スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観に行ってないけど、「テレビ朝日 ドリームフェスティバル 2011」

logo.gif

2011年9月23日~25日、東京・日本武道館にて「テレビ朝日 ドリームフェスティバル 2011」が開催されました。私が気になる出演者は、23日「ユニコーン」24日「Perfume」「東京事変」25日なし・・・といったところです。

このフェス。今年が初めての開催。とはいえ、主催がテレ朝という所もあり、かなり人気のあるミュージシャンが参加していますな。

とりわけ、24日はパフュさん・事変さんという私にとっては垂涎ものの二組が出るとあって、放置はできないのだが、開催場所が東京とあってはオイソレと観に行けるはずも無く、自宅で歯軋りしているほかはありません><;

せめて、日帰りができるといいんだけどねぇ。場所にもよりますが、ライヴが終わる20:30とか21:00まで観ていると、奈良まで帰れないもん・・・。

おっと、愚痴ばかりになりそうだから、本題に入りましょう!

セットリストについては、間違ってる可能性もあるので、ご注意を。

今回のフェスでは、きりひと的に気になるのは上記で申し上げました3バンド。まずは「ユニコーン」から。

【セットリスト】
①頼みたいぜ・・・「Z」
②手島いさむ物語・・・「Z」
③WAO!・・・「Z」
④レディオ体操・・・「ZⅡ」
⑤さらばビッチ ・・・「Z」
⑥オレンジジュース・・・「Z」
⑦ヒゲとボイン・・・「ヒゲとボイン」
⑧晴天ナリ・・・「ZⅡ」

やはりというか、あたりまえというか、最近のアルバム「Z」「ZⅡ」からの選曲となってますな。

その中でもただこの「ヒゲとボイン」だけ、アルバム「ヒゲとボイン」からのタイトル曲が入ってる。

う~む。思い入れがある曲なんだろうか?何故なんでしょうね。

ユニコーン/ヒゲとボイン


ヒゲとボインといえば、このPV。わけわかんない所が好きw

ヒゲとボインで何故、ガンマンと侍?

まぁ、昔からユニコーンは侍好きだよねw

ヒゲとボイン自体、1991年の作品だけど、今聴いても楽しくなる曲ですよね。

お次はPerfume。

【セットリスト】
①FAKE IT
②レーザービーム
③ワンルーム・ディスコ
-MC-
④Baby cruising Love
⑤ねぇ
P.T.A.のコーナー
⑥チョコレイト・ディスコ
⑦ポリリズム


夏フェスに引き続くセトリですな。

BcLは「モテキ」番宣の為だな。FIは破壊力満点で受けも良い曲なので、最早定番だし。チョコ~ポリは鉄板。

選曲自体に特徴は無く、安牌配置と言った所か。

来年1月から始まるツアーのセトリも気になるところだけど、今回の選曲はそのツアーにもBcL以外はそのまま当てはまりそう。

最後は東京事変

【セットリスト】
①空が鳴っている
②ハンサム過ぎて
③OSCA
④新しい文明開化
⑤能動的三分間
⑥電波通信
⑦女の子は誰でも
⑧閃光少女
 -MC-
⑨キラーチューン


2曲目の「ハンサム過ぎて」は、9月21日に発売された、最新映像を収めたミュージック・クリップ集「CS Channel」の収録曲。つまり、新曲ですね。

東京事変/ハンサム過ぎて


この新曲は、椎名林檎が作曲。作詞がなんと!!

