スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら2011年!「個人的な今年の音楽BEST10!!」

残す所2011年もあと2日。

オサーンになると、1年が早くていけませんね。

今、思い起こせば、去年の今頃はほとんど音楽を聴かない毎日でした。

社会的にも個人的にも2011年は、激動の1年であり、何度かくじけそうになってね。

実際、いろんな意味で、人生に魅力を感じられない私を、なんとかしてくれているのが音楽だった。

その音楽の魅力に再度火を付けてくれたのがPerfumeでしたな。

今年始めにようつべでPerfumeを見かけて、トリコになり、音楽に再度目覚め、夏フェスに行ったり、ライブハウスに行ったり・・・。

そんな、私がいつもの通り、独断と偏見で選ぶ、今年のBEST10を書いてみたいと思います。ちょっと2011年発売の曲じゃないのもあるけど、ご勘弁をw

まずは・・・。10位から6位まで!

10.YUKI/Hello!
歌詞も曲もMVも振り付けもかわいらしい! 曲を聴いてるだけでも、なんだかあったか~い気持ちにさせてくれる、素晴らしい曲ですね。作詞はYUKIさん、作曲はHALIFANIE氏。MV監督は平野文子氏。コレオディレクターはMIKIKO氏。こんなすごい才能の人達が集結してるんじゃ、よくないはずはないよね。乾いた心に一滴の清涼剤になりえる、かわいくて慈愛に満ちた曲です!

9.capsule/PRIME TIME
・・・(RIJF2011より)
中田ヤスタカ氏と、ボーカルのこしじまとしこ氏による音楽ユニットcapsuleのアルバム「WORLD OF FANTASY」からの1曲。ランクインには別にこの曲じゃなくても良かったんだけど、アルバムのどの曲も好きだったので、動画があったこの曲をチョイス!

8.POLYSICS/Let's ダバダバ
日本にこんなバンドがあったなんて・・・ってぐらいに驚いた。私の大好きなXTC張りのかっこよさ!ドラムのヤノさんが「Let's」ってずぅ~っと叫んでるのがかわいいw

7.植村花菜/ミルクティー
三重県松阪市のカナやんもいいけど、兵庫県川西市のカナちゃんもいい感じやな!

基本はアコギの弾き語りスタイル。高橋優氏にも通じる所だけど、植村氏も路上でギター片手にがんばってた人。アルベジオ主体のフォークもいいけど、植村さんにはこんな感じの元気な曲もよく似合う。関西弁丸出しのMCをはじめて聞くとあらぁ~って印象もあるけど、歌いだしたら、ほんわかでなんとも言えないかわいらしさ。

6.ASIAN KUNG-FU GENERATION/ソラニン
日本のロック界を背負って立つ!って言っても過言ではない!

ライヴに言ってみたら分かる。

鳥肌立つでw

さて、6位まで紹介しました。この辺りは、便宜的な順位になってます。どの曲も好き過ぎて、何回聴いたかわからんw

5.東京事変/能動的三分間
事変さんは、職人だわ。

細かい部分まで音に拘ってる。

この曲のすごさは語っても陳腐になるだけ。

4./福笑い

アミューズ期待の星!

この人も、フォーク弾き語りスタイルなんだけど、演奏スタイルどうのこうのより、作詞・作曲する曲に訴えかけてくる何かがある。

特にこの「福笑い」にはとりわけそれを感じる。

さぁ、BEST3の発表に行きましょう!

3.ミドリカワ書房/リンゴガール

この曲のMVは児玉氏が監督。他愛もない歌詞に映像なんだけどね。日常のどこにでも転がってそうな出来事を、切り取って音楽にし、映像を加えた。

でも、この曲を観て聴いてみれば、その何の変哲もない日常の風景が愛おしくなる事間違いなし!

2.amazarashi/クリスマス
amazarashiというバンドは、日本の音楽界の革命児。でも、何かを変えようとかそんな事は更々思ってないようにも思える。

秋田氏が紡ぐ「苦悩」や「葛藤」は、必ずしもこの世の中に絶望して、こんな世界なんて要らない!なんてくだらない事を言ってないと思う。

以前、そんな歌が流行って、麻薬に手をつけたり、自殺してしまった歌うたいがいた。

彼らは、自分の命をかけて「絶望」を訴えようとしたのか?

それとも、この世の中に愛想をつかしたのかは、今では知る由もないが、アプローチとしては如何せん悲しすぎる。

この世ではなく、あの世に「希望」を見出してしまった事実はなんとも悲しい出来事だ。

そんな中、「混沌」「恐怖」の中でも、必死に「希望」を見出そうともがく。それが人間の本質だありたいと願わずにいられない・・・。

1.GLITTER/Perfume
GLITTER 祈り
イントロの主メロのクールさから、だんだんと各パートを積み重ねて行き、バスドラの四つ打ちが鳴り響く頃には、自然と体がリズムを刻みだす。

キュートな3人のヴォーカルに魅入られながらも、凛とした音色を兼ね備えているので、決して甘ったるくはない。

氏のMVは「光」を上手に操る事で、素晴らしい効果を演出。音楽面だけではなく、歌詞も1番は震災復興を応援するかのように語りかけ、2番はタイアップ先のキリンの商品である「氷結」をコミカルに連想させる。

「GLITTER」はどの部分を取っても、サイコーの出来栄えでした。文句なしに、私の2011年のNo.1ソングでした!


