「歌詞」なんて、音楽という刺身の「ツマ」だった。

だけど、amazarashiを聴いたとき、初めてその「ツマ」が美味しいと思ったんだよね。

美味しいんだけど、その味はとても辛い。

なんだか「血の味」がしたような気がした・・・。

さて、前置きはこのくらいにしておいて、私の独断と偏見に満ちたアルバム・レヴューに参りましょう!


0.-op-
秋田ひろむがこう呟く・・・「ごめんなさいなんて言いたかねぇや」

1. ラブソング
重くのしかかる様なドラミングとピアノの音がもうamazarashiワールド。

曲名が「ラブソング」だけに、あま~い曲調を想像してたのだが、冷静に考えると、そんな短絡的な歌を作るわけないよね。

インタヴューでは売れる(金になる)事を大前提に作られた「ラブソング」を皮肉って歌にしてみたとの事。

この現代の音楽産業で溢れかえってる「商業主義」の対する痛烈な皮肉。

CDだって売れれば良い。勝てば官軍。こちとら慈善事業じゃねぇんだよ、甘いこと言っててCDは売れない。この俺がCDを売ってこの業界に貢献してる。それのどこが悪い!!

こうは言わないけれど、こんな風に思ってる音楽プロデュサーやレコード会社の多いことw

違法ダウンロードやリッピングに関する法律問題も、根本の「売れない原因」を見落としてるしね。

新しい法律を施行して、どんどん違反者を取り締まればいい。

それでCDの売り上げが伸びるかどうか・・・私は楽しみにしてる。

おっと!脱線しちゃいましたが、今の音楽業界の現状をうまく表現してるのがこの「ラブソング」と言えるだろう。

ははは!お笑い種だ! この「ラブソング」を歌ってるのも、その業界のレコード会社からCD出してるじゃないか!「目糞鼻糞を笑う」とはこの事だな!

まさしくその通り!

消費せよ!消費せよ!・・・・・この言葉が、街中に溢れかえってるぜぇ!

2. ナガルナガル
スピード感と力強いビート。

時も時代も移り変わり、価値観さえも移り変わっていくものだ。

昨日笑われた君の本気は、捨てては駄目だ。もう君の番だよ・・・ってな風に歌われてる。

笑われたって、君は君だ。そして、私は私・・・。

メジャーなものが良い物とは限らない。そうなんだよね。きっと・・・。

3. セビロニハナ
ポエトリーリーディング。

イントロから繰り返される、アコギのリフが心地よい。

4. ナモナキヒト
何か辛いことがあったりすると、孤独感に襲われることがある。

そんな時、家族や恋人や・・・そんな人たちが支えになってくれる。

でも、家族や恋人なんかがいなかったら。

たとえ、いたとして、どんなに優しい言葉をかけてくれたり、抱きしめてくれたりしても、拭えない孤独感ってあるんだ。

この曲を聴いたとき、私は涙が止まらなかった。

amazarashi/ナモナキヒト

一人の夜の寂しさを 言い訳にしてみても
傷つける為の言葉は 空しくなるだけ それでも
心に穴が空いて そこに流れ込んだ泥水は
全部吐き出さなきゃ 苦しくても吐き出さなきゃ

上手くいかないときは 何をやっても駄目で
駄目だ駄目だって思ってりゃ 上手くいくもんもいかないよな
カーテンの隙間から 朝日が急かしやがるんだ
もう出掛ける時間だよ しょうがない出掛けるか

名も無き僕 名も無き君 何者にもなれない僕達が
ぼろぼろに疲れ 流れ着いた街で たった今すれ違ったのだ
それを 出会いと呼ぶには つかの間過ぎたのだが
名前を付けてくれないか こんな傷だらけの生き方に

誰かが君の事を 悪く言っていたとしても 大丈夫
人の生き方は 良い悪いではないのだ
目の前の分かれ道の 選択に悩みこそすれど
それを不正解と言ってしまう選択こそ 最も不正解なのだ