同ミュージック・クリップはもちろん、近年の事変映像作品のほとんどを手掛ける映像クリエイター児玉裕一氏。

改めて、セトリを見ると、なんじゃこりゃぁぁぁ!と吼えんばかりの神曲たち。

うぐぐぐ・・・。やはり、観たかったなぁ><;

思わず、このセトリをipodに入れてしまったw
関連記事
スポンサーサイト

ユニコーン/Z レヴュー!

z.jpg
『Z』(ゼット)は、日本のロックバンド、ユニコーンの10作目のオリジナルアルバム。2011年5月25日発売。発売元はキューンレコード。オリジナルアルバムとしては『シャンブル』より約2年ぶり。DVD付初回生産限定盤、通常盤、Blu-spec CD盤、アナログ盤の4パターンが発売。今作の収録曲は約半数が阿部義晴の作曲となっており、オリジナルアルバムとしては結成以来初めて奥田民生の収録数を上回った。・・・wikiより抜粋。

2年前のアルバム「シャンブル」を聴いた時に思ったのは「ははぁ~ん、ユニコーンも安定期に入ってるな。」というのが第一印象でした。さて、今回のアルバムはどんな感じなのか。

それでは、私の独断偏見に満ちたアルバム・レヴューに参りましょう!


1.頼みたいぜ(作詞・作曲:奥田民生 Vocal:奥田民生

ロカビリー風味のロックナンバー。コーラスや、間奏のシャウトなんかは面白いんだけど、歌詞も曲も私個人では凡作なような・・・。この曲・・・1曲目にもってくる必要あったのかな?

2.Z LIFE(作詞・作曲:阿部義晴 Vocal:阿部義晴

各種ホーンを大胆に使った作品。間奏のブラスとてっしーのギターの絡みがいいね。本アルバムのタイトル「Z」はこの曲の歌詞から取られたらしい。

3.デジタルスープ(作詞・作曲:阿部義晴 Vocal:奥田民生

2011年4月27日発売で、前作より約11ヶ月ぶりとなる2011年第1弾シングル。本作から約1ヵ月後に発売されるアルバム『Z』の先行シングル。初回生産限定盤と通常盤の2形態で発売。初回盤はDVD付で、ユニコーン史上初の両A面シングルとしてリリース。初回生産限定盤と通常盤の2形態で発売。初回盤はDVD付。
尚、先行シングルとして「デジタルスープ」と両A面で発売された「ぶたぶた」「Z」未収録。

ユニコーン/デジタルスープ

ん~。この曲がトップバッターでもよかったんじゃない? 素晴らしい出来じゃないか!阿部B・・・最近良い曲書くね。

4.手島いさむ物語(作詞・作曲:手島いさむ Vocal:手島いさむ

前回の「オッサンマーチ」の延長線上なんだろうかね?コーラスとの掛け合いが楽しいね。

解散前のてっしーはライヴで着ている衣装も一人ハードロッカーだぜぇ!って雰囲気だったけど、再結成後は年とったせいか、変にカッコつけたところが無くなって、曲も良くなった。ヴォーカル面では少し物足りないけど、私好みの曲ですな。

5.AGONY(作詞・作曲:EBI Vocal:EBI

ベーシスト堀内一史氏の作品。曲名のAGONY・・・意味が分からなかったので調べてみたら・・・(精神または肉体の)激しい苦痛,もだえ 苦しみ,苦悩・・・だそうです。なるほど、重苦しい曲なわけだ。

6.SAMURAI 5(作詞・作曲:阿部義晴 Vocal:阿部義晴

阿部Bの軽快なロックナンバー。文句なくカッコイイ!! 間奏の語りも阿部さんらしくて楽しい。ライヴには持って来いの曲。

7.明日(作詞・作曲:奥田民生 Vocal:奥田民生

カウベルとブラスがイカシた奥田氏のナンバー。奥田節全開。

8.ゆめみら(作詞・作曲:阿部義晴 Vocal:阿部義晴

大胆に弦楽器(ストリングス)やコーラスを重ねて、盛り上がりのあるスローロックに仕上がってるね。ちょっとThe Beatles「A DAY IN THE LIFE」のようなストリングス・アレンジも嫌味なく合ってる。