こんな感じで順位付けしてみましたが、今年も良い曲が沢山あって楽しかったな。

日本の音楽業界は、CDの売上も下がる一方でした。震災という大変な出来事もあって、本当に悲しくもある1年でしたが、Perfumeに代表される「JPN」の音楽たちが来年はもっと盛り上がれるように、がんばっていただきたいですな。
関連記事
スポンサーサイト

ミドリカワ書房「

9min+Midorikawa+Bullet.jpg
*上記画像は、9mm Parabellum Bulletさんではありません。あくまでも、9min Midorikawa Bulletです。念の為にw

ミドリカワ書房さんのライブは、8月に引き続き2回目の参加。とは言いましても、前回のライヴは弾き語りライヴ。今回は、バンド編成でのライブハウスと言うこともあり、ひじょーに期待しておりました。

まぁ、ミドシンの場合、J-POPというよりもフォークカテゴリに入る曲調が多いので、弾き語りでもその魅力は十分に伝わるのですけどね。

音楽仲間のヨッシーさんも、静岡からわざわざ来阪。二人でライヴ参戦です。

大阪が初めてというヨッシーさんを引き連れて、なんば、日本橋、心斎橋と、開演までの間は観光タイム。NGK前では、寛平ちゃんとめだかさんの着ぐるみが愛想を振りまいていておりましたなw
NGK前

お好み焼きが食べたい!というリクエストにお答えして、「風月」にも・・・。
風月

こんな感じでブラブラ観光しながら、アメ村のBIG STEPに。
BIG STEP

ライブハウスBIG CATは、このBIG STEP4回のフロアーにある。ちょうど、ぱらぱらと雨が降り出したこともあり、開演1時間前だけど、この辺りをうろちょろw

お茶飲んだりしながら、時間潰しして、会場30分前の16:00頃に4回へ。まだお客さんらしい人はいなかったので、ぼーっとしてたら、缶コーヒー片手の、ほっそりした体形の青年が私の後ろを横切った。

ん?

ミドリカワさん?

あっと言う間に、正面入り口から中に消えていく・・・。

意外だったので、ちょっと驚いた! でも、見間違い? 気がついたときには通り過ぎちゃってたので、お顔を確認できたわけじゃない。でも、後姿は間違いないと・・・。

そんなこんなで、チケットの整理番号順に並んで入場。ちなみに私はA89番。

もぎりのねーちゃんにチケ渡して、ドリンク代500円支払う。ドリンク券を持って、ジンジャーエールに交換してもらい、ミドリカワGOODSを物色。ドリンク代は1000円で支払ったので、手元にお釣りの500円玉がある。T-シャツは2500円もするので、買わなかったけど、500円のお釣りで「秋にのぼせろタオル」を購入!
秋にのぼせろタオル
家に持って帰って、広げてみたら「愛にのぼせろ」タオルでしたw

物販コーナーの横に、花輪があった。送り主の名前を見たら徳間ジャパンの会長・社長連盟。そういえば、Perfumeと同じレコード会社だったな。

さぁ、会場に入ってみよう。

おっ!手作り感満載の「センターステージ」があるじゃないかっ!!
センターステージ
画像はミドリカワ氏のブログより。

BIG CATのキャパは800ぐらいだったかな? 残念ながら、満員・・・とはいかなかったね。

私はまだミドリカワ氏のライブは2回目の新参者なんだけど、メージャーデビュー6年目なので、そこそこ古参のファンもいらっしゃいますな。

出囃子の濱田省吾さんの「J BOY」が鳴り響き、白いシャツにジーンズという、シンプルな衣装でJ-POP界の無頼派登場! ムタのポーズもばっちり決まってますw

さて、セットリストなんですが、ほとんど覚えてないw

まぁ、バンド構成というこもあるんでしょうが、ノリの良い曲が多かったな。

バンド構成で聴いた「君は僕のものだった」は最高だった!ジーンとしちゃうw

「片想われ」も披露。女性のお客さんも多いのだけど、この曲をミドシンと一緒に口ずさんでる女性も! ちゃ~んとサビの

「♪やりたいときに好きなだけ やれる関係でいいなら 考えたっていいけど 付き合ってもいいけどぉ~♪」

って歌ってらっしゃいました! ちょっと違う意味で感動w

お客さんの反応は、ちょっと大人しい。せめて手拍子ぐらいはしてもいいんじゃない?

曲調によって空気を読むのも大切だけどね。クラシックコンサートじゃないんだから。フォーク弾き語り曲でも、手拍子くらいは・・・って思う。

まぁ、ライヴの楽しみ方は人それぞれなんだけど、ライヴって、お客さんも受身じゃいけない。アーティストをドンドン盛り上げてやらないとね!!

バンド構成は、E・ギター、E・ベース、ドラムス、キー、管楽器&per、そしてミドシンがF・ギター。

気に入ったのは管楽器&perの方(ごめん、お名前を忘れちゃいました)。

センターステージに上がろうとして、踏み台の端っこに体重かけちゃってコケそうになっちゃったのは黙っておきますね^^

ちょっと後ろ向きなレポになっちゃいましたが、実際はとても楽しいライヴだったよ。

また観に行こう~っと!