上手く行かない時は 人のせいにしそうなもんで
それを自分のせいにしてる 君は優しすぎるから
駅のホームでも ため息さえ飲み込んで
息を詰まらせているのは 全く君らしいよ

名も無き僕 名も無き君 何者にもなれない僕達が
ぼろぼろに疲れ 流れ着いた街で たった今すれ 違ったのだ
それを 運命と呼ぶには ありふれていたのだが
名前を付けてあげるのだ その傷だらけの生き方に

人知れず流した涙 隠していた悔しさ
名付けられる事無い 詠み人知らずの悲しみ
ビルの風に舞い上がり 路地の隅に吹き溜まる
始めから無かったみたいに忘れるか
僕達の名も無き悲しみは 今こそ讃えて然るべきだ
僕達の名も無き悲しみは 君に見つけられるのを待っている

名も無き僕 名も無き君 何者にもなれない僕達が
ぼろぼろに疲れ 流れ着いた街で たった今すれ違ったのだ
それを 必然と呼ぶには 瑣末過ぎたのだが
今こそ 名前を呼び合うのだ この傷だらけの生き方の
名も無き人


「上手くいかないときは 何をやっても駄目で 駄目だ駄目だって思ってりゃ 上手くいくもんもいかないよな カーテンの隙間から 朝日が急かしやがるんだ もう出掛ける時間だよ しょうがない出掛けるか」

こんな経験は、お金持ちだって、貧乏人だって、社会人だって、学生や生徒だって・・・どんな人だって経験あると思う。

「僕達の名も無き悲しみは 今こそ讃えて然るべきだ 僕達の名も無き悲しみは 君に見つけられるのを待っている」

「名も無き僕 名も無き君 何者にもなれない僕達が ぼろぼろに疲れ 流れ着いた街で たった今すれ違ったのだ それを 必然と呼ぶには 瑣末過ぎたのだが 今こそ 名前を呼び合うのだ この傷だらけの生き方の 名も無き人」

世界中の「ナモナキヒト」たちは、色んな悲しみを抱えて、今日も生きている。

そんな人たちへの賛歌。

決して、君一人ではない。

いつか、私たちのナモナキカナシミにも、名前が付けられる時が来る。

「僕達の名も無き悲しみは 今こそ讃えて然るべきだ 僕達の名も無き悲しみは 君に見つけられるのを待っている」

5. ハレルヤ
この曲はドラム&ベースが個人的に大好き!

やっぱり、リズム隊の演奏がしっかりしてると、心地よく音楽に乗れるよね。

amazarashiの曲は、曲調が暗くても明るくても基本的に「応援歌」。

音楽はそうでなきゃねw

6. アイスクリーム
ポエトリーリーディング。

複雑に交差する音楽とちょっと諦め気分の詩は、いつもの日常のかけらだ。

7. アポロジー
6月末から始まる東名阪ツアーのタイトルともなった歌詞「ごめんなさい ちゃんといえるかな?」はこの曲から取られている。

子供の時にはよく大人からこういわれたものだ。

でも、大人になると、すぐに自分の過ちを認めようとせず、他人や社会のせいにしようとする。

自分の過ちを認めることは辛いものだ。それなりのペナルティーを科せられる可能性もあるし、自分の自尊心も傷付けられる。

それだけに「勇気」が必要だ。

あなたは・・・「ごめんなさい ちゃんといえるかな?」

8. カラス
雪を踏みしめるようなSEをバックに、朗読が始まるポエトリーリーディング。

豊川真奈美氏のピアノが、心を洗ってくれるようだ。

後半のスキャットは物悲しさを増幅させるね。

むつ市というキーワードが出てくるので、秋田氏の出身地でもある「青森県むつ市」の情景を歌に下のかもしれない。

9. ハルルソラ
ピアノとギターが織り成すイントロが、Aメロ~サビへと滑らかに移行する。

雲一つない晴天のような感覚に陥ること間違いないね!

爽やかな曲調がこのアルバムではちょっぴり異質かなw

10. 祈り
前回のアルバム「千年幸福論」の時にもこの曲の詩は公開されてましたね。

どんな曲がつくのかが楽しみだったけど、ちょっと期待はずれ・・・というか、想像してた感じの曲調だった。

新しさを感じなかったが、このアルバムの締めくくりとしてはいいんじゃないかな?