9.ウルトラヘブン スーパーマイルド(作詞:手島いさむ・奥田民生 作曲:奥田民生 Vocal:奥田民生

てっしーが作詞、奥田氏が作曲という珍しい構成。語尾に同じ単語を繰り返す歌詞がお気に入り。てっしーのソロは、ワウをかけてブルージーに。奥田ギターのカッティングもブレイク始まりがThe Doobie Brothers「Long Train Runnin' 」っぽいけど、使いたくなるよね^^

10.オレンジジュース(作詞・作曲:阿部義晴 Vocal:阿部義晴

RIJF2011でも披露された。イントロのリズムボックスのようなドラムとアルペジオもどきのギター。阿部B奥田氏のヴォーカルがねっとりと絡む。「オレンジジュース」を繰り返すサビの辺りでは、古のHRを髣髴させる歪ませた音色のギターがいい。

11.いい雨(作詞・作曲:奥田民生 Vocal:奥田民生

情景描写(この場合は雨)した曲を書かせたら日本一ですなw 雨を楽しんでるんだよ~ってな雰囲気がよくでてるよなぁ。股旅「海猫」だって最高だったもんw

12.ライジングボール(作詞:奥田民生 作曲:阿部義晴 Vocal:奥田民生

阿部Bの曲を奥田氏が切々と歌い上げる。解散前はこんなことほとんど無かったような・・・。この曲もインド音階風にストリングスが使われている。この曲なんかもそうですが、ほんとうに1曲1曲が丁寧に作られてるな。音の厚みも増してるし、最早「匠の技」の域に達してる感がする。

13.さらばビッチ(作詞:川西幸一 作曲:阿部義晴 Vocal:阿部義晴 Rap:川西幸一EBI

ラップ・・・上手いやんかw

どうもThe Beatlesの影響が感じられて仕方がないけど、仕上がりは上々。

14.裸の太陽(作詞:奥田民生 作曲:奥田民生・手島いさむ Vocal:奥田民生

2010年6月9日発売の2010年第一弾シングル。日本コカ・コーラ「アクエリアス」CMソングでもある。

スネアと同時のタンバリンが新鮮。爽やかな印象ですねぇ。阿部Bのオルガンも清涼感狙い?



総評

全体の印象としては、尖った部分が少なくなって、円熟味が更に増した・・・かなw

阿部君が素晴らしい曲を書くようになったし、音も厚みを増して、100%果汁って雰囲気。つまり、音がドロッとしてきた気がします。もちろん、悪い意味じゃなくてですけど。

でも、ユニコーン自体が、奥田民生から脱却したがってるアルバムにも思えましたね。それでいて、ユニコーン色を消さないように仕上がってる。

ちょっと納得いかなかったのは、曲順。「頼みたいぜ」もいい曲なんだけど、1曲目候補はもっとあったんじゃないかな? 私的には「Z LIFE」or「デジタルスープ」でいいんじゃないかとw

個人的には前作の「シャンブル」の方が印象深い。しかし、前作と言いてっしーの曲が最高だわ!次回作はもう1曲増やしてw

2011年8月31日には、「Z」の続編ともいえるミニアルバム「Z II」も発売。こちらも早く聞いてみたいZE!

阿部Bの曲が主体となった本アルバム・・・皆さんはどんな感想をお持ちになられましたかな?

きりひとの「音楽メッタギリ!」 vol.5

今回もズバッ!と一刀両断でまいりましょう~。

*ここから、この色の文字は情報元からの引用文です。

1.YMOのサンフランシスコ公演をWOWOW開局記念で無料放送・・・ナタリーより。

10月1日と2日に行われる「WOWOW大開局祭」の一環として、Yellow Magic Orchestraが6月27日にアメリカ・サンフランシスコのウォーフィールドで行ったライブの模様がWOWOWで無料放送されることが決定した。

いやぁ、オジサンたちも負けずに頑張ってますなぁ~。往年の名曲も披露されるとのことなので、これは録画保存決定ですw

「FIRECRACKER」「BEHIND THE MASK」「LOTUS LOVE」「TOKYO TOWN PAGES」「RYDEEN 79/07」おぉ!懐かしい曲もあるぞな^^

YMOついでに「ヒカシュー」や「プラスティックス」なんかも久々に聴いてみるかなw

「WOWOW大開局祭」という事もあって、無料放送だしチャンスですぞ!