【追記:10月28日】
「秋にのぼせろ」のセトリなんですが、shibuya QUATTRO分が判明。BIGCATも同じだった・・・と思う><;

1-グッドモーニング
2-ミドシンを聴きながら
3-顔2005
 mc
4-ユミコ
5-愛なるは
6-誰よりもあなたを
 mc
7-君と今夜こそ
8-保健室の先生
9-方想われ
 mc
10-君は僕のものだった
11-それぞれに真実がある
 mc
12-こちょばしっこ
13-昨日
 mc
14-リンゴガール
15-魔法にかけて!
16-心
17-さらばグッバイ
 mc
18-熱海
 アンコール
19-コスモス
 mc
20-だまって俺がついてゆく
関連記事

ミドリカワ書房 弾き語りTOUR 2011「愛にのぼせる夏休み!」京都 sole cafe レポ!

ミドリカワ書房 2

ミドリカワ書房 弾き語りTOUR 2011「愛にのぼせる夏休み!」@京都 sole cafe
に行ってまいりました!

弾き語ライブを見るのも初体験なら、Cafeでのライヴも初体験。もちろん、ミドリカワ書房さんのライヴも初体験という初体験づくしでした。

わかんないことだらけなので、18:30開場なのですが、とりあえず早めに行くことに。

早く着きすぎたので京都駅では、外人さんの観光客と一緒に展望台w
京都駅展望台

展望台から京都駅構内を見下ろすと・・・。
京都駅展望台 2

近代的デザインが大好き。古都京都だからといって、変に古臭くしなかったのが、いいと思いますな。写真で見るとそんなに広さは感じませんが、かなり大きな駅でございます!

駅で潰せる時間なんて、たかが知れてますんで早速市内循環バス(206系統)に乗り、目的地のバス停「千本北大路」へ。約40分かかりました><;

バスを降りて、目的地「SOLE CAFE」を探そうとしたとたん、ポツリポツリと雨。

近くのローソンさんで、傘を買い、ついでに「SOLE CAFE」はご存知ですかと、若いお姐さんに尋ねたら、「あぁ、この道を道なりに真っ直ぐですよぉ~」と、親切に教えてくださいました。

7分ほど歩きますと、「SOLE CAFE」に到着。もちろんお店は閉まってます。

見た目は小さな喫茶店。ドア前に小さな黒板。
sole cafe

「ミドリカワ書房」・・・ちゃぁんと書いてありました^^

「SOLE CAFE」はこんな感じのこじんまりとした普通の小さな喫茶店でしたね。
sole cafe 2

到着したのはいいのですが、時間を持て余したので近くのラーメン屋「紅」さんで、早めの晩御飯を頂くことにしました。

自称ラーメンの無頼派「宗さん」によりますと、このお店は「そこそこ有名だにゃぁ~」との事。スープに紅茶が入っている「紅ラーメン」がおススメらしい。(注)くれないとらーめんと読みます。
kurenai ra-men

お味は紅茶スープだけでなく「とんこつ」「鶏ガラ」も入ってるらしいので、案外こってり。600円也。

時刻は18:00。「SOLE CAFE」に向かいます。10名ほどが雨の中並んでました。意外と客層が若い・・・かな?まぁ、社会人か大学生か。

カップルで来られた方もちらほら。やたら美男美女ばかりで、おっさんな私はちと恥ずかしい^^;

定刻の少し前、マスターが店を開ける。でもこの時点ではミドリカワ氏は2階の窓から、雨の中並んでる我々を見ておられたそうな。(ツイッターでの発言)

店内は10畳~12畳といったところか。2畳ほどの小さなスペースを空け、マイクスタンド、譜面台、ギタースタンドにはYAMAHAのアコギ。ほんとにシンプルでいいねぇ。

お客さんを数えてみたら約50名。

定刻19:00を2分ほど回ったところで、浜田省吾の「J-BOY」がかかり、ミドリカワ書房さんが拍手の中登場!

距離として3mほど。こんな近くで見る緑川氏・・・なかなか池面w

1曲目「グッドモーニング」

やっぱり生音はいいね。

セットリスト(曲順はメチャメチャっすw)

グッドモーニング/銭湯の思い出/君は僕のものだった/片想われ/魔法にかけて!/I am not a mother/熱海/コスモス/おばけ/だまって俺がついて行く/保健室の先生/雄と雌の日々/ユミコ/誰よりもあなたを/リンゴガール/OH!Gメン/母さん/私の恋愛・・・アンコール含む。

もしかして、1~2曲抜けてるかも><;


正確で安定したギター。CDで聴くよりも力強いヴォーカル。ファルセット・ヴォイスも綺麗に出てる。オーディエンスはおとなしいけど、それにもめげず熱唱の緑川氏。

関西の客は、やっぱりおとなしいな。でも、それは退屈してるんじゃなくて、恥ずかしいだけなんだよ。特に、この小さくて狭い空間では、ハッチャケると変に目立つからね><;

それでも勇気を出して、いえ~い!なんて言ってみる私・・・。

曲は各コーナー別にて演奏。例えば、「お色気コーナー」とか「恋愛コーナー」とか。

どの曲も楽しかったのですが、圧巻だったのが「母さん」

暗い歌なんだけど、弾き語りで熱唱されたら・・・実は涙を堪えて聴いてました。

ミドリカワ書房/母さん


マザコンって、女の子に嫌がられるけど、男は誰でもマザコンだよねぇ。僕もお父さんがいなかったから、マザコンです。って話もありましたな。

うん、そうだと思います。

この曲は物議を醸し出した曲だけど、どんな人でも親を思う気持ちは一緒、その表現の仕方がうまく出来ない人もいるのだ。とうい風に捕らえれば、少しこの曲から感じ取れるものも違うかもしれませんなぁ・・・。