11. 祈り ~pray for world~
CD-EXTRA用? なんだか興味が沸かなかったので、まだ観て(聴いて)おりませんw


このアルバムは、近年のamazarashiの集大成といっても過言ではない出来栄えだと思う。

特に、秋田氏の世界観は確立しており、これぞ「amazarashi」というアルバムだ。

ただ、こういうスタイルは、良いにつけ悪いにつけマンネリ化してしまう恐れがある。

音楽面にしろ、詩にしろ、次なるステップへ向かって挑戦し続けてほしい。
関連記事
スポンサーサイト

amazarashi New Album「ラブソング」を購入&聴いてみたぜ!

20120517194052.jpg
amazarashi「ラブソング(初回限定盤)」
[CD] 2012/06/13発売 2800円 Sony Music Associated Records AICL-2380

amazarashi「ラブソング(通常盤)」
[CD] 2012/06/13発売 2500円 Sony Music Associated Records AICL-2381

曲目リスト「初回限定版」
1. ラブソング
2. ナガルナガル
3. セビロニハナ
4. ナモナキヒト
5. ハレルヤ
6. アイスクリーム
7. アポロジー
8. カラス
9. ハルルソラ
10. 祈り
11. 祈り ~pray for world~


12日のフラゲ日には間に合わなかったけれど、13日の発売日に初回限定版を買ってまいりました!

New Album発売の告知が公式から発表された当初、初回限定版と通常版の2種類が発売されることは分かっておりましたが、値段が300円ほど違うこと以外何の情報もありませんでしたね。

通常版は廃盤にならない限りいつでも買えますので、私は初回限定版を気に入ったアーティストさんなら買う事にしてますけれど、一体通常版と何が違うの?って思ってました。

その後、随時判明していきましたが、特典内容はこんな感じです。

【初回生産限定盤】
スリーブケース仕様、CD-EXTRA仕様、エクスクルーシブID封入
※CD-EXTRA・・・「祈り」のフラッシュコンテンツが収録。横スクロールのゲームで得点すると現れるパスワードでオフィシャルHPから壁紙がダウンロードできるようになります。
※エクスクルーシブID・・・amazarashi TOUR 2012「ごめんなさい ちゃんといえるかな」 7月8日東京公演のUstream生配信視聴コード

スリーブケース仕様やフラッシュゲームの参加IDも良いんですけど、なかなか面白いのが『エクスクルーシブID・・・amazarashi TOUR 2012「ごめんなさい ちゃんといえるかな」 7月8日東京公演のUstream生配信視聴コード』ですな!

私は、6月30日の大阪BIG CAT/amazarashi TOUR 2012「ごめんなさい ちゃんといえるかな」を観に行きますけれど、東京公演もユースト配信ながら、見られるのはほんとに嬉しい!

私はタワレコで予約して購入したんですけど、購入時にタワレコさんのこんな特典(応募件ですので、応募して当たらなければ貰えませんが・・・)も付いてきました♪
20120615174743.jpg
30名しか当たらないけれど、ポスターは大好きなんで即応募しました^^

それと、店頭購入特典でもポスターはついてきました。

このポスターは、購入するCDショップで異なってた(別ver.)ようですね。
20120615180206.jpg
*これはタワレコで貰ったポスターです。

初回版のCDの中身はこんな感じ。
20120615180524.jpg
相変わらず、YKBX氏のアートデザインはインパクトありますなぁ~。 CD盤面のイチゴのイラストもかわいいけど、ちょっと怖い感じw