2.山下達郎ニューアルバムの魅力を紐解く特集スタート・・・ナタリーより。

山下達郎が、8月10日に約6年ぶりとなるニューアルバム「Ray Of Hope」をリリース。これを記念してナタリーでは、特集企画をスタートさせた。

「Ray Of Hope」・・・まだ聴いてないのよねぇ。初回限定版にはライブディスク「JOY 1.5」が付属。山下氏のライブ音源はとても「音」が澄んでいて、聴いてて気持ちがいいんだよ。元の「JOY」は2枚組みのライブ版だったけど、このアルバムは長い事私のヘビロテだったわ~。

3.氣志團×ユニコーン3時間半師弟対決、團長が阿部義晴翻弄・・・ナタリーより。

8月19日に、東京・Zepp Tokyoにて氣志團の結成15周年およびメジャーデビュー10周年を記念した対バンライブシリーズ「極東ロックンロール・ハイスクール」第9弾「〜前戯なき戦い〜 氣志團 vs ユニコーン」が行われた。

なにが前戯なき戦いだよw 

こうなってくると、オヤジの悪ふざけって感じもあるけど、こういうライヴって大概面白いんだよね。

しかし、ユニコーンも精力的に活動してるよね。

ユニコーンは、奥田民生(Vo, G)が両バンドの所属事務所の顧問を務めていたり、阿部義晴(Key)がデビュー時のプロデューサーだったりと、氣志團とは縁浅からぬ仲。

知らなかったわ~。こんな繋がりがあったなんて驚きです!

4.「きゃりーぱみゅぱみゅ」スペシャルインタヴュー・・・ORICON STYLEより。

きゃりーぱみゅぱみゅ モデル。1993年1月29日生まれ、東京都出身。B型。ファッション雑誌『KERA!』や『Zipper』など、数々の雑誌の表紙を飾り、女子中高生から支持を集める。11年8月、中田ヤスタカ(capsule)プロデュースによるミニアルバム『もしもし原宿』でメジャーデビュー。

インタヴューを読んでると、高校時代からDJやってて中田氏の目に留まり、高3でデビューの話があった・・・とのこと。

高校時代からDJ?

そもそもDJってなんぞ?

未だによくわからん。

ディスク・ジョッキーって意味じゃないよね?

なんか、音楽には全く「縁」がなかった感じの人だよな。音楽もほとんど聴いてないって言ってるし。

それがどう理由で抜擢されたんだろうね?勝手な想像だけど、ルックスなのかな・・・。

いやぁね、きゃりーさんをとやかく言うつもりは、もうとう無いのよ。なんかね、元モデル?の高校生の女の子(音楽に興味がない娘)に、ただインパクトのある芸名付けて、奇抜な衣装とMVで売り出す・・・。

この姿勢がね。どうしても引っかかるんだよね。

私は中田さんの大ファンなので、作詞・作曲がヤスタカさんだという事だけで、どうしても贔屓目に見てしまうのだが、どんな才能を持った人なのだろうかと期待してしまう。

テクノというジャンルには、上手い歌も必要ないのかもしれないな。

う~ん、これでいいのか中田氏!と、思ってしまう。中田氏にしてみれば「余計なお世話だよ、ほっといてくれ!」と怒るだろうな。

こんなけインパクトがある上に、曲がヤスタカさんだから、きっと売れるんだろうね。

何しょんべん臭い事、書いてるんだよ、売れたもん勝ちじゃねぇか。・・・そうなんかな?