「妹の日記」は関西でも人気のある曲だけど、やりすぎかなって思って今回はパスだったそうです。いい曲だから聴きたかったなぁ^^;

MCは考えながらしゃべってたかな? でも「ッベイベー!!」やムタのポーズ?が見れたので嬉しいw

明日の(正確には今日)広島は大丈夫かな?なんて発言も。出身地北海道ではライブしたことないとか、東京より関西のライヴハウスの方が出演依頼が多いなど、面白いエピソードもありました。

ライヴ終了後、サイン会がありました。前もって告知してくださってたので、フラゲで買った「愛にのぼせろ」を持参。サインと握手、一言お話して頂きました^^
midorikawa sign

アーティストさんにサインいただいたの、生まれて初めて。宝物にしますね。ありがとう!

このCDは発売日前日にタワレコでフラゲ購入したのですが、そんときオマケがついてました。
201108211642546ab.jpg
「君は僕のものだった 放送禁止ver.」のDVDです。

ちょいと、エロさがUPしてますw

総評

冒頭にも書いたけど、弾き語り、CAFEライブ、ミドリカワ書房・・・いづれも初体験。

やっぱり、プロは声量もちがうし、オーラがありますね。大変多楽しかったです。

ミドリカワさんの歌声・歌詞はやっぱり心に染みる。そんな難しい事を歌にしているわけではない。日常の小さなことばかり。他愛もない話。でも、誰も今まで歌に出来なかったんだよね。

例えば「恍惚の人」

彼はただ回りにある日常茶飯事な事を歌にしただけ。ただそれだけ。

ミドリカワ書房/恍惚の人

この曲も泣けてきちゃいますなぁ><;

10月には 「"愛のワンマンリサイタル"~秋にのぼせろ~」 が2011.10.23(日) 会場 / 大阪 心斎橋BIGCATで開催。・・・詳しくはココ!

チケはすでに予約済み。

そういえば、昨夜のライヴでも夢番地さんが来てましたので、チケはまだ余裕があると思いますよ。
関連記事

きりひとの「音楽メッタギリ!」 vol.4

今回もズバッ!と一刀両断でまいりましょう~。

いやぁ、音楽シーン・・・色々燃えてますねぇ!

夏フェスも真っ盛りだし、新譜も色々発売されてるし、目が離せませんな。

*ここから、この色の文字は情報元からの引用文です。

1.COMPLEX、東京ドーム2DAYSライブに10万人大興奮・・・ナタリーより。

吉川晃司と布袋寅泰によるユニット・COMPLEXが21年ぶりとなるライブ「日本一心」を、7月30日・31日に東京ドームにて敢行。2日間あわせて約10万人の観客を動員した。

COMPLEX・・・懐かしいねぇ。アマチュアバンドやってた時も、よくコピーしたなぁ。布袋寅泰さんのギターサウンドは大好き。WOWOWの放送も観たけれど、やっぱり歳とってたなw でも、相変わらず、布袋サウンドは健在でした!

2.岡村靖幸2枚同発アルバム「エチケット」全収録曲明らかに・・・ナタリーより。

岡村靖幸が8月24日に2枚同時リリースするニューアルバム「エチケット」の収録曲が明らかになった。

ようやくの完全復活なるか岡村さん。

自己陶酔型の歌詞に、プリンス張りのサウンド。表現しにくいから、プリンスって書いてるけど、岡村氏の音楽は個人的にはプリンスより上じゃないかと・・・。

「だいすき」の最新ビデオクリップがYouTubeにて公開され、セルフカバーながらその完成度はすごいよね。

岡村靖幸/だいすき (エチケットver.)


3.桑田佳祐、真夏の道頓堀サプライズライブに関西人熱狂・・・ナタリーより。

昨日8月7日、桑田佳祐が大阪の道頓堀にてサプライズライブを敢行。この模様が、FM局FM802の番組「SUPER J-HITS RADIO 夏祭りだよっ!スペシャル」の中で生放送された。

まぁ、NEW SINGLEの宣伝・・・というところですかな。

「明日へのマーチ / Let’s try again~kuwata keisuke ver.~ / ハダカDE音頭~祭りだ!!Naked~」8月17日発売。

NHKでも特番組んでたり、MS(タモステ)にも3週連続で出演したり、精力的に活動されてます。宮城県のワンマンライブも控えてるしね。

しかし、「ハダカDE音頭~祭りだ!!Naked~」って曲があるんだけど、よくこんな歌詞をNHKが番組に流したよなw

AKBさんも、ピンクレディーさんも桑田流の洒落なので、どうか穏便にお願いいたします><;

4.忌野清志郎「ナニワ・サリバン・ショー」が映画化・・・ナタリーより。

忌野清志郎が大阪城ホールで過去3回にわたって開催したスペシャルライブ「ナニワ・サリバン・ショー」の模様が映画化。「忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー ~感度サイコー!!!~」と銘打ち、11月26日より全国公開されることが決定した。

これは是非観てみたいな。映画館ライブって「THE ROLLING STONES」の「Let's Spend The Night Together」以来観てないなぁ。

出演アーティストに「間寛平」さんの名前があるのがいいねぇw か、かい~のぉ!