肝心の曲については、また多少聴き込んでから書いてみたいと思います。

amazarashi TOUR 2012「ごめんなさい ちゃんといえるかな」ツアーも近づいてきましたし、アルバムも発売となって、こんなライヴ映像も公開となりました。

amazarashi 『LIVE「千年幸福論」』

前回の「千年幸福論ツアー」でも、ステージには半透明のスクリーンを前面に張って、そこに映像を投射しながらのライヴだったみたいですね。

クラブなんかで活躍してるVJの改良版とでも言いましょうか・・・う~ん、ちょっと違うか・・・。

ファーストライヴからこんな調子のライヴ。

最初は賛否両論・・・というか、なんじゃこれ!みたいな話の方が多かったし・・・。

MCも、オーディエンスへの愛想も、バンド紹介もなかったらしい。

まぁ、自分の目で確かめてきましょう!!

amazarashi/ラブソング


amazarashi/ナモナキヒト


【おまけ】
秋田ひろむへの3度目のメールインタビュー・・・ナタリーさん

──アルバムのオープニングを飾る「ラブソング」は、世にあふれる“ラブソング”とは一線を画す内容が実にamazarashiらしい楽曲だと思います。これはどんな思いから生まれたのでしょうか?

秋田氏:街中とかテレビとかで耳にする曲のほとんどがラブソングですよね。なんか多すぎて、ありがたみがなくなってきている気がして、それに対しての皮肉です。

──では、「ラブソング」をアルバムタイトルにした理由も教えてください。

秋田氏:「ラブソング」という曲は皮肉ですが、本来の意味での愛とか、それに付随する感謝とか、そういう曲が多かったのでタイトルにしました。
関連記事

amazarashi 2nd Album 「ラブソング」 2012年6月13日発売!!

20120517194052.jpg
amazarashi「ラブソング(初回限定盤)」
[CD] 2012/06/13発売 2800円 Sony Music Associated Records AICL-2380

amazarashi「ラブソング(通常盤)」
[CD] 2012/06/13発売 2500円 Sony Music Associated Records AICL-2381

曲目リスト
1. ラブソング
2. ナガルナガル
3. セビロニハナ
4. ナモナキヒト
5. ハレルヤ
6. アイスクリーム
7. アポロジー
8. カラス
9. ハルルソラ
10. 祈り


前回の1st full album 「千年幸福論」から、たった7ヶ月。 早くも2ndアルバムの発売が6月13日に決まりましたね。

収録曲は10曲。

曲数から言えば最近のアルバムでは少ない。

昔のアナログLPレコードだったら、8~10曲が普通だったけど。

それとCDも初回限定版と通常版の2種類か発表されてるんだけど、その違いが値段以外発表されてないw

値段と言っても300円の違いだけどね。

それからツアーも発表になってます。

amazarashi LIVE TOUR 2012「ごめんなさい ちゃんといえるかな」


2012年6月30日(土)大阪府 大阪BIG CAT
OPEN 17:00 / START 18:00

2012年7月1日(日)愛知県 名古屋E.L.L.
OPEN 17:00 / START 18:00

2012年7月8日(日)東京都 Zepp DiverCity
OPEN 17:00 / START 18:00

前回のツアー、丁度インフルエンザに罹患してて行けなかったからね><;

6月30日のチケも手配しました。

今度こそ、しっかり観てきたいと思いますよぉ~!

アルバム発売に伴い、MVも公開されてますのでご紹介します。

amazarashi/ナモナキヒト

夜の雨の情景って、なんだか悲しいんだけど、全てのしがらみを洗い流して欲しいってのが暗示されてるのかな?

このMVは激しい動きも、奇をてらった描写も無いけれど、私は凄く気に入ってます。

なんだか、Peter Gabrielの初期のアルバムジャケットに通じる、何かを感じます。

それは、恐れであったり、悲しみであったり、狂気であるのかも知れない。

きっと、それぞれのメタファーになっているんだろうね。
関連記事
Flashカレンダー
Perfume だいじょばない PV風?

私が大好きなMAD製作者さん「FD22009」氏の作品です! 

お気に入りre-mix!

Perfume - 「Lovefool」ssBullet Pepsi Nex Remix with English Lyrics

きりひととは?