芸術はもっとストイックであって欲しい。

5.高野寛、下北沢で「アコースティック・時々実験」・・・ナタリーより。

9月20日に東京・下北沢mona recordsにて、高野寛のワンマンライブ「高野寛 LIVE at mona records (アコースティック・時々実験)vol.1」が開催されることが決定した。

懐かしいお名前だわ「高野寛」さん。

トッド・ラングレンプロデュースによるシングル「虹の都へ」がオリコン2位を記録、歌のトップテンにもランクインし、続くシングル「ベステン ダンク」(同じくトッド・ラングレンプロデュース作品)もヒットし、コアな音楽ファン以外にも広く知られる存在となる。・・・wikiより抜粋。

アルバムも待ってたよなぁ。

久しぶりに聞いて見ますかな。

高野寛/虹の都へ


いやぁ、なつかしねぇ。音楽的には才能あると思うんだけどねぇ。いつの間にか、見なくなっちゃったねぇ。

なんか暖かくなる曲を書く人で、トッド・ラングレンがプロデュースするってのも、当時話題になったんだよ。でも、もう20年近く前のことなんだねぇ。

こういうライヴって、東京ばかりだから、関西の私はそうオイソレと観にいけないし、関西にも来て欲しいよなぁ。

6.奥田民生、広島で坂本龍一と夢の共演!・・・デイリー・スポーツ・オンラインより。

広島県は25日、広島から世界に向けて平和へのメッセージを訴えようと計画している「ひろしま平和発信コンサート」の構想案をまとめた。
 案によると、コンサートは2013年7月27日~8月6日の11日間、旧広島市民球場(広島市中区)の跡地につくる特設ステージや厳島神社(同県廿日市市)などを会場に開催。吉田拓郎や奥田民生ら広島県出身の歌手のほか、五嶋みどりらクラシック音楽家に出演を依頼する考え。


 旧広島市民球場の跡地や、厳島神社で大掛かりな平和の祭典コンサートなんて、素晴らしい企画ですな。世界中から賛同してくれるアーティストに呼びかけて、歴史に残るような祭典にして欲しい。アメリカからだって、賛同者さんには参加してもらえばいい。原爆を落とした国の人なんか・・・って、みみっちい考えはイカンよ!

そして、開会式(そんなもんがあるのかどうかわからんけど)には、広島出身で「鳩使い」(そうだったかどうか定かではないが)の「あ~ちゃん」に、白い鳩を飛ばしてもらえりゃ完璧だわ。・・・ネタなので動物愛護の観点から鳩飛ばしはどうかと思う・・・という事は無しでw

もちろん、かしゆかやのっちも参加で、広島出身のアーティストや広島を愛するアーティストで1枚のアルバムを作る。(もちろん全てオリジナルの新作。ユニコーンの演奏でPerfumeが歌う・・・なんて夢の競演希望!)

ジャンルの垣根を越えて、クラシックとROCKの競演なんか楽しいんじゃないかなw

おっと、妄想はこれまでにしておくかな。なにせ、2013年の7月予定の話だからね^^;
関連記事
Flashカレンダー
Perfume だいじょばない PV風?

私が大好きなMAD製作者さん「FD22009」氏の作品です! 

お気に入りre-mix!

Perfume - 「Lovefool」ssBullet Pepsi Nex Remix with English Lyrics

きりひととは?

きりひと

Author:きりひと
「きりひと」と申します!
関西に生息しています!おっさんです!
人生は転がる石のようなもの。自然体で行きましょう。
コメントは大歓迎です。
誤字・脱字は大目に見てやってください^^;

最新記事(webslice付)
カテゴリ
コメント+トラックバック

コメント及びトラックバックを表示します。

Comments<>+-
Trackback <> + -

コメント&トラックバック、ありがとう!

PD過去記事!