5.150組が熱演!17万人興奮の「ROCK IN JAPAN FES」・・・ナタリーより。

株式会社ロッキング・オンが企画制作するロックフェスティバル「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2011」が、8月5日から7日にかけて茨城・国営ひたち海浜公園にて開催された。今回で12回目を迎えた「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」は、過去最高動員数となる約17万1000人が参加する大盛況となった。DJ BOOTHの出演者を含め150組が参加し、3日間にわたるフェスティバルを大いに盛り上げた。

いやぁ、この約17万1000人の一人が私なわけですなw

以前の記事にも書いたけど、Perfumeさんたち、並み居る強敵ぞろいの中でも、かなりかんばってたよ、うん。

ロキノンのブログで音楽雑誌編集者・編集長?の「兵庫慎司」氏もこんな感想を書いてます。

嬉しいじゃないですか!

6.明日!京都SOLE CAFEにて、ミドリカワ書房ライブ「愛にのぼせる夏休み!」8月20日(土) 18:30 OPEN / 19:00 START 出演 ミドリカワ書房 *SOLD OUT!!

はい、明日観に行きますよ。

アルバム「愛にのぼせろ」を持って行きます。

サインをしていただけるんでしょうか?

ライブレポも書きますよぉ~。
関連記事

きりひとの「音楽メッタギリ!」 vol.3

今回もズバッ!と一刀両断でまいりましょう~。

まず、【番外編】

NHKの人気番組に「ピタゴラスイッチ」ってありますよね。子供向け番組なんですけど、どのコーナーも遊び心があって、大人でも楽しめる良番組なんですけど、その中でも有名なのが、色んな小物を使い、知恵と工夫で大げさに言えば「物理」の勉強にもなりそうなコーナー。なんて名前なのか知らないけど、あれって変に楽しい。

このアイデアを、各CMプロデューサー達が見逃すはずも無く、色んな場面で利用されてます。

その中でも楽しい作品を2点ご紹介しましょう。

まずは、これ!
Honda/The Cog

ピタゴラスイッチの使用小物がすべて車の部品で構成されている。このアイデアが逸材ですね。

そして、歩くワイパーや、ラジエータ・ファンの使い方が面白い。

かなり練りこんだ作品となってます。

そして、もうひとつがコレ。

2D Photography Rube Goldberg

4分を超える超大作。出だしの携帯電話の使い方。ipadの工夫、カメラ機材だけに金髪モデルのおねえさんまで登場するこの懲りよう。

緻密な計算とアイデア、そして繊細なセッティング。

最後のシーンでは、スタッフの喜ぶ声までが入ってて、こちらまで拍手を送りたくなりますな。

さて、本題に参りましょう!

*ここから、この色の文字は情報元からの引用文です。

1.芸能界随一のファン、ガリガリガリクソンが語るミドシン世界の魅力・・・ナタリーより。

「J-POP界の無頼派」の異名を持ち、音楽シーンに独自の立ち位置を築いたミドリカワ書房。ナタリーでは今回改めてその魅力を確認するべく、彼の大ファンであり数少ない友人のひとりでもあるお笑い芸人のガリガリガリクソンを迎え、ファン目線での今の思いを本人に向けて語ってもらった。

まぁ、この二人、仲のいいお友達同士なのよね。その分、インタヴューも忌憚の無い意見が多いかな。

ガリガリ ミドリカワ先生はメタルスライムみたいな感じの人ですね。すごく伸び伸びしてて、でも誰かが来たらササササーってどっかに逃げてしまうような。

ミドリカワ レベルを上げるための存在ってことですね。

ガリガリ いやいや違う違う!(笑) そういうんじゃなくてですね、ピュアだなあーと。繊細な方なんやなって思います。

ミドリカワ それはお互い様ですよねえ。音楽とお笑いで表現のジャンルは違いますけど、志というか、僕らは似てると思います。

ガリガリ あー、たまに怒られるようなことしたくなりますもんね。お互いスレスレに挑戦する芸風ですもんね。

ミドリカワ そんなことないです(キッパリ)。結果として怒られてますけど、そんなつもりないんですよね……。


この辺の会話が面白いね。緑川さん、やっぱり怒られたのかw

2.奥田民生、世界遺産に立つ!嚴島神社で「ひとり股旅」・・・ナタリーより。

奥田民生が10月22日に広島・嚴島神社でライブ「奥田民生ひとり股旅スペシャル@嚴島神社」を行うことが決定した。

はつかいち音楽祭 嚴島神社奉納コンサート 奥田民生ひとり股旅スペシャル@嚴島神社 2011年10月22日(土) 広島県 嚴島神社 高舞台 OPEN 18:00 / START 18:30 / END 20:30予定

これは・・・。

観たい!観たいぞ!!

でも、残念ながら観られんわなぁ><;

3.被災地応援!桑田佳祐が震災半年後に宮城2DAYSライブ・・・ナタリーより。

桑田佳祐が東日本大震災への思いを込めて、地震発生から半年後となる9月10日と11日に宮城・セキスイハイムスーパーアリーナで「宮城ライブ~明日へのマーチ!!~」と題したライブを開催することが発表された。

うひゃぁぁ!

コレも観たい!

観たいぞ!!