きりひと

Author:きりひと
「きりひと」と申します!
関西に生息しています!おっさんです!
人生は転がる石のようなもの。自然体で行きましょう。
コメントは大歓迎です。
誤字・脱字は大目に見てやってください^^;

最新記事(webslice付)
カテゴリ
コメント+トラックバック

コメント及びトラックバックを表示します。

Comments<>+-
Trackback <> + -

コメント&トラックバック、ありがとう!

PD過去記事!

月別過去記事をプルダウンで表示します

 
きりひとの単なる呟き

戯言のような呟きなので、聞き流してください><;

ブログ成分分析
syncopation!の成分分析
「Perfume Archive」

きりひとが独断と偏見で綴る、Perfumeデーターベースです!いつも通りの思い込みや、勘違い、独断と偏見、誤字脱字満載なのが玉に瑕! 亀の歩みよりのろいペースですが、内容はぼつぼつと充実させていきたいと思ってますので、温かい目で見守ってて下さいねぇ~♪

【Perfume Chronology 年表】をクリック!!
Perfumeダンシングクロック風メッセージ(たまに違う人が時を告げますw)
PDタグリスト

タグを多い順にプルダウンで表示します。

 
日本一ちっちゃいかもしれないギターコードブック
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
リンク集
ミドリカワ書房布教掲示板

ミドリカワ書房 待望のNEWアルバムっ!