月別過去記事をプルダウンで表示します

 
きりひとの単なる呟き

戯言のような呟きなので、聞き流してください><;

ブログ成分分析
syncopation!の成分分析
「Perfume Archive」

きりひとが独断と偏見で綴る、Perfumeデーターベースです!いつも通りの思い込みや、勘違い、独断と偏見、誤字脱字満載なのが玉に瑕! 亀の歩みよりのろいペースですが、内容はぼつぼつと充実させていきたいと思ってますので、温かい目で見守ってて下さいねぇ~♪

【Perfume Chronology 年表】をクリック!!
Perfumeダンシングクロック風メッセージ(たまに違う人が時を告げますw)
PDタグリスト

タグを多い順にプルダウンで表示します。

 
日本一ちっちゃいかもしれないギターコードブック
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
リンク集
ミドリカワ書房布教掲示板

ミドリカワ書房 待望のNEWアルバムっ!

タグクラウドとサーチ

ユニコーン
真鍋大度 Rhizomatiks LEVEL3 samt Perfume 中田ヤスタカ Sleeping Beauty 台湾 KKBOX GAME 関和亮 LIVE MONSTER 1mm 中村正人 Clockwork 国立競技場 edge NIGHT JAPAN Sweet Refrain いじわるなハロー Cling アミューズ BEGIN flumpool ポルノグラフィティ あ~ちゃん 高橋優 コミュニケーション ぐるんぐるん 代々木 最終日 POLYSICS amazarashi あんたへ Five 大瀧詠一 Turbo サマソニ 楽しみ方 RIJF CDJ ライブ ライブレポート 京セラドーム CAPSULE RIJF2013 TK 凛として時雨 LOCK CAPS 奥田民生 サンボマスター アルバムレビュー MIKIKO WT1 張さん 訃報 マキシマムザホルモン サマソニ2013 VOLBEAT BABYMETAL 舞洲 MEW Metallica 幕張 ハリバリ ソニマニ2013 MoL 安全地帯 大トリ KREVA 玉置浩二 トータス松本 10-FEET グループ魂 阿部サダヲ クリープハイプ 赤い公園 きゃりーぱみゅぱみゅ サカナクション ハム焼き 渋谷陽一 ひたちなか ワンオクロック MV Soupnote 予襲復讐 ワールズ・ロンド BBQ つま恋 HaKU Zepp 麺カタ Nanba ナヲ姉 ダイスケはん だいじょばない Rós Sigur Kveikur 性善説 ねぇママあなたの言うとおり ニンジャーライト なんばHatch Nagoya アミューズフェス Perfumeフェス 石井ゆかこ 船山祐幸 清野雄翔 (T)HERE 馬場智也 megg 大野賢治 ストライクカンパニー knave SoL Burly Hurly ポイント Drum'n'Bass 木の子 未来のミュージアム 寒竹ゆり 俺たちの明日 宮本浩次 ねえママ エレファントカシマシ あなたの言うとおり Vol.2 Pa!と楽しく遊ぼうライブ! P.T.A. Vol.1 U-EXPRESS2013 メトロック Swich バルデコ コメダ 山本屋 ystk 世界の山ちゃん ドラえもん 掟ポルシェ CDJ12/13 NF CDTV Perfumeドキュメント今世界へ WOWOW 紅白歌合戦 クリスマス 坂本龍一 Carey ソング Song Christmas Wham! Mariah Joel Billy 音楽と人 9nine TV WHAT's Bros IN? シンガポール マーライオン セトリ ライヴヴューイング ワールドツアー 香港 グローバルコンピレーション アルバム レヴュー LTW ライヴ Studio 松山空港 出待ち Neo 台北 VINTAGE TROUBLE 舞洲会場 プリプリ サマソニ2012 田中裕介 Samt スリの被害 木村カエラ 9mm RIJF2012 