こんな感じで、東北でどんどんコンサートやイベントやって、東北にお金を落としていって、経済で復興促進って手もあるよね。

天災は誰の身の上にも起き得る事。次は私たちの番かも知れないんだよ。

天罰だなんて言い放った某都知事がいるけど、彼も心の中では他人事だと思ってる。そんな人間が都知事だなんて、奈良県民の私でも腹が立つ。

4.東京事変、最新ビデオクリップ集に未発表新曲PV収録・・・ナタリーより。

東京事変のビデオクリップ集「CS Channel」が、9月21日にDVDおよびBlu-rayで発売されることが決定した。なお収録作品のビデオクリップはすべて、東京事変の作品には欠かせない映像クリエイターの児玉裕一が監督を務めている。

Perfume のMV「シークレットシークレット」「ナチュラルに恋して」「ねぇ」や、ミドリカワ書房のMVも担当している児玉さん。

彼はスタイルはオーソドックスで、あまりとっぴなアイデアは少ないけれど、MVの王道を行く映像ディレクター。

中でもクールでカッコイイPerfumeの「ねぇ」や、ストーリーをほのぼのとしたタッチで映像化したミドリカワ書房の「リンゴガール」が大好き!

収録曲も話題の「能動的三分間」「勝ち戦」「空が鳴っている」「新しい文明開化」「女の子は誰でも」etcや未発表MVもあるので、ファンは買いの逸品になりそうですね。

5.岡村靖幸、SHIBUYA-AXで待望ツアー追加公演・・・ナタリーより。

岡村靖幸が9月に実施する東名阪ツアーの追加公演が決定した。

帰ってきた岡村靖幸氏。

やっと薬から立ち直ってくれたのかな?

タバコをやめるのにだって・・・お酒を断つのにだってあんなに苦労するんだもんね。

頑張って欲しい・・・ただその一言だけです。

6.rei harakamiが急逝・・・ナタリーより。

rei harakamiが昨日7月27日19:00頃に脳出血にて死去したことが明らかになった。40歳だった。通夜および葬儀などについては発表されていない。来る8月にはyanokamiとして「SUMMER SONIC 2011」「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2011」「ARABAKI ROCK FEST.11」に出演予定だった。

※2011年7月29日19:20追記:葬儀は親族と関係者のみで執り行うことが発表されました。
・・・ナタリーより。

レイ・ハラカミ(本名:原神玲(はらかみ れい)、1970年12月10日 - 2011年7月27日)は、広島県生まれ、京都府在住のミュージシャン[1]。男性。楽曲はテクノ、エレクトロニカが大半である。2011年7月27日、脳出血のため急逝。 40歳没。・・・wikiより抜粋。

矢野顕子さんとユニットを組んで「yanokami」として、RIJF、サマソニと出演する予定だったのにね。

広島繋がりで、なんとなく気になってたんだけどね。

RIJFは8月5日出演予定だったけど、どうなっちゃうんだろう・・・ね。

ちょっと、早すぎるよね。

レイさんの曲って、テクノとアコースティックの融合・時間を超越した曲って印象だったのよね。

レイさんの曲って、どの曲にも「孤独」が潜んでたようにも聴こえるね。

今聴き返してるんだけど、「レクイエム」に聴こえちゃうんだよね。

ども、よーく心を落ち着かせて聴いてみると・・・まるで重さを感じない暖かい毛布のような・・・そんな「音楽」だねぇ><;

合唱

Rei Harakami/June


Rei Harakami/Pone
関連記事
NEXT≫
Flashカレンダー
Perfume だいじょばない PV風?

私が大好きなMAD製作者さん「FD22009」氏の作品です! 

お気に入りre-mix!

Perfume - 「Lovefool」ssBullet Pepsi Nex Remix with English Lyrics

きりひととは?

きりひと

Author:きりひと
「きりひと」と申します!
関西に生息しています!おっさんです!
人生は転がる石のようなもの。自然体で行きましょう。
コメントは大歓迎です。
誤字・脱字は大目に見てやってください^^;

最新記事(webslice付)
カテゴリ
コメント+トラックバック

コメント及びトラックバックを表示します。

Comments<>+-
Trackback <> + -

コメント&トラックバック、ありがとう!

PD過去記事!

月別過去記事をプルダウンで表示します

 
きりひとの単なる呟き

戯言のような呟きなので、聞き流してください><;

ブログ成分分析
syncopation!の成分分析
「Perfume Archive」

きりひとが独断と偏見で綴る、Perfumeデーターベースです!いつも通りの思い込みや、勘違い、独断と偏見、誤字脱字満載なのが玉に瑕! 亀の歩みよりのろいペースですが、内容はぼつぼつと充実させていきたいと思ってますので、温かい目で見守ってて下さいねぇ~♪

【Perfume Chronology 年表】をクリック!!
Perfumeダンシングクロック風メッセージ(たまに違う人が時を告げますw)
PDタグリスト

タグを多い順にプルダウンで表示します。

 
日本一ちっちゃいかもしれないギターコードブック
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
リンク集
ミドリカワ書房布教掲示板

ミドリカワ書房 待望のNEWアルバムっ!