タグクラウドとサーチ

ラブソング
真鍋大度 Rhizomatiks LEVEL3 samt Perfume 中田ヤスタカ Sleeping Beauty 台湾 KKBOX GAME 関和亮 LIVE MONSTER 1mm 中村正人 Clockwork 国立競技場 edge NIGHT JAPAN Sweet Refrain いじわるなハロー Cling アミューズ BEGIN flumpool ポルノグラフィティ あ~ちゃん 高橋優 コミュニケーション ぐるんぐるん 代々木 最終日 POLYSICS amazarashi あんたへ Five 大瀧詠一 Turbo サマソニ 楽しみ方 RIJF CDJ ライブ ライブレポート 京セラドーム CAPSULE RIJF2013 TK 凛として時雨 LOCK CAPS 奥田民生 サンボマスター アルバムレビュー MIKIKO WT1 張さん 訃報 マキシマムザホルモン サマソニ2013 VOLBEAT BABYMETAL 舞洲 MEW Metallica 幕張 ハリバリ ソニマニ2013 MoL 安全地帯 大トリ KREVA 玉置浩二 トータス松本 10-FEET グループ魂 阿部サダヲ クリープハイプ 赤い公園 きゃりーぱみゅぱみゅ サカナクション ハム焼き 渋谷陽一 ひたちなか ワンオクロック MV Soupnote 予襲復讐 ワールズ・ロンド BBQ つま恋 HaKU Zepp 麺カタ Nanba ナヲ姉 ダイスケはん だいじょばない Rós Sigur Kveikur 性善説 ねぇママあなたの言うとおり ニンジャーライト なんばHatch Nagoya アミューズフェス Perfumeフェス 石井ゆかこ 船山祐幸 清野雄翔 (T)HERE 馬場智也 megg 大野賢治 ストライクカンパニー knave SoL Burly Hurly ポイント Drum'n'Bass 木の子 未来のミュージアム 寒竹ゆり 俺たちの明日 宮本浩次 ねえママ エレファントカシマシ あなたの言うとおり Vol.2 Pa!と楽しく遊ぼうライブ! P.T.A. Vol.1 U-EXPRESS2013 メトロック Swich バルデコ コメダ 山本屋 ystk 世界の山ちゃん ドラえもん 掟ポルシェ CDJ12/13 NF CDTV Perfumeドキュメント今世界へ WOWOW 紅白歌合戦 クリスマス 坂本龍一 Carey ソング Song Christmas Wham! Mariah Joel Billy 音楽と人 9nine TV WHAT's Bros IN? シンガポール マーライオン セトリ ライヴヴューイング ワールドツアー 香港 グローバルコンピレーション アルバム レヴュー LTW ライヴ Studio 松山空港 出待ち Neo 台北 VINTAGE TROUBLE 舞洲会場 プリプリ サマソニ2012 田中裕介 Samt スリの被害 木村カエラ 9mm RIJF2012 BAWDIES 藤巻亮太 秦基博 capsule アジアツアー JPNDVD ごめんなさちゃんといえるかな ライヴレポート BIGCAT 広島公演二日目 リップシンク 中断 Dream 口パク Fighter JPNツアー time my Spending all VMAJ2012 リンキン・パーク 舞-rhythm- 豊川真奈美 秋田ひろむ アルバムレヴュー ラブソング オフ会 ごめんなさいちゃんといえるかな 秋田つとむ YKBX ファンデーション リニアモーターガール ドライビング コンピューター 引力 BEE-HIVE のっち 蜜蜂達のはばたき タイム・トゥ・ゴー ビタミンドロップ おいしいレシピ パッパッパッパッパッパッPerfume エレベーター スーパージェットシューズ ASH ぱふゅ~む 河島佑香 かわゆか clubTK トラブル OMAJINAI☆ペロリ モノクロームエフェクト 彼氏募集中 デオデオ 福山夏まつり サマーナイトふれあいフェスタ 広島駅前盆踊り 元町音楽祭 福山バラ祭り 基町クレド フラワーフェスティバル 広島 2002 ジェニーはご機嫌ななめ ピーターラビットと私 サンリオピューロランド スウィートドーナッツ シークレットメッセージ 亀戸サンストリート 学園祭 武蔵野美術大学 コンピュータードライビング リリースイベント コンプリートベスト ラクーアガーデンステージ イミテーションワールド シークレットメッセージ 国吉規人 パッパラー河合 田中花乃 CD情報 PerfumeArchive もみじレーベル CDrelease 年表 Chronology しじみのダンス フラッシュモブ 振付師 Choreographer Choreo-Director CM 氷結 夏フェス SLS2012 RSRF2012 海パーン!!! 沖縄 宜野湾 セラミクロニ ライヴレポ セットリスト 打ち上げ公演 バズーカ レポ カノン ピーターガブリエル 動員数 アイドル アーティスト 武道館4days 海パーン! JPNスペシャル 元楽 武道館 サンストリート 追加公演 初日 荒木飛呂彦 Mステ 火曜曲! Mラバ ハリセンボン マフラーさん MUSIC Mamume 土田晃之 火曜曲 LOVERS 雑誌 BOMB 2008年5月号 KEN ワースト記録 CD売上 ビリー・ジョエル オリコン Zanzibar 氷結スペシャルBOX クイックジャパンvol.70 ファン・サーヴィス〔スゥイート〕 インタヴュー はむつんサーブ QUEEN アニメーションダンス Bae 神保彰 Sandra Castellano Richie ぱふゅーむ アキハバラブ 桃井はるこ ANSWER PON 王様のブランチ Happy Music やじうまテレビ セマイドル モーニングバード 魁!