BAWDIES 藤巻亮太 秦基博 capsule アジアツアー JPNDVD ごめんなさちゃんといえるかな ライヴレポート BIGCAT 広島公演二日目 リップシンク 中断 Dream 口パク Fighter JPNツアー time my Spending all VMAJ2012 リンキン・パーク 舞-rhythm- 豊川真奈美 秋田ひろむ アルバムレヴュー ラブソング オフ会 ごめんなさいちゃんといえるかな 秋田つとむ YKBX ファンデーション リニアモーターガール ドライビング コンピューター 引力 BEE-HIVE のっち 蜜蜂達のはばたき タイム・トゥ・ゴー ビタミンドロップ おいしいレシピ パッパッパッパッパッパッPerfume エレベーター スーパージェットシューズ ASH ぱふゅ~む 河島佑香 かわゆか clubTK トラブル OMAJINAI☆ペロリ モノクロームエフェクト 彼氏募集中 デオデオ 福山夏まつり サマーナイトふれあいフェスタ 広島駅前盆踊り 元町音楽祭 福山バラ祭り 基町クレド フラワーフェスティバル 広島 2002 ジェニーはご機嫌ななめ ピーターラビットと私 サンリオピューロランド スウィートドーナッツ シークレットメッセージ 亀戸サンストリート 学園祭 武蔵野美術大学 コンピュータードライビング リリースイベント コンプリートベスト ラクーアガーデンステージ イミテーションワールド シークレットメッセージ 国吉規人 パッパラー河合 田中花乃 CD情報 PerfumeArchive もみじレーベル CDrelease 年表 Chronology しじみのダンス フラッシュモブ 振付師 Choreographer Choreo-Director CM 氷結 夏フェス SLS2012 RSRF2012 海パーン!!! 沖縄 宜野湾 セラミクロニ ライヴレポ セットリスト 打ち上げ公演 バズーカ レポ カノン ピーターガブリエル 動員数 アイドル アーティスト 武道館4days 海パーン! JPNスペシャル 元楽 武道館 サンストリート 追加公演 初日 荒木飛呂彦 Mステ 火曜曲! Mラバ ハリセンボン マフラーさん MUSIC Mamume 土田晃之 火曜曲 LOVERS 雑誌 BOMB 2008年5月号 KEN ワースト記録 CD売上 ビリー・ジョエル オリコン Zanzibar 氷結スペシャルBOX クイックジャパンvol.70 ファン・サーヴィス〔スゥイート〕 インタヴュー はむつんサーブ QUEEN アニメーションダンス Bae 神保彰 Sandra Castellano Richie ぱふゅーむ アキハバラブ 桃井はるこ ANSWER PON 王様のブランチ Happy Music やじうまテレビ セマイドル モーニングバード 魁!音楽番付 ZIP ハルノハコ スプリングオブライフ Records Spring Life of フラゲ 二日目 広島グリーンアリーナ 大阪城ホール MTV VMAJ スプリング・オブ・ライフ ティザー 鮎貝健 GO!FES2012 BENI 倉木麻衣 ステレオポニー 加藤公隆 ロイター グローバルサイト 渡辺晋賞 キャンディーズ 大里洋吉 ガイシ 移籍 シューシングル ユニバーサルミュージックジャパン 重大発表 沖縄・宜野湾 touch ブログ用名刺 i-Pod USB出力付きリチウムイオンバッテリー 充電器 クレランス・クレモンズ ブルース・スプリングスティーン レッキング・ボール こしじまとしこ 誕生日 福岡国際センター 朱鷺メッセ ロッキングオン・ジャパン 高橋幸宏 テイ・トウワ スペースシャワーTV ねごと 水原希子 さかいゆう 東京事変 Superfly salyu×salyu □□□ androp カモメ 9mmパラベラム・バレット 入手杏奈 ザ・グローリー・ゴスペル・シンガーズ 新潟コンベンションセンター 願い (Album-mix) ココロの粒子 日本武道館 タケカワユキヒデ ゴダイゴ HOTSTUFF 80KIDZ 横部正樹 浮雲 刄田綴色 伊澤一葉 亀田誠治 椎名林檎 color bars さいたまスーパーアリーナ 宇多丸 西脇彩華 ちゃあぽん クイックジャパン 物販 サイリウム マメ知識 グッズ 神戸ワールド記念ホール 日本ガイシホール 1/15 JPNツアーグッズ Perfukky 1/14 解散 桑田佳祐 斉藤誠 原由子 中重雄 みんなで元気になろうぜ!!