タグクラウドとサーチ

ミドリカワ書房
真鍋大度 Rhizomatiks LEVEL3 samt Perfume 中田ヤスタカ Sleeping Beauty 台湾 KKBOX GAME 関和亮 LIVE MONSTER 1mm 中村正人 Clockwork 国立競技場 edge NIGHT JAPAN Sweet Refrain いじわるなハロー Cling アミューズ BEGIN flumpool ポルノグラフィティ あ~ちゃん 高橋優 コミュニケーション ぐるんぐるん 代々木 最終日 POLYSICS amazarashi あんたへ Five 大瀧詠一 Turbo サマソニ 楽しみ方 RIJF CDJ ライブ ライブレポート 京セラドーム CAPSULE RIJF2013 TK 凛として時雨 LOCK CAPS 奥田民生 サンボマスター アルバムレビュー MIKIKO WT1 張さん 訃報 マキシマムザホルモン サマソニ2013 VOLBEAT BABYMETAL 舞洲 MEW Metallica 幕張 ハリバリ ソニマニ2013 MoL 安全地帯 大トリ KREVA 玉置浩二 トータス松本 10-FEET グループ魂 阿部サダヲ クリープハイプ 赤い公園 きゃりーぱみゅぱみゅ サカナクション ハム焼き 渋谷陽一 ひたちなか ワンオクロック MV Soupnote 予襲復讐 ワールズ・ロンド BBQ つま恋 HaKU Zepp 麺カタ Nanba ナヲ姉 ダイスケはん だいじょばない Rós Sigur Kveikur 性善説 ねぇママあなたの言うとおり ニンジャーライト なんばHatch Nagoya アミューズフェス Perfumeフェス 石井ゆかこ 船山祐幸 清野雄翔 (T)HERE 馬場智也 megg 大野賢治 ストライクカンパニー knave SoL Burly Hurly ポイント Drum'n'Bass 木の子 未来のミュージアム 寒竹ゆり 俺たちの明日 宮本浩次 ねえママ エレファントカシマシ あなたの言うとおり Vol.2 Pa!と楽しく遊ぼうライブ! P.T.A. Vol.1 U-EXPRESS2013 メトロック Swich バルデコ コメダ 山本屋 ystk 世界の山ちゃん ドラえもん 掟ポルシェ CDJ12/13 NF CDTV Perfumeドキュメント今世界へ WOWOW 紅白歌合戦 クリスマス 坂本龍一 Carey ソング Song Christmas Wham! Mariah Joel Billy 音楽と人 9nine TV WHAT's Bros IN? シンガポール マーライオン セトリ ライヴヴューイング ワールドツアー 香港 グローバルコンピレーション アルバム レヴュー LTW ライヴ Studio 松山空港 出待ち Neo 台北 VINTAGE TROUBLE 舞洲会場 プリプリ サマソニ2012 田中裕介 Samt スリの被害 木村カエラ 9mm RIJF2012 BAWDIES 藤巻亮太 秦基博 capsule アジアツアー JPNDVD ごめんなさちゃんといえるかな ライヴレポート BIGCAT 広島公演二日目 リップシンク 中断 Dream 口パク Fighter JPNツアー time my Spending all VMAJ2012 リンキン・パーク 舞-rhythm- 豊川真奈美 秋田ひろむ アルバムレヴュー ラブソング オフ会 ごめんなさいちゃんといえるかな 秋田つとむ YKBX ファンデーション リニアモーターガール ドライビング コンピューター 引力 BEE-HIVE のっち 蜜蜂達のはばたき タイム・トゥ・ゴー ビタミンドロップ おいしいレシピ パッパッパッパッパッパッPerfume エレベーター スーパージェットシューズ ASH ぱふゅ~む 河島佑香 かわゆか clubTK トラブル OMAJINAI☆ペロリ モノクロームエフェクト 彼氏募集中 デオデオ 福山夏まつり サマーナイトふれあいフェスタ 広島駅前盆踊り 元町音楽祭 福山バラ祭り 基町クレド フラワーフェスティバル 広島 2002 ジェニーはご機嫌ななめ ピーターラビットと私 サンリオピューロランド スウィートドーナッツ シークレットメッセージ 亀戸サンストリート 学園祭 武蔵野美術大学 コンピュータードライビング リリースイベント コンプリートベスト ラクーアガーデンステージ イミテーションワールド シークレットメッセージ 国吉規人 パッパラー河合 田中花乃 CD情報 PerfumeArchive もみじレーベル CDrelease 年表 Chronology しじみのダンス フラッシュモブ 振付師 Choreographer Choreo-Director CM 氷結 夏フェス SLS2012 RSRF2012 海パーン!!! 沖縄 宜野湾 セラミクロニ ライヴレポ セットリスト 打ち上げ公演 バズーカ レポ カノン ピーターガブリエル 動員数 アイドル アーティスト 武道館4days 海パーン! JPNスペシャル 元楽 武道館 サンストリート 追加公演 初日 荒木飛呂彦 Mステ 火曜曲! Mラバ ハリセンボン マフラーさん MUSIC Mamume 土田晃之 火曜曲 LOVERS 雑誌 BOMB 2008年5月号 KEN ワースト記録 CD売上 ビリー・ジョエル オリコン Zanzibar 氷結スペシャルBOX クイックジャパンvol.70 ファン・サーヴィス〔スゥイート〕 インタヴュー はむつんサーブ QUEEN アニメーションダンス Bae 神保彰 Sandra Castellano Richie ぱふゅーむ アキハバラブ 桃井はるこ ANSWER PON 王様のブランチ Happy Music やじうまテレビ セマイドル モーニングバード 魁!音楽番付 ZIP ハルノハコ スプリングオブライフ Records Spring Life of フラゲ 二日目 広島グリーンアリーナ 大阪城ホール MTV VMAJ スプリング・オブ・ライフ ティザー 鮎貝健 GO!FES2012 BENI 倉木麻衣 ステレオポニー 加藤公隆 ロイター グローバルサイト 渡辺晋賞 キャンディーズ 大里洋吉 ガイシ 移籍 シューシングル ユニバーサルミュージックジャパン 重大発表 沖縄・宜野湾 touch ブログ用名刺 i-Pod USB出力付きリチウムイオンバッテリー 充電器 クレランス・クレモンズ ブルース・スプリングスティーン レッキング・ボール こしじまとしこ 誕生日 福岡国際センター 朱鷺メッセ ロッキングオン・ジャパン 高橋幸宏 テイ・トウワ スペースシャワーTV ねごと 水原希子 さかいゆう 東京事変 Superfly salyu×salyu □□□ androp カモメ 9mmパラベラム・バレット 入手杏奈 ザ・グローリー・ゴスペル・シンガーズ 新潟コンベンションセンター 願い (Album-mix) ココロの粒子 日本武道館 タケカワユキヒデ ゴダイゴ HOTSTUFF 80KIDZ 横部正樹 浮雲 刄田綴色 伊澤一葉 亀田誠治 椎名林檎 color bars さいたまスーパーアリーナ 宇多丸 西脇彩華 ちゃあぽん クイックジャパン 物販 サイリウム マメ知識 グッズ 神戸ワールド記念ホール 日本ガイシホール 1/15 JPNツアーグッズ Perfukky 1/14 解散 桑田佳祐 斉藤誠 原由子 中重雄 みんなで元気になろうぜ!!の会 片山敦夫 横浜アリーナ 動画 原発 忌野清志郎 ミドリカワ書房 植村花菜 アジカン YUKI ツアーグッズ ひとり股旅 レーザービーム 矢野顕子 厳島神社 ポール・マッカートニー ビング・クロスビー 山下達郎 クリスマスソング ジョン・レノン ディーン・マーティン エンヤ ジム・キャリー クリスマス・キャロル 高中正義 松任谷由美 山寺宏一 ジャクソン5 Locks! のちお 平成23年度文化庁メディア芸術祭 微かなカオリ スパイス GLITTER MVレヴュー JPN 大阪追加公演 AKASO 千年幸福論 週間アルバムランキング オリコンランキング ちびゆか 宗像明将 Mexico 児玉裕一 島田大介 テレフォン・ショッキング 小室哲哉 Listen♪ ANN 9ジラジ おに魂 P.T.A.MAGAZINE 幸せの青い封筒 ロック・キッズ802 ミュージック・マガジン12月号 マジカル・サーフィン パフューム・ロックス キューティクル妖怪 ビートルズ 山下和仁 所ジョージ ワールド・オーダー 須藤元気 YMO ムーンライダース しらふ 古いSF映画 Ciao! ジェフ・ベック クロスロード・フェスティバル エリック・クラプトン タル・ウィルケンフェルド デレク・トラックス スライドギター カミスン 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ ジャケ写 音楽と人12月号 ロキノンJ12月号 就職氷河期 RIJF2011 ダンスコンテスト Julian Lennon マサユメ カーネーション 吉井和哉 ダチョウ倶楽部 ヒカシュー kiseki 秋にのぼせろ 2011ASF 東日本大震災 義援金 セブンーイレブン 斎藤誠 Misirlou 河村“カースケ”智康 宮城ライヴ 森山未來 夜明けのBEAT 麻生久美子 モテキ 久保ミツロウ フジファブリック 長澤まさみ 大根仁 モテキナイト 全ては妄想 夏を待っていました 4大重大発表 ビートニクス WH2011 手塚治虫 ワールドハピネス2011 ハンサム過ぎて ドリフェス2011 ユニコーン ヒゲとボイン ビーチ・ボーイズ ティモシー・B・シュミット ビビアン・スー ささきのぞみ 愛と欲望の日々 サザンオールスターズ フェスティバルホール ウルフルズ 氣志團 踊るダメ人間 筋肉少女帯 CDJ11/12 ええねん Mop Retronix Head Joy-Feared Of サマソニ2011 モンバス2011 JA2011 VOICE ピアノ泥棒 JOY そのぬくもりに用がある リライト RIJF2010 GPF2010 うたの日2010 RIJF2009 モンバス2010 SEVENTH HEAVEN ポリリズム サンマリ2008 モンバス2008 RIJF2008 サマソニ2007 GPF2008 サマソニ2008 デジタルスープ 手島いさむ 阿部義晴 Z 吉田拓郎 高野寛 新しい文明開化 女の子なら誰でも 大発見 空が鳴っている 愛にのぼせろ 恍惚の人 母さん 平野文子 rega Hello! KORN 岡村靖幸 COMPLEX 布袋寅泰 rei harakami yanokami 魔法にかけて! JOIN ALIVE HEY!HEY!HEY! 音楽の日 MEGARYU 泉谷しげる ソウル・フラワー・ユニオン 君は僕のものだった LOCKS! 能動的三分間 スポーツ シーズンサヨナラ ドリームフェスティバル2011

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。