音楽番付 ZIP ハルノハコ スプリングオブライフ Records Spring Life of フラゲ 二日目 広島グリーンアリーナ 大阪城ホール MTV VMAJ スプリング・オブ・ライフ ティザー 鮎貝健 GO!FES2012 BENI 倉木麻衣 ステレオポニー 加藤公隆 ロイター グローバルサイト 渡辺晋賞 キャンディーズ 大里洋吉 ガイシ 移籍 シューシングル ユニバーサルミュージックジャパン 重大発表 沖縄・宜野湾 touch ブログ用名刺 i-Pod USB出力付きリチウムイオンバッテリー 充電器 クレランス・クレモンズ ブルース・スプリングスティーン レッキング・ボール こしじまとしこ 誕生日 福岡国際センター 朱鷺メッセ ロッキングオン・ジャパン 高橋幸宏 テイ・トウワ スペースシャワーTV ねごと 水原希子 さかいゆう 東京事変 Superfly salyu×salyu □□□ androp カモメ 9mmパラベラム・バレット 入手杏奈 ザ・グローリー・ゴスペル・シンガーズ 新潟コンベンションセンター 願い (Album-mix) ココロの粒子 日本武道館 タケカワユキヒデ ゴダイゴ HOTSTUFF 80KIDZ 横部正樹 浮雲 刄田綴色 伊澤一葉 亀田誠治 椎名林檎 color bars さいたまスーパーアリーナ 宇多丸 西脇彩華 ちゃあぽん クイックジャパン 物販 サイリウム マメ知識 グッズ 神戸ワールド記念ホール 日本ガイシホール 1/15 JPNツアーグッズ Perfukky 1/14 解散 桑田佳祐 斉藤誠 原由子 中重雄 みんなで元気になろうぜ!!の会 片山敦夫 横浜アリーナ 動画 原発 忌野清志郎 ミドリカワ書房 植村花菜 アジカン YUKI ツアーグッズ ひとり股旅 レーザービーム 矢野顕子 厳島神社 ポール・マッカートニー ビング・クロスビー 山下達郎 クリスマスソング ジョン・レノン ディーン・マーティン エンヤ ジム・キャリー クリスマス・キャロル 高中正義 松任谷由美 山寺宏一 ジャクソン5 Locks! のちお 平成23年度文化庁メディア芸術祭 微かなカオリ スパイス GLITTER MVレヴュー JPN 大阪追加公演 AKASO 千年幸福論 週間アルバムランキング オリコンランキング ちびゆか 宗像明将 Mexico 児玉裕一 島田大介 テレフォン・ショッキング 小室哲哉 Listen♪ ANN 9ジラジ おに魂 P.T.A.MAGAZINE 幸せの青い封筒 ロック・キッズ802 ミュージック・マガジン12月号 マジカル・サーフィン パフューム・ロックス キューティクル妖怪 ビートルズ 山下和仁 所ジョージ ワールド・オーダー 須藤元気 YMO ムーンライダース しらふ 古いSF映画 Ciao! ジェフ・ベック クロスロード・フェスティバル エリック・クラプトン タル・ウィルケンフェルド デレク・トラックス スライドギター カミスン 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ ジャケ写 音楽と人12月号 ロキノンJ12月号 就職氷河期 RIJF2011 ダンスコンテスト Julian Lennon マサユメ カーネーション 吉井和哉 ダチョウ倶楽部 ヒカシュー kiseki 秋にのぼせろ 2011ASF 東日本大震災 義援金 セブンーイレブン 斎藤誠 Misirlou 河村“カースケ”智康 宮城ライヴ 森山未來 夜明けのBEAT 麻生久美子 モテキ 久保ミツロウ フジファブリック 長澤まさみ 大根仁 モテキナイト 全ては妄想 夏を待っていました 4大重大発表 ビートニクス WH2011 手塚治虫 ワールドハピネス2011 ハンサム過ぎて ドリフェス2011 ユニコーン ヒゲとボイン ビーチ・ボーイズ ティモシー・B・シュミット ビビアン・スー ささきのぞみ 愛と欲望の日々 サザンオールスターズ フェスティバルホール ウルフルズ 氣志團 踊るダメ人間 筋肉少女帯 CDJ11/12 ええねん Mop Retronix Head Joy-Feared Of サマソニ2011 モンバス2011 JA2011 VOICE ピアノ泥棒 JOY そのぬくもりに用がある リライト RIJF2010 GPF2010 うたの日2010 RIJF2009 モンバス2010 SEVENTH HEAVEN ポリリズム サンマリ2008 モンバス2008 RIJF2008 サマソニ2007 GPF2008 サマソニ2008 デジタルスープ 手島いさむ 阿部義晴 Z 吉田拓郎 高野寛 新しい文明開化 女の子なら誰でも 大発見 空が鳴っている 愛にのぼせろ 恍惚の人 母さん 平野文子 rega Hello! KORN 岡村靖幸 COMPLEX 布袋寅泰 rei harakami yanokami 魔法にかけて! JOIN ALIVE HEY!HEY!HEY! 音楽の日 MEGARYU 泉谷しげる ソウル・フラワー・ユニオン 君は僕のものだった LOCKS! 能動的三分間 スポーツ シーズンサヨナラ ドリームフェスティバル2011

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。