の会 片山敦夫 横浜アリーナ 動画 原発 忌野清志郎 ミドリカワ書房 植村花菜 アジカン YUKI ツアーグッズ ひとり股旅 レーザービーム 矢野顕子 厳島神社 ポール・マッカートニー ビング・クロスビー 山下達郎 クリスマスソング ジョン・レノン ディーン・マーティン エンヤ ジム・キャリー クリスマス・キャロル 高中正義 松任谷由美 山寺宏一 ジャクソン5 Locks! のちお 平成23年度文化庁メディア芸術祭 微かなカオリ スパイス GLITTER MVレヴュー JPN 大阪追加公演 AKASO 千年幸福論 週間アルバムランキング オリコンランキング ちびゆか 宗像明将 Mexico 児玉裕一 島田大介 テレフォン・ショッキング 小室哲哉 Listen♪ ANN 9ジラジ おに魂 P.T.A.MAGAZINE 幸せの青い封筒 ロック・キッズ802 ミュージック・マガジン12月号 マジカル・サーフィン パフューム・ロックス キューティクル妖怪 ビートルズ 山下和仁 所ジョージ ワールド・オーダー 須藤元気 YMO ムーンライダース しらふ 古いSF映画 Ciao! ジェフ・ベック クロスロード・フェスティバル エリック・クラプトン タル・ウィルケンフェルド デレク・トラックス スライドギター カミスン 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ ジャケ写 音楽と人12月号 ロキノンJ12月号 就職氷河期 RIJF2011 ダンスコンテスト Julian Lennon マサユメ カーネーション 吉井和哉 ダチョウ倶楽部 ヒカシュー kiseki 秋にのぼせろ 2011ASF 東日本大震災 義援金 セブンーイレブン 斎藤誠 Misirlou 河村“カースケ”智康 宮城ライヴ 森山未來 夜明けのBEAT 麻生久美子 モテキ 久保ミツロウ フジファブリック 長澤まさみ 大根仁 モテキナイト 全ては妄想 夏を待っていました 4大重大発表 ビートニクス WH2011 手塚治虫 ワールドハピネス2011 ハンサム過ぎて ドリフェス2011 ユニコーン ヒゲとボイン ビーチ・ボーイズ ティモシー・B・シュミット ビビアン・スー ささきのぞみ 愛と欲望の日々 サザンオールスターズ フェスティバルホール ウルフルズ 氣志團 踊るダメ人間 筋肉少女帯 CDJ11/12 ええねん Mop Retronix Head Joy-Feared Of サマソニ2011 モンバス2011 JA2011 VOICE ピアノ泥棒 JOY そのぬくもりに用がある リライト RIJF2010 GPF2010 うたの日2010 RIJF2009 モンバス2010 SEVENTH HEAVEN ポリリズム サンマリ2008 モンバス2008 RIJF2008 サマソニ2007 GPF2008 サマソニ2008 デジタルスープ 手島いさむ 阿部義晴 Z 吉田拓郎 高野寛 新しい文明開化 女の子なら誰でも 大発見 空が鳴っている 愛にのぼせろ 恍惚の人 母さん 平野文子 rega Hello! KORN 岡村靖幸 COMPLEX 布袋寅泰 rei harakami yanokami 魔法にかけて! JOIN ALIVE HEY!HEY!HEY! 音楽の日 MEGARYU 泉谷しげる ソウル・フラワー・ユニオン 君は僕のものだった LOCKS! 能動的三分間 スポーツ シーズンサヨナラ ドリームフェスティバル